理想の施設が見つかる有料老人ホーム検索サイト
ケアスル 介護
更新日:

健康型有料老人ホームとは|サービス内容や費用などを解説

健康型有料老人ホームとは|サービス内容や費用などを解説

老人ホームにはさまざまな種類があり、その1つとして健康型有料老人ホームというものがあります。健康型有料老人ホームを利用するなら、どのような特徴があるのかを知っておくことが大切です。

また、高齢者が利用できる施設にはさまざまなものがあるため、これと比較しておくことも重要です。その他の施設と比較してどのような違いがあるのかも含めて、健康型有料老人ホームの特徴を知っていきましょう。

健康型有料老人ホームとは

まずは、健康型有料老人ホームがどのようなものなのか、基本的な知識から身につけていきましょう。老人ホームにはさまざまな種類がありますが、健康型有料老人ホームはその名の通り元気な高齢者が利用できる施設です。

基本的には、介護の必要がない人が利用する施設であり、自立した高齢者が入居するものと考えましょう。自宅でも生活できるものの、より豊かな老後を送るために入居する施設でもあり、シニアライフの充実を求める人向けの施設です。

サービス内容

施設についてさらに理解を深めるには、どのようなサービスが提供されているのかを知っておくことも大切です。健康型有料老人ホームで提供されているサービスは、次の通りです。

サービス内容 利用の可否 生活の援助 ○ 身体の介護 △ 身体の機能回復 △ 医療処置 △

健康型有料老人ホームでは、基本的には生活援助のサービスが中心となります。これは豊かなシニアライフを送るという目的があるからであり、基本的には身の回りのことが自分でできる人に向いたサービスです。

また、身体介護や機能の回復、医療処置などは提供されていませんが、外部サービスの利用は可能です。そのため、さまざまなサービスを組み合わせて利用することができ、利用者に合った内容で介護に臨める点も特徴といえます。

介護や医療などについては、外部サービスを利用することで利用者の家族の負担も減らすことができるだけではなく、利用者自身も快適な生活を送りやすい点が魅力です。

健康型有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅の違い

自立した高齢者が利用できる施設としては、健康型有料老人ホームだけではなく、サービス付き高齢者向け住宅、いわゆるサ高住と呼ばれるものがあります。

健康型有料老人ホームとサ高住は自立した高齢者向けの施設という点は共通していますが、詳細に違いがあります。どのような特徴があるのかを知り、それぞれの違いについて理解を深めていきましょう。

契約の種類が異なる

健康型有料老人ホームとサ高住では、施設を利用する際の契約の種類が異なります。健康型有料老人ホームは利用権契約であり、サ高住は賃貸借契約という違いがあることは理解しておきましょう。

有料型老人ホームは施設を利用するための権利契約であるのに対して、サ高住は一般的な賃貸住宅と同じ契約になる点が大きな違いです。高齢になると、一般的な賃貸住宅は年齢を条件に入居を断られることもありますが、サ高住ではこの心配はありません。

施設として利用する場合は健康型有料老人ホームを、現在の住宅とは違う場所で住むところを探している人はサ高住がおすすめです。

介護サービスの有無

別途外部の事業者と契約して介護サービスの利用が必要な健康型有料老人ホームに対して、サ高住では介護サービスが提供される場合があります。

ただし、サ高住も基本的には介護を必要としない人が入居するものであり、介護サービスの提供があるのは介護型であり、一般型は健康型有料老人ホームと同じで、介護サービスが付属しない点には注意が必要です。

サ高住でも外部の事業者と契約して介護サービスを受けられる点は、健康型有料老人ホームと変わりません。利用先自体で介護サービスを提供しているかどうかは、サ高住の中でも一般型か介護型で異なる点は理解しておきましょう。

健康型有料老人ホームのメリット

施設の魅力を知るには、健康型有料老人ホームにどのようなメリットがあるのかを知っておくことも大切です。健康型有料老人ホームのメリットとしては、次の2つがあげられます。

