理想の施設が見つかる有料老人ホーム検索サイト
ケアスル 介護
更新日:

老人ホームの選び方のポイントと入居までのステップとは?

老人ホームの選び方のポイントと入居までのステップとは?
老後の生活を考えるなら、老人ホームに入居することも1つの選択肢です。しかし、ひとくちに老人ホームといっても種類は多く、施設によって特徴は異なります。そのため、それぞれの違いを知り、自分に合った老人ホームを見つけることが大切です。
選び方のポイントや入居までの具体的なステップを知り、老後を豊かに過ごせる自分に合った老人ホームを探しましょう。

老人ホームの種類と入居までの流れ

まずは老人ホームにはどのような種類があるのか、基本的な知識から身につけていきましょう。

 | 施設の種類  | 受け入れられる介護度  | 運営機関
 | 介護付有料老人ホーム  | 自立~要介護5  | 民間
 | 住宅型有料老人ホーム  | 自立~要介護5  | 民間
 | グループホーム  | 要支援2~要介護5  | 民間
 | サービス付き高齢者住宅  | 自立~要介護3程度  | 民間
 | 健康型有料老人ホーム  | 自立のみ  | 民間
 | 高齢者専用賃貸住宅  | 自立~要介護3程度  | 民間
 | 高齢者向け優良賃貸住宅  | 自立~要介護3程度  | 民間
 | シニア向け分譲マンション  | 自立~要介護5  | 民間
 | 特別養護老人ホーム  | 要介護3~要介護5  | 公的機関
 | 介護老人保健施設  | 要介護1~要介護5  | 公的機関
 | 介護療養型医療施設  | 要介護1~要介護5  | 公的機関
 | 軽費老人ホーム  | 自立~要介護3程度  | 公的機関
 | ケアハウス  | 自立~要介護3程度  | 公的機関
老人ホームは民間企業が運営するものと公的な機関が運営するものがあり、それぞれで特徴が異なります。また、施設の種類によって、受け入れてもらえる要介護度が違い、この点も注意が必要です。
介護などの必要がない、あるいは必要性が低い場合は自立支援を目的とした施設への入居がおすすめです。反対に介護の必要性が高い場合は、より高い要介護度まで対応した施設を選びましょう。
要介護度が高い施設ほど、認知症でも対応してもらえたり、看取り看護も行っていたりすることが多いです。基本的には民間企業が運営する施設のほうが入居までの期間は短く、公的な施設ほど入居までに時間がかかりやすいことも覚えておきましょう。
入居までの流れ
実際に老人ホームに入居するまでの、大まかな流れを知っておきましょう。
  1. 資料を請求する
  2. 施設見学の予約を入れる
  3. 実際に見学して施設の状態を確認する
  4. 入居の契約を行う
  5. 契約完了後に入居
まずは気になる施設の資料を請求して、どの老人ホームが良いのかを複数の施設で比較検討しておきましょう。条件の良さそうな施設を見つけたら予約を入れて、実際に施設を見学します。
施設の状態やアクセス、スタッフの対応などを確認し、気に入ればその施設への入居契約を行います。契約完了後は、定めた日程で移動の準備を行い、入居は完了です。入居までの詳細なステップは後述しますので、まずは大まかな流れから把握しておきましょう。

希望する条件の優先順位をつける

より良い老人ホームを選ぶには、希望する条件を列挙して、優先順位をつけておくことが大切です。どのような条件が必要なのか、また妥協して良い点は何かなどを把握して優先順位をつけることで、よりその人に合った老人ホームを見つけられます。
条件の設定は老人ホームの選び方における初歩のポイントといえるため、細かく確認して最適な施設を見つけましょう。
希望と必要なケアを整理する
優先順位を考える際には、どのようなサービスを希望するか、必要なケアはいかなるものなのかを整理することが大切です。老人ホームの種類は豊富であり、それぞれで提供しているサービスから、受け入れている要介護度まで異なります。
そのため、どの程度の自立をしているかによって施設の選び方は異なり、その人に合った条件を考えておくことが重要です。まずは希望をすべて書き出し、自立の程度に応じて優先順位をつけていきましょう。もっとも必要な条件、ケアは何かを考えることで、老人ホームはスムーズに探しやすくなります。

