理想の施設が見つかる有料老人ホーム検索サイト
ケアスル 介護
更新日:

介護保険施設の全てがわかる!3施設のサービス内容や利用方法を解説

介護保険施設の全てがわかる!3施設のサービス内容や利用方法を解説

心身ともに老化が進むと、介護の必要性は高くなってきます。高齢者の介護は自宅でも可能ですが、家族だけでの介護は難しく、大きな負担になってしまうことも少なくありません。そのため、少しでも家族の負担を減らし、より良い状態で介護を受けるには介護保険施設を利用することがおすすめです。

介護保険施設にはさまざまな種類があり、施設ごとに特徴が異なります。そのため、どの施設を利用すべきかは、それぞれの違いを正しく把握し比較して決めることが大切です。介護保険施設の種類や特徴の違いなどを知り、利用者に合った施設サービスを見つけましょう。

介護保険施設について

まずは介護保険施設とはどのようなものなのか、基本的な理解から深めていくことが大切です。ひとくちに介護保険施設といっても種類はさまざまであり、施設ごとに特徴は異なります。そのため、基礎知識を身につけ、どのような施設があるのか特徴の違いも含めて理解して深めていきましょう。

 介護保険施設の特徴

満40歳から加入する介護保険制度は、介護保険の支払いが義務付けられています。保険加入者が支払う保険料や公費を財源として介護保険制度は運営されており、これを適用して利用できる施設が、介護保険施設です。

つまり、介護保険施設とは介護保険サービスが利用できる入居施設であり、基本的には要介護や要支援などの認定を受けた人が利用対象となります。

原則として介護保険サービスを利用できるのは、65歳以上の要支援、または要介護の認定を受けた人ですが、40歳から64歳までの人でも特定の疾病によって支援や介護が必要と認定されると介護保険施設の利用は可能です。

  • 末期がん
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 後縦靭帯骨化症
  • 骨折を伴う骨粗しょう症
  • 多系統萎縮症
  • アルツハイマー病
  • 脳血管性認知症
  • 脊髄小脳変性症
  • 脊柱管狭さく症
  • ウェルナー症候群など
  • 糖尿病性神経障害
  • 糖尿病性腎症
  • 糖尿病性網膜症
  • 脳出血
  • 脳梗塞
  • 進行性核上性麻ひ
  • 大脳皮質基底核変性症
  • パーキンソン病
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 関節リウマチ
  • 肺気腫
  • 慢性気管支炎
  • 両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

これらの疾病によって介護の必要性が認められると、65歳未満でも介護保険サービス、および介護保険施設が利用できると考えましょう。また、施設によっては対象となる要支援度や要介護度が異なることもあるため、この点には注意しなければなりません。

介護保険施設として代表的なのは、特別養護老人ホームや介護老人保健施設、介護療養型医療施設の3つです。それぞれの詳細な特徴を知り、介護保険施設への理解をさらに深めていきましょう。

 特別養護老人ホーム

自宅での生活や介護が難しくなった人が入居できる介護保険施設として、特別養護老人ホームがあげられます。特別養護老人ホームは公的な施設であり、民間企業が運営する有料老人ホームとは特徴が異なる点が特徴です。特別養護老人ホームは、通称「特養」と呼ばれています。

利用対象者

次のうちいずれかの条件を満たす人が、特別養護老人ホームの利用対象者です。

  • 65歳以上で要介護3~5認定の人
  • 40~64歳までで特定疾病により要介護3以上と認定された人
  • 特例により入居が認められる要介護1~2の人

基本的には要介護3以上が利用対象者の条件となっており、要介護1~2や要支援の人は利用できません。しかし、要介護1~2の場合でも、特例で入居が認められることがあります。

特例とは、認知症の進行や精神障害、知的障害などにより生活が困難な人、家族や親族からの虐待が認められる人、単身世帯などで家族からの支援や地域の介護支援が受けられない人などが該当します。

つまり、1人で暮らすことが難しく、周囲からの支援を得られない要介護1~2の人は特例として特別養護老人ホームへの入居が認められる場合があると考えましょう。

サービス内容

特別養護老人ホームで提供されているサービス内容は、次の通りです。

  • 日常生活の支援
  • 介護サービス
  • 看取りサービス

日常的な生活や動作のサポートから、食事や入浴、排せつなどの介護が受けられます。また、看取りを行う施設も多く、最期の瞬間まで入居することも可能です。

費用

特別養護老人ホームにかかる費用は、介護保険の自己負担分として支払う施設サービス費のほか、居住費や食費、日常生活にかかる実費などがあげられます。施設サービス費は要介護度によって金額が異なり、30日間の費用は大体次の通りです。

