理想の施設が見つかる有料老人ホーム検索サイト
ケアスル 介護
更新日:

グループホームの役割と気になる費用|負担が軽くなる助成制度とは

グループホームの役割と気になる費用|負担が軽くなる助成制度とは

高齢者が利用できる施設の1つに、グループホームというものがあります。老後の生活を安心して送るには、介護施設についての理解を深めておくことが大切であり、どのような選択肢があるのかは知っておくべきです。

グループホーム以外にも介護施設は多数あり、種類によって役割が異なります。そのため、グループホームならではの役割を知り、どのような人が利用する施設なのかを理解することが大切です。また、施設の利用には費用がかかるため、入居に必要なコストや費用負担軽減の方法なども知っていきましょう。

グループホームの役割と特徴

まずは、グループホームがどのような役割や特徴を持った施設なのか、基本的な部分を理解しておきましょう。介護施設にはさまざまな種類があり、それぞれで特徴は異なります。

つまり、高齢者だからといって、どの介護施設を利用しても良いわけではなく、個人の状態によって適する施設サービスが違うことは理解しておきましょう。グループホームならではの役割や特徴を知っておくことで、将来介護が必要になった際にも、よりその人に合ったサービスを選ぶことができます。

認知症高齢者を対象とした専門スタッフによる介護施設

グループホームの役割としてもっとも大きいのは、認知症の高齢者を受け入れているという点にあります。施設によっては認知症ケアには対応していないということもありますが、グループホームは認知症ケアを行う専門スタッフが在籍しており、ここで介護サービスも受けられます。

認知症の予防や進行を食い止めるといった役割がグループホームにはあり、認知症患者が心身ともに健康に暮らすための施設と考えても良いでしょう。

ただ認知症の高齢者の入居受け入れをしているだけではなく、専門的な知識を持ったスタッフが在籍していて、適切なケアを受けられることは、グループホームならではの魅力です。

少人数で共同生活

グループホームという名称の通り、複数人の高齢者が1つのグループとなって暮らすことも特徴の1つです。グルーホームは少人数であることも特徴であり、基本的には5~9人が1グループとなっています。

多くても10人以下という少人数での共同生活によって、お互いを助け合ったり、コミュニケーションを取ったりして、認知症の予防に取り組んでいます。グループホームにおける認知症ケアは、身の回りの世話はできる限り利用者自身に行わせるというものであり、介護スタッフの介入は少ないです。

もちろん、利用者自身では難しいことはスタッフが介助や支援を行いますが、身の回りの世話を自分、あるいは利用者同士で協力して行ってもらうことで、認知機能の低下を防止しています。

グループホームは利用者同士で協力しながら生活していく必要があるため、認知症患者のうち、基本的には身の回りの世話の一通りが自分でできる人が入居対象です。また、認知症患者といっても、あまりにも症状が進行していて、集団生活を送ることが難しいと判断されると入居対象にはなりません。

利用者同士での自助やスタッフによる簡単なサポートによって暮らせることも条件であり、医師や看護師などによる充実した医療ケアが必要とされる場合も、入居の対象から外れてしまうことは理解しておきましょう。

グループホームの費用内訳

介護施設を利用するうえでは、どれくらいのコストがかかるのかが心配になりやすく、費用面での不安を抱えてしまう人は少なくありません。グループホームの利用を考えているなら、どれくらいの費用がかかるのか、また何からコストが発生しているのかを知っておくことが大切です。

グループホームでの費用の内訳としては、大きくわけると初期費用と月額費用の2つがあります。それぞれどのようなものなのか、費用についての理解も深めていきましょう。

初期費用

グループホームへの入居時にかかる費用が初期費用であり、これは施設によって発生するかどうかは異なります。入居の際には保証金や入居一時金などの名目で初期費用を支払うことがあり、これらは高額になることも多いため、最初にまとまったお金を用意しなければならないこともあります。

保証金は、施設の破損や月額費用の滞納などがあった際に差し引かれるものであり、特に問題がなければ退去時に返金してもらえることが特徴です。入居一時金は施設を運営するための償却資金とされることが多く、月額費用の一部として考えられていることも少なくありません。

つまり、最初にまとまった費用を支払うことで、月額費用を安く抑えられ、毎月のコストを下げられるということもあります。施設によっては一時金を必要としないこともあり、この場合は入居時のコストは低いですが、月額料金が高いケースも多いため、この点には注意しましょう。

月額費用

施設を利用するにあたって、毎月支払いが必要となるものが月額費用です。グループホームを利用している期間中、月額費用はかかり続け、介護が長期化するほどコストは高くなります。