老人ホームに必要な資金の計画の立て方

老人ホームに入居するには費用がかかるため、どれくらいの資金が必要なのかを把握しておく必要があります。資金計画を綿密に立てておくことで、無理のない範囲で支払いを行い、老後の生活を送りやすくなります。資金計画の立て方のポイントを知ることで、金銭的な負担を上手に軽減しましょう。
資金計画は手持ちの資産を把握し無理のないものに
老人ホーム入居のための資金計画を立てる際には、まずは手持ちの資産を正しく把握しておくことが大切です。現金はもちろん、有価証券や不動産などの資産も所有している場合は、これらの総額がいくらになるかを計算しておきましょう。
実際の費用の支払いは現金となるため、不動産などは売却して現金化し、そこから資金計画を練ることもおすすめです。資産を把握したなら、無理のない費用負担で入居できる老人ホームを探します。
老人ホームの入居にかかる費用は、入居する施設の種類はもちろん、入居期間や入居者の健康状態、受けたいサービスやケアによって異なります。
個人によっていくら費用がかかるかは異なりますが、例えば民間施設で終身入居できるものだと、入居時に一括で費用を支払うことも少なくありません。この際の費用は数千万円から場合によっては1億円程度かかることもあります。
公的な機関だと入居時の一括支払いは不要であり、月額料金を支払うケースが多いです。月額料金は施設によって異なりますが、大体10~30万円程度であることが多いでしょう。
仮に月額料金を10万円と設定し、10年間入居する場合は、1年で120万円、合計で1,200万円の費用がかかります。また、入居中に健康状態が悪化し、より手厚いケアが必要になると、プラスアルファで料金を支払わなければならない場合もあることは理解しておきましょう。
そのため、最初に試算した金額だけで費用負担が済むとは限らず、入居してからコストアップする可能性もあります。入居後にコストが上がる可能性も考慮し、資金計画は余裕を持って立てておくことが大切です。
不動産の売却方法については、「マンション売却の10の注意点。売却の流れや相場価格も解説」も参考にしてみてください。

自分に合った老人ホームと出会う情報収集の仕方

老人ホームを探す際には情報収集を念入りに行うことが大切であり、その方法は次の3つがあげられます。
  • インターネットで情報収集する
  • ケアマネージャーに相談する
  • 自治体の高齢者支援センターで情報をチェック
これら3つの方法で情報を集めて、入居者の状態に合った老人ホームを見つけましょう。
インターネットで情報収集する
老人ホームはホームページを持っている施設も多いため、インターネットで検索して情報を収集するという方法があります。自宅近くのエリアにどのような施設があるのかを確認し、気になるものは積極的に資料を請求しておくと良いでしょう。
また、ネット上では情報が豊富に見つかるため、どの施設を見学するのかを選定するためにも、実績や運営している企業の評判、口コミの意見なども参考にすることがおすすめです。
検索してトップページに表示される施設が必ずしも優良とは限らないため、実際の利用者の意見なども参考にしながら、入居先を絞り込むことが選び方のポイントです。
ケアマネージャーに相談する
介護のサポートをしてくれるケアマネジャーに相談して、老人ホームを探すこともおすすめです。ケアマネジャーに要介護度やどれくらいのケアが必要なのかを確認してもらうことで、自分に合った老人ホームをスムーズに見つけやすくなります。
専門家の意見を聞きながら老人ホームを選ぶことで失敗は少なく、施設ごとの違いなどの説明も受けながら入居先を選びやすい点は魅力です。
自治体の高齢者支援センターで情報をチェック
自治体ごとに設置されている、高齢者支援センターでも老人ホームの情報はチェックできます。その地域にどのような老人ホームがあるのかを確認でき、最寄りの施設をスムーズに見つけやすい点は魅力です。
施設の情報を確認し、気になるものがあれば積極的に資料請求を行いましょう。資料請求のみなら無料でできるため、できるだけ多くの施設を比較して、入居先を検討することが大切です。