  • レクリエーションや設備が充実
  • 軽度の要介護者が入居可能

これらのメリットを詳細まで把握して、健康型有料老人ホームならではの魅力を知っていきましょう。

レクリエーションや設備が充実

快適なシニアライフを送ることを目的にした健康型有料老人ホームでは、レクリエーションや施設の設備が充実している点が魅力です。レクリエーションが充実していることで、楽しみながら生活できることはもちろん、利用者同士やスタッフとの交流も増え、これが刺激や生きがいにつながります。

施設で楽しみを見つけられることで心身ともに健康に過ごすことができ、認知機能の低下予防やコミュニケーション能力の向上などを見込めることもメリットです。

また、施設設備が充実していることで、日常生活を快適に送りやすいことも魅力です。生活のために最低限必要な設備が整っているだけではなく、より快適に過ごすための設備投資をしているところも多いため、より良い暮らしを求める高齢者にもおすすめといえます。

軽度の要介護者が入居可能

自立した高齢者はもちろん、軽度の要介護者も入居できる点も健康型有料老人ホームのメリットです。軽度の要介護者なら外部サービスを利用することで入居は可能であり、生活援助とともに介護サービスも受けられます。

軽度の要介護者でも、家族で介護をするとなると負担が大きくなることも少なくありません。施設を利用することで家族の介護負担が減り、高齢者との共倒れを防げる点も大きなメリットといえます。

見守り体制があるので離れた家族も安心

施設に入居していることで職員による見守り体制も整っており、安心して暮らせる点もメリットです。これは利用者本人はもちろん、その家族にもメリットがあります。

遠方に暮らしている家族も高齢者を安心して預けられるため、心理的な負担が減ることはもちろん、介護負担も軽減できる点が魅力です。

健康型有料老人ホームのデメリット

さまざまなメリットがある健康型有料老人ホームですが、デメリットもあるため注意しなければなりません。

  • 重度の要介護者は入居できない
  • 費用が割高

これら2つのデメリットも知り、施設への理解をさらに深めていきましょう。

重度の要介護者は入居できない

主に自立できる健康な高齢者が入居できる健康型有料老人ホームは、重度の要介護者は入居できません。要介護度が軽度な場合は外部のサービスを利用することで入居は可能ですが、重度になると入居の条件を満たさなくなるため注意しましょう。

また、すでに入居している場合でも、要介護度が上がり、介護の必要性が高くなると退去を求められることも覚えておかなければなりません。外部サービスだけでは対応しきれない状態になると退去しなければならず、自宅での介護に切り替えるか、別の施設の利用を考える必要があります。

介護施設によっては重度の要介護者でも受け入れてくれるところもあるため、利用者の状態によっては移動先の検討もしておきましょう。

費用が割高

介護施設の中では、健康型有料老人ホームは費用が割高になりやすい点はデメリットといえます。健康型有料老人ホームは入居の際に支払う一時金が高額になったり、月額利用料が高かったりすることも少なくありません。

また、外部の事業者と契約して介護サービスを受けるケースでは、介護サービス費もかかり、利用頻度によっては介護サービス付きの施設を利用するよりも費用が高額になることもあります。

外部サービスでは介護保険が適用でき、所得よって自己負担額が1~3割となります。負担額自体は少ないものの、利用するサービスが多いと利用限度額を超え、全額自己負担になることもあるため注意しなければなりません。

健康型有料老人ホームの入居基準と費用

実際にどのような人が健康型有料老人ホームを利用できるのか、入居の基準も知っておきましょう。施設は誰でも入居できるわけではなく、基準が定められているため、これを把握しておくことが大切です。

また、施設を利用する際の費用についても、詳細まで知っておく必要があります。入居基準や費用を知り、健康型有料老人ホームを利用する際に役立てましょう。

入居基準

健康型有料老人ホームを利用できるのは、60歳以上、あるいは65歳以上の高齢者です。基本的には自立している人が対象ですが、軽度の要介護度で外部サービスの利用によって対応できる場合なら入居は可能です。

年齢の要件については施設によって異なるため、事前に確認しておきましょう。また、高額な費用がかかることも多い健康型有料老人ホームでは、収入や資産のチェックもあります。

コストが高額になったとしても問題なく支払いができるか、滞納をしないかなども確認されており、場合によっては資金的な要件で入居審査が通らないケースもあるため、この点にも注意しておきましょう。