初期費用と比較すると、月額費用はそれほど高くない場合が多いですが、長期間払い続けると、やがて初期費用を超えることも少なくありません。積もり積もって高額なコストを支払うということもあるため、月額料金がいくらかは事前に把握しておくことが大切です。

初期費用と月額費用の費用相場

グループホームごとにどれくらいの費用がかかるかは異なりますが、初期費用と月額費用の相場はそれぞれ次の通りです。

  • 初期費用:0~100万円
  • 月額費用:15~20万円

初期費用は0円~100万円と幅が広く、まったくかからない場合もあれば、高額な費用を支払うケースもあります。これはグループホームによって異なるため、入居時には初期費用がいくらかかるかは確認しておきましょう。

また、初期費用が安いからといって、必ずしもメリットになるとは限りません。初期費用が安い分、月額費用が高くなっていて、ここでバランスを取っている施設もあるため、この点には注意が必要です。

初期費用が高い施設は、月額費用が安いことも多いため、どちらか一方のコストだけではなく、両方の費用をチェックして、利用先を比較することが大切です。月額費用は15~20万円程度が多く、毎月のコストも高くなりやすいことは覚えておきましょう。

月額利用料に含まれる費用

グループホームを利用した際の月額費用には、さまざまな項目が含まれます。

  • 家賃
  • 管理費
  • 食費
  • 介護サービス費
  • サービス費加算
  • その他の費用

費用の内訳を知ることで、どのような点からコストが発生しているのか、さらに詳しく知っていきましょう。

家賃

グループホームの施設を利用するには、そこで生活できる対価として家賃を支払う必要があります。家賃は滞在費や居住費などの名目で計上されることもあり、施設によって名称は異なります。

家賃は毎月固定でかかるコストであり、費用の変動はありません。月額費用の中でも大きな割合を占めやすいものであるため、家賃部分がいくらかは確認しておくことが大切です。

管理費

施設の運営管理を行うための費用として、管理費が徴収されることもあります。管理費の有無については、グループホームによって異なるため、請求される費用の内訳は確認しておくことが大切です。

家賃と管理費を別々で請求する施設もあれば、家賃の中に管理費が含まれていることもあります。そのため、管理費は家賃と合算して請求されるのか、それとも別途支払いが必要なのかは必ずチェックしておきましょう。

また、中には管理費がかからない施設もありますが、この場合は施設管理がきちんとできておらず、居住環境が悪い可能性もあるため注意しなければなりません。コストが安いからといって飛びつかず、実際に施設を見て正しい管理状態であるかは確認しておくことが大切です。

食費

グループホームでは食事のサービスが提供されており、この費用は食費として支払いが必要です。食費は1食分ずつ請求されることもあれば、1日分を定額で費用として計上するということもあります。

食費は月々に3~4万円程度が多いですが、レクリエーションやイベントなどで特別な食事をしたり、外食などに出かけたりする場合は、通常よりも高くなるケースがあるため注意しなければなりません。

介護サービス費

認知症のケアや簡単な生活支援を行うグループホームでは、介護サービス費がかかります。ただし、グループホームは地域密着型の施設サービスに該当するため介護保険を適用でき、利用者が支払うのは実際の金額の1~3割です。

所得の要件によって介護サービス費の自己負担割合は変わり、低所得者は1割負担に、現役並みの所得がある人は3割負担となります。

サービス費加算

施設によっては、より手厚い介護サービスを提供することもあり、内容が充実するごとにサービス費加算があります。サービス費加算は、特定の内容でのサービスの提供によって、費用が上がるものと考えましょう。

そのため、基本の介護サービス費に加えて、どのようなサービス費加算があるかをチェックして、総額でどれくらいになるかを確認しておくことが大切です。

その他の費用

上記以外の費用としては、次のものがあげられます。

  • おむつ代
  • 水道光熱費
  • 理美容にかかる費用
  • 娯楽費

これらの費用は月額いくらと固定しているわけではなく、利用した分で実費精算ということが多いです。また、水道光熱費に関しては家賃や管理費に含まれているケースもあるため、別途請求されるかどうかは、入居の際に確認しておきましょう。

グループホーム入居にかかる負担を減らす助成金

入居時の費用から月額費用まで、さまざまなコストがかかるグループホームでは、費用負担が大きくなり、支払いが苦しくなってしまうこともあります。少しでも費用負担を軽減するには、助成金などの制度を有効活用することが大切です。