要介護度 多床室/従来型個室 居室タイプ ユニット型個室/ユニット型準個室 要介護1 16,770円 19,140円 要介護2 18,810円 21,150円 要介護3 20,910円 23,340円 要介護4 22,950円 25,380円 要介護5 24,960円 27,390円

このほかに居住費や食費など、さまざまなコストがかかることは覚えておきましょう。居住費や食費は施設によって異なりますが、居住費は5~10万円程度、食費は4~6万円程度かかることが多いです。

メリット

施設利用の費用が安いことや、24時間体制で介護が受けられることは特別養護老人ホームのメリットです。公的な施設であるため、コストは比較的安く、長期間利用する場合でも費用負担は抑えられます。

また、24時間体制で介護が受けられるため、利用者が生活で困ることが少ないです。さらに看取り介護も行っているため、最期に住む場所として利用できることもメリットといえるでしょう。

デメリット

基本的には要介護度3以上でなければ入居できないことは、特別養護老人ホームのデメリットです。また、コストの安さから人気が高く、入居待ちとなっていることも少なくありません。利用したくてもなかなか入居できないケースもあるため、この点にも注意が必要です。

特別養護老人ホームは日常的な介護が基本となっており、医療ケアはそれほど充実していません。そのため、医療面でのサポートを期待している人には不向きな施設といえるでしょう。

介護老人保健施設

介護保険施設の中でも、リハビリに特化していることが介護老人保健施設の特徴です。主に退院後のリハビリを目的としており、自宅復帰を目指してケアを行います。介護老人保健施設は「老健」と呼ばれることもあるため、この点も覚えておきましょう。

利用対象者

65歳以上で要介護1~5に認定された人が、介護老人保健施設の利用対象者です。また、40歳から64歳までの人でも、特定の疾病によって要介護1~5に認定されている場合は利用対象となります。

サービス内容

リハビリに特化している介護老人保健施設ですが、サービス内容はリハビリだけではありません。他にも次のようなサービスを提供しています。

  • 日常生活の支援
  • 介護サービス
  • 看護や医療ケア

日常動作のサポートや、食事や入浴といった介護のサービスも、介護老人保健施設では行われています。また、看護や医療のケアも提供されており、リハビリと合わせて幅広いケアが受けられる点も特徴です。

費用

施設の利用にかかる費用は、部屋のタイプによって異なります。個室や相部屋などさまざまなタイプがありますが、施設サービス費は1ヶ月で2~3万円程度が多いです。これに居住費や食費、介護サービスの加算費などを合計して、総額のコストとなります。

居住費は5~10万円程度、食費は4~6万円程度で、介護サービスの加算費は受けたサービスの内容によって変わります。

メリット

自宅への復帰を目標にリハビリに専念できることは、介護老人保健施設のメリットです。リハビリに特化していることはもちろん、医療ケアも充実しているため、医学的なアプローチでサポートしてもらえることも魅力でしょう。また、比較的コストも安いため、費用を抑えて介護保険施設を利用したい人にも向いています。

デメリット

入居期間が3~6ヶ月程度と、決まっている点は介護老人保健施設のデメリットです。自宅への復帰を目的としているため、リハビリが完了すると退去を求められることも少なくありません。

また、生活支援に関するサービスはそれほど充実しておらず、レクリエーションが少ないなど、日常的に楽しめるイベントがあまりないことは理解しておきましょう。介護老人保健施設は、リハビリによる自宅復帰が最大の目的であるため、これ以外のサポートは重要視されないことも多いです。

介護療養型医療施設

介護と医療の両方のケアを実施することが、介護療養型医療施設の特徴です。長期療養を目的とした施設であり、容体が悪化しやすい重篤患者でも入居できる場合があります。介護と医療の両方の側面からケアのアプローチをし、利用者の健康を目指します。

利用対象者

介護療養型医療施設では、65歳以上で要介護1~5の人が利用対象となります。また、65歳未満でも、特定の疾病により要介護の認定を受けている場合は施設の利用が可能です。要支援1~2では対象とはならないため、この点は注意しておきましょう。

介護療養型医療施設は、医療のケアも充実しているため容体の悪い人でも入居できます。認知症の人も受け入れており、自宅での生活が難しい人が入居していることが多いです。

サービス内容

生活支援や介護サービスを始め、医療ケアやリハビリなどが介護療養型医療施設では提供されています。メインとなるのは介護ケアと医療ケア、リハビリサービスの3つです。これら3つのサービスが軸となって、施設でのケアが進められていると考えましょう。