老人ホーム施設のパンフレットで着目するポイント

資料請求をした後は、施設のパンフレットの次の点に着目しましょう。
  • 受けられるサービス
  • 負担費用の内訳 
  • 人員体制と提携医療機関
  • 施設の様子
  • 立地・交通アクセス
  • 施設の運営方針
これらのポイントを確認して、その施設の条件が良いかを見極めます。
受けられるサービス
施設ごとにどこまでのサービスが受けられるかは異なるため、提供しているサービス内容の確認は必須です。特に認知症でも対応してもらえるか、看取り看護があるかなどは確認しておきたいポイントです。
受けられるサービスが不足していると、入居後に不満を抱えてしまうことも少なくありません。より良い老後を過ごすためにも、サービス内容は必ず確認しておき、必要なケアが受けられる老人ホームを見つけましょう。
負担費用の内訳
老人ホームの入居には費用がかかるため、これを詳しく確認しておくことが大切です。全体の費用がいくらかはもちろん、その内訳もチェックしておきましょう。
施設によって支払いの方法やタイミングが違ったり、別途サービスを追加してもらうことで上乗せして料金を支払ったりすることがあります。必要とするケアやサービスを含めた費用がいくらになるのか、内訳を見ながら総額のコストをチェックしておくことが重要です。
人員体制と提携医療機関
その施設にどれくらいのスタッフがいるのか、またいかなる体制で施設運営をしているかもチェックしておきましょう。人員不足やスタッフ1人に対する負担が大きい施設だと、十分にサービスが受けられない可能性があるため注意が必要です。
また、医療サービスを必要とするなら、提携している医療機関も確認しておきましょう。高齢になるといつ医療サービスが必要になるかはわからないため、医療機関と提携した老人ホームを選ぶことがおすすめです。
施設の様子
パンフレットには施設の写真が掲載されていることも多く、ここから施設の様子を確認しておくことも大切です。搭載されている設備や施設の雰囲気、どのような人が入居しているのかなどは、念入りにチェックしておく必要があります。
入居期間は人によって違うものの、雰囲気が合わないと入居してから不満を覚える可能性が高いです。見た目に満足できる、設備が充実しているなどは入居後の満足度を大きく左右するため、パンフレットでも様子を確認しておくことが大切です。
立地・交通アクセス
家族や親族が訪問しやすいように、立地や交通アクセスを調べておくことも重要です。仮に入居の条件が良かったとしても、立地が悪く、交通アクセスも不便な場所だと家族は訪問しづらくなります。
老人ホーム内で交友関係を持つことも大切ですが、家族とのつながりを持ち続けることも重要です。特に見学や入居の際には実際に施設に足を運ぶことになるため、現在の住居からスムーズに移動しやすい場所を選んだほうが良いでしょう。
施設の運営方針
施設によって運営方針は異なるため、これもパンフレットで確認しておきましょう。例えば看取り看護を見据えた終身入居の施設もあれば、自立を目的として、老人ホームで余生を過ごす、あるいは一時的な入居で退去を前提としている施設もあります。
運営方針次第で入居し続けるのか、一定期間で退去して元の生活に戻るかは違うため、将来のライフプランに合った施設を選ぶことが大切です。

施設見学のときの9つのチェックポイント

入居先を選ぶ際には、実際に施設見学をすることが大切です。見学の際には次の9つのポイントをチェックしておきましょう。
  • アクセス・立地
  • 契約内容・費用の内訳
  • 医療・ケア体制
  • スタッフの表情や働く様子
  • 入居者の様子と施設の雰囲気
  • 共有設備の充実度
  • 食事の内容
  • レクリエーションの頻度と内容
  • 生活支援サービス・その他
これらのポイントを押さえておくことで、より自分に合った老人ホームを見つけやすくなります。
①アクセス・立地
老人ホームへのアクセスの良さや立地の良さは重要なポイントであり、見学の際には自宅や拠点としている場所からどれくらいの時間がかかるかをチェックしておきましょう。
特に家族や親族などは入居後も訪問することがあるため、自宅から出向きやすいかなどは確認しておく必要があります。遠方にあったり、交通アクセスが悪かったりすると、入退去の移動に手間がかかるだけではなく、家族も訪問しづらくなるため注意が必要です。
②契約内容・費用の内訳
入居にあたってどれくらいの費用がかかるのか、その内訳や契約内容は念入りにチェックしておくことがおすすめです。総額の費用はもちろん、オプションでサービスやケアを追加した場合の費用も確認しておきましょう。
また、入居期間における定めや健康状態が変化した場合の対応などもチェックしておきたいポイントであり、契約内容は担当者に確認して、疑問点はすべて解消しておく必要があります。
③医療・ケア体制
介護のケア体制はもちろん、医療サービスの提供の有無もチェックしておきたいポイントです。どの程度の要介護度に対応したケアを実施しているか、提携している医療機関があるか、また医療サービスはどの範囲まで受けられるのかなどは、見学の際に確認しておきましょう。
④スタッフの表情や働く様子
施設で働いているスタッフの表情や仕事の様子なども、チェックしておきたいポイントです。明るい表情でテキパキと働いているなら信頼度は高いでしょう。反対に暗い雰囲気だったり、明らかに疲れが見て取れるようなスタッフが多いなら、その施設は避けたほうが無難です。
⑤入居者の様子と施設の雰囲気
すでに入居している人の様子や、施設の雰囲気も見学の際にチェックしておくべきポイントです。入居者と円満な関係を築けそうか、コミュニケーションはどの程度取れるのかなどは確認しておきましょう。
また、施設の雰囲気を気に入るかどうかも重要であり、特に入居期間が長い場合は、自分好みの雰囲気かを確認しておくことも大切です。
⑥共有設備の充実度
老人ホームでは個室や相部屋などで部屋が用意されていますが、それ以外にも入居者全員が利用できる共用設備もあります。これがどの程度充実しているかも、見学の際には確認しておきましょう。共用設備が充実していると、施設での暮らしも豊かになりやすく、入居者は満足度を高めやすいです。
⑦食事の内容
食事つきの施設の場合は、どのようなメニューが提供されているかも確認しておきましょう。食事の内容を自分で決められるか、あるいは施設が決めた献立で出されるのかはチェックしておく必要があります。
また、健康管理を考えたメニューか、食事の楽しみを味わえるメニューかなども確認しておくことが大切です。
⑧レクリエーションの頻度と内容
老人ホームでは入居者全員が参加できるレクリエーションを実施していることが多く、その頻度や内容もチェックしておくことがおすすめです。
自分が楽しめるレクリエーションが実施されているか、また多すぎず少なすぎない頻度であるかは確認して、日々の楽しみを見つけられるかも考えておきましょう。
⑨生活支援サービス・その他
施設によって生活支援のサービス内容や範囲は異なるため、この点も確認しておく必要があります。食事や着替えの補助、入浴や排せつのサポートなど、どの程度の支援サービスを行っているかは施設によって異なります。要介護度によってもサポートの範囲は違うため、見学時にはスタッフに質問しておくと良いでしょう。
見学するときの注意点
老人ホームの見学をする際には、できるだけ人が多い時間帯に訪問することがおすすめです。人が多い時間帯なら、その施設の雰囲気や実際の状況をつかみやすく、入居先を決める際の判断材料になります。
見学は日中の時間がおすすめであり、昼前から昼過ぎなど、人が多く集まりやすい時間帯を狙って見学すると良いでしょう。