グループホームを利用した場合のコストを削減できる制度はさまざまあるため、何が利用できるのかを把握して、賢く費用を軽減しましょう。

家賃相当分の負担が軽くなる特定障害者給付

グループホームの家賃負担を軽くする制度として、「特定障害者給付」というものがあります。これは生活保護受給者や、市町村民税が非課税の人が対象となる制度であり、いわば低所得者が利用できるものと考えましょう。

この制度を利用することで、利用者1人に対して1万円の家賃補助が受けられます。グループホームの家賃が1万円未満の場合は、全額補助を受けられるため、毎月のコストを大幅に削減できます。

なお、市町村民税が非課税とは、世帯の全員が非課税でなければならないため、この点には注意しましょう。制度を利用するには市区町村の役場にて申請が必要です。

  1. 市区町村の役場に行く
  2. 窓口で申請書類を受け取る
  3. 申請書類を記載する
  4. 必要書類を提出して申請完了

上記4つのステップで申請を行い、グループホームの家賃補助を受けましょう。

高額介護サービス制度

介護サービス費が要介護度ごとの利用限度額を超えた場合は、超過した分が申請によって戻ってきます。これは高額介護サービス制度と呼ばれるものであり、市区町村の役場で申請することで返金が受けられます。

ただし、この制度では施設への費用の支払いは自分で行う必要があり、後から返金を受けて負担を軽減するものです。つまり、費用を立て替えなければならないため、一時的にまとまったお金が必要になるケースもあることは理解しておきましょう。

自治体独自の助成制度

高齢者が暮らしやすい地域づくりの一環として、自治体ごとに独自の助成制度を設けていることもあります。どのような制度があるかは自治体によって異なるため、市区町村の役場や地域包括支援センターなどで、利用できる制度がないか聞いてみても良いでしょう。

グループホームのニーズが高まる背景

近年グループホームのニーズは高まっており、その背景としては次の3つが原因として考えられます。

  • 高齢化社会による認知症高齢者の増加
  • 老老介護と認認介護問題の増加
  • 認知症高齢者への介護ケアと介護者の支援

社会的な背景を知ることで、グループホームが今後いかに必要性を増してくるかについて、理解を深めておきましょう。

高齢化社会による認知症高齢者の増加

日本は社会全体が高齢化しており、65歳以上人口は増加しています。高齢者が増えることで認知症患者の数は増え、認知症に対応した介護施設の需要は高まっています。つまり、認知症の高齢者が増えたからこそ、認知症ケアが行えるグループホームが注目され、利用者も増加しているといえるでしょう。

老老介護と認認介護問題の増加

高齢者の進行によって、介護が必要な65歳以上の高齢者が、要介護者を介護する老老介護や、認知症患者が認知症の高齢者を介護する認認介護などは増えています。

これらの状態での介護はリスクが高く、事故やトラブルに発展するケースも多いです。老老介護や認認介護の受け皿としてもグループホームは注目されており、これもニーズが高まっている理由といえます。

認知症高齢者への介護ケアと介護者の支援

高齢化が進行したことで、認知症の高齢者に認知症ケアにも対応した介護が必要であること、またその家族の支援の必要性が増したことも、グループホームのニーズが増加している理由です。

介護ケアを提供する施設やサービスは多数ありますが、認知症ケアには非対応ということも少なくありません。そのため、認知症高齢者にも対応でき、適切なサービスが提供できるグループホームが注目されています。

また、認知症の人の介護は家族の負担も大きく、高齢者本人だけではなく、その周辺の人の支援をするという意味でも、グループホームのニーズは高まっているでしょう。

認知症ケアの拠点として高まるグループホームのニーズ

グループホームは認知症ケアの拠点としてニーズが高まっており、高齢化が進行する日本においては、今後ますます重要な役割を担うと考えられます。グループホームのニーズは高まるものの、初期費用や月額費用を考えると、利用するコストは安くはありません。

そのため、無理なく利用するためには、現役時代から貯蓄を作ったり、助成制度を上手に活用したりして、資金面での不安を解消しておくことが大切です。費用負担を賢く軽減するためにも、制度は積極的に利用して、認知症の高齢者にも対応した、介護ケアをグループホームで受けましょう。

こんなお悩みございませんか

  • 何を調べたらいいかわからない!
  • いろいろ見てもどの施設がいいのかわからない!
  • ネットに掲載されている情報だけでなく、施設の実態を知りたい!

相談員にお任せください!

事前相談から入居まで、親身にサポートします。
ご家族含めて納得できる施設に出会えるよう、お手伝いさせて頂きます。

ケアスル 介護