費用

初期費用が無料で利用できる介護療養型医療施設は、施設の利用にかかる費用と居住費や食費などのコストがかかります。施設の利用は地域や要介護度によって異なりますが、1ヶ月で3万円程度が多いでしょう。

居住費や食費は、施設ごとに費用が決められているため確認しておくことがおすすめです。また、別途介護や医療サービスを受ける場合は、介護サービスの加算費を上乗せして計算する必要があり、コストはさらに高くなります。

メリット

介護療養型医療施設のメリットは、医療ケアと介護ケアの両方が受けられることです。特に医療ケアは充実しており、低コストで入居できることも魅力です。加えて、リハビリも充実しており、医学的なアプローチでリハビリに臨めることも、メリットの1つでしょう。

長期間の療養も可能であり、充実した医療ケアが受けられることで、体調不良などが起きても素早く対処してもらえます。医師が常勤している場合もあるため、万が一の事態でも素早く処置ができ、容体の悪化を防ぎやすいこともメリットです。

デメリット

入居希望者が多い介護療養型医療施設では、順番待ちでなかなか入居できないことも少なくありません。また、生活支援は充実しておらず、あくまで医療や介護、リハビリのための施設であることは理解しておきましょう。

日常生活の動作支援などはありますが、レクリエーションやイベントなど、生活のハリとなるものは少ないです。淡々と治療を受けたり、リハビリをしたりするだけの日々になってしまうこともあり、入居者が楽しみを見つけられない可能性もあることは頭に入れておきましょう。

介護保険施設の利用について

実際に介護保険施設を利用するなら、選び方のポイントや入居までの流れを把握しておくことが大切です。ひとくちに介護保険施設といっても多数の選択肢があるため、もっとも良いのはどれかを見つけておかなければなりません。また、スムーズに手続きを完了させるためにも、入居の流れは知っておく必要があります。

選び方のポイント

利用する介護保険施設を選ぶ際には、次の4つの観点から条件を絞り込むことがおすすめです。

  • サービス内容
  • 費用
  • 環境
  • 特徴

まずはどのようなサービスを期待するのか、これを考えなければなりません。施設によって医療ケアが充実したものやリハビリに力を入れているもの、生活支援を積極的に行うものなど、力を入れているサービスは異なります。

どのサービスを重要視したいかを考え、そこから施設の種類を選びましょう。費用も重要なポイントであり、無理なく利用できるかは確認しておくことが大切です。入居期間は長めに想定しておき、その場合でもきちんとコストを支払えるかはチェックしておきましょう。

環境も大切であり、自宅のすぐ近くにあるか、施設内の生活環境が悪くないかなど、さまざまな点から確認する必要があります。施設ごとの特徴の違いを把握することも大切であり、それぞれどのように異なるのかを知ったうえで利用するサービスの条件を絞り込んでいきましょう。

入居までの流れ

介護保険施設の入居までの大まかな流れは、次の通りです。

  1. 情報収集
  2. 資料の取り寄せ
  3. 施設見学
  4. 申し込み
  5. 入居審査
  6. 面談
  7. 契約・入居

まずはネットやケアマネージャーなどに相談しながら情報を収集し、気になる施設の資料を取り寄せます。いくつか候補を絞り込んだ後は実際に施設見学を行い、詳細を見ておきましょう。このとき、可能なら体験入居をしてみることもおすすめです。

施設が気に入ったなら申し込みをし、入居審査を経て施設ケアマネージャーなどと面談を行います。今後の介護方針などを確認し、契約書にサインをすると入居手続きは完了です。

介護保険施設は種類ごとに特徴が違う

多数の種類がある介護保険施設ですが、種類によって特徴は大きく異なります。施設がどのような介護を目指すのか、その方針も異なるため、施設ごとの違いは詳細に把握しておかなければなりません。

施設ごとの特徴やサービス内容、利用対象者などさまざまな情報を知ることで利用先は絞り込みやすくなります。理想とする条件から利用先を絞り込み、利用者の状態に合った介護保険施設をスムーズに見つけましょう。

こんなお悩みございませんか

  • 何を調べたらいいかわからない!
  • いろいろ見てもどの施設がいいのかわからない!
  • ネットに掲載されている情報だけでなく、施設の実態を知りたい!

相談員にお任せください!

事前相談から入居まで、親身にサポートします。
ご家族含めて納得できる施設に出会えるよう、お手伝いさせて頂きます。

ケアスル 介護