費用

健康型有料老人ホームを利用する際の費用としては、入居一時金と月額利用料の2つがあげられます。入居の際に支払うものが入居一時金であり、これは施設によって金額が異なります。0円で入居できることもあれば、数千万円から場合によっては1億円程度かかることもあるため、事前にチェックしておきましょう。

入居一時金は月額利用料を先にまとめて支払うものであり、これが高いほど月々の費用は安くなりやすいです。そのため、入居一時金が0円だった場合でも、月額利用料が高くなるケースも多いため、この点には気をつけましょう。

月額利用料は施設の居住費や管理費、食費や水道光熱費、さらには日常生活でかかった費用などがあげられます。施設によっては居住費と管理費、水道光熱費が合算されていることもありますが、別々で請求されることもあります。

月額利用料も施設によって異なり、10~40万円程度が平均と考えましょう。介護付きや住宅型の老人ホームよりも、入居一時金は高めに設定されていることが多いですが、その分基本料金が安いこともあります。サービスや施設の充実度によって料金は異なり、費用が高いほど充実したサービスが受けられると考えましょう。

一時金の取り扱いは要チェック

入居一時金は償却資金として徴収されており、これがどのような扱いになっているかは施設によって異なります。先に支払った一時金は施設の運営のために利用されており、償却期間と償却率は施設ごとで違うと考えましょう。

例えば入居一時金を500万円支払い、契約時の償却率が10%の場合は、入居した時点で50万円が償却されたことになります。仮に償却期間が3年とするなら、1年ごとに150万円ずつ償却され、3年目で0円となります。

入居一時金が償却され切っていない場合は、退去時に残りを返金してもらえますが、すべて償却している場合は返金はありません。償却期間は施設によっては3年以内など短いこともあれば、10年以上と長いこともあります。

健康型有料老人ホームは要介護度が上がったタイミングで退去となり、その時点で残っている入居一時金は返金されますが、償却率次第では早期に退去しても返金がないこともあります。

いつまでなら退去しても入居一時金の一部が戻ってくるかは、事前に確認しておくことが大切であり、資金不足などの悩みがある場合は、少しでも返金が受けられるうちに退去することも選択肢の1つです。

健康型有料老人ホームの入居の流れ

実際に健康型有料老人ホームの利用に備えて、入居までの流れを把握しておきましょう。主な流れは次の通りです。

  • 施設の情報収集を行う
  • 見学や体験入居に行く
  • 入居の申し込みをする
  • 入居の審査が行われる
  • 施設の担当者と面談をする
  • 施設に入居する

まずはどのような健康型有料老人ホームがあるのか、情報収集を行います。ネットで検索することはもちろん、地域包括支援センターでケアマネージャーと相談して、おすすめの施設を紹介してもらうことも1つの方法です。

入居先の候補を見つけたなら、見学や体験入居を行い、どのような環境かをチェックしておきましょう。事前に施設を見ておかないと、入居してから不満を感じてしまうこともあるため、注意しなければなりません。

施設を気に入ったなら、必要書類を提出して、申し込みを行います。入居審査を行い、入居が決まった後は施設の担当者と面談をし、今後の生活方針などを決め、この際に疑問点や不安点があれば質問しておきましょう。これらの手順を終えた後に入居となり、健康型有料老人ホームでの生活が始まります。

自立・要介護度が軽度の場合はサ高住との比較もおすすめ

自立した人や、軽度の要介護度の人が入居できることが、健康型有料老人ホームの魅力です。健康な場合は健康型有料老人ホームだけではなく、サ高住との比較を考えることもおすすめです。

サ高住は住宅としての利用が可能であり、賃貸住宅に入居できない人でも利用できます。自立や軽度の要介護度の人は幅広い選択肢があるため、さまざまな入居先を比較して、利用者に合ったサービスを見つけましょう。

こんなお悩みございませんか

  • 何を調べたらいいかわからない!
  • いろいろ見てもどの施設がいいのかわからない!
  • ネットに掲載されている情報だけでなく、施設の実態を知りたい!

相談員にお任せください!

事前相談から入居まで、親身にサポートします。
ご家族含めて納得できる施設に出会えるよう、お手伝いさせて頂きます。

ケアスル 介護