体験入居の費用と日数・確認ポイント

施設の様子を詳細に知るには、体験入居をしてみることもおすすめです。体験入居は1泊2日から1週間程度で行うことが一般的です。この際にかかる費用やチェックしておきたいポイントを知ることで、より自分に合った老人ホームを選びやすくなります。
体験入居で確認したい点
老人ホームの体験入居では、次のポイントをチェックしておきましょう。
  • 生活環境
  • 早朝や深夜のスタッフの対応
  • 施設の雰囲気や設備
  • 入居者の様子
生活しやすいかどうかは重要なポイントであり、自分にとって必要なものがある、あるいはサービスやケアが受けられるかは確認が必要です。また、人が充実している日中のサービスはもちろん、早朝や深夜など人手が不足しやすい時間帯でも、スタッフから丁寧な対応を受けられるかも確認しておきましょう。
施設の雰囲気や設備もチェックが必要であり、今後暮らしていくのに困らないだけの設備があるか、雰囲気が気に入るかなどは確認しておくことがおすすめです。
また、すでに入居している人の様子もチェックしておき、コミュニケーションが問題なく取れるかなど、人間関係の不安も解消しておきましょう。
体験入居にかかる費用と持ち物
施設によってかかる費用は異なりますが、基本的には1泊で3,000円から2万円程度の費用がかかることが多いです。また、体験入居の際には持ち物も必要であり、次のものは持参しましょう。
  • 衣類
  • 下着
  • パジャマ
  • 外出用の靴
  • 室内用の靴
  • 歯ブラシ
  • コップ
  • せっけん
  • シャンプー
  • リンス
  • タオル
  • ティッシュ
  • おむつ
  • 服用している薬
施設によって事前に用意されていることもあるため、何が必要なのかは体験入居の前に確認しておくことがおすすめです。

老人ホームの希望条件は理想のシニアライフから考えよう

老人ホームは選び方が重要であり、入居先次第でシニアライフの満足度は違ってきます。まずは希望する条件を列挙して、どの程度のサービスやケアが必要かを確認しておきましょう。
また、施設の雰囲気や様子、設備やすでにいる入居者などもチェックしておき、自分に合っているかを考えることが大切です。どのようなシニアライフを理想とするのか、希望する条件を考えて、最適な老人ホームを見つけましょう。

こんなお悩みございませんか

  • 何を調べたらいいかわからない!
  • いろいろ見てもどの施設がいいのかわからない!
  • ネットに掲載されている情報だけでなく、施設の実態を知りたい!

相談員にお任せください!

事前相談から入居まで、親身にサポートします。
ご家族含めて納得できる施設に出会えるよう、お手伝いさせて頂きます。

ケアスル 介護