理想の施設が見つかる有料老人ホーム検索サイト
ケアスル 介護
更新日:

介護医療院とはどのような施設?特徴やかかるコストなどを解説

介護医療院とはどのような施設?特徴やかかるコストなどを解説

高齢化が進行している日本においては、介護や医療の必要性は年々高くなっています。そのため、さまざまなサービスを提供する施設が誕生しており、その1つに介護医療院があります。

介護医療院は介護サービスの1つであり、その他の施設入居サービスとは異なった特徴を持っていることがポイントです。他のサービスと比較しながら、介護医療院についての理解を深め、どのような人に向いている施設なのかを知っていきましょう。

介護医療院とは

介護医療院は、その名の通り介護と医療の両方のサービスを受けられることが特徴です。介護と医療両方の側面から利用者をサポートする施設であり、2018年に新設されたばかりの、比較的新しい施設であるため、知名度はそれほど高くありません。

介護医療院は、2017年に廃止が決定した「介護療養型医療施設」の移転先となっており、施設の名称や役割が切り替わったものといえるでしょう。介護医療院では、地域の人との交流や生活の場であることが特に意識されており、特徴としては介護の領域が色濃く反映されています。

サービス内容

介護医療院についての理解を深めるには、どのようなサービスが実施されているのかを知っておくことが大切です。サービス内容は、大きく次の2つにわけられます。

  • 医療ケア
  • 介護ケア

それぞれの内容を詳細まで把握して、介護医療院についての基本的な理解を深めていきましょう。

医療ケア

介護医療院で提供されている医療ケアとしては、主に次のものがあげられます。

  • たんの吸引
  • 胃ろうや腸ろう
  • 点滴
  • 在宅酸素
  • 褥瘡(じょくそう)のケア
  • 注射や薬の処方
  • 看取りやターミナルケア

たんの吸引や点滴などを始め、胃ろうや腸ろうとった栄養補給のサポートも行います。また、褥瘡のケアによって床ずれを防ぐといった、日常的なケアや、最期を看取ったり、穏やかに最期の瞬間を迎えるための、ターミナルケアを行ったりします。

本格的な治療というよりは、あくまでも介護サービスに付随した、簡易的な医療ケアがメインになるといえるでしょう。

介護ケア

介護医療院は介護ケアに力を入れているため、受けられるケアの種類は幅広いです。

  • 食事介助
  • 排せつ介助
  • 入浴介助
  • レクリエーション
  • 機能訓練

日常生活における全般的な介護やサポートが受けられるだけではなく、レクリエーションや機能訓練、つまりリハビリなどのケアを行います。

生活動作の補助だけではなく、レクリエーションやリハビリなどによる、身体機能の向上や精神面の充実など、高齢者が心身ともに健康に過ごすためのケアを行っていることが特徴です。

レクリエーションはスタッフが実施するだけではなく、地域のボランティアの人が参加し、異世代で交流するケースも多く、地域ぐるみで高齢者を支える施設ともいえます。

介護医療院の2つのタイプ

介護医療院にはⅠ型とⅡ型の2つのタイプがあり、それぞれで特徴が異なります。

特徴 Ⅰ型 Ⅱ型 基本的性格 要介護高齢者の⻑期療養・⽣活施設 要介護高齢者の⻑期療養・⽣活施設 主な利用者

重篤な身体疾患がある人

身体合併症がある認知症高齢者など

Ⅰ型に比べて容体が比較的安定した人 人員配置の施設基準 介護療養病床相当 介護老人保健施設相当 居住面積 1床あたり8平方メートル 1床あたり8平方メートル

施設の利用を検討している場合は、それぞれの違いを把握して、どちらが利用者に合っているかを考えておくことが大切です。

Ⅰ型の方が手厚い

2つのタイプで比較すると、医療ケアの手厚さはⅠ型のほうが優れています。Ⅰ型は重篤な身体疾患がある人や、認知症の人でも、身体合併症がある人を対象としています。そのため、より医療的なケアを望む場合は、Ⅰ型の介護医療院を利用すると良いでしょう。

ただし、Ⅰ型は医療的なケアが充実している分、利用料金はⅡ型よりも高くなります。そのため、身体状況に応じてどちらを利用するかを決めることが大切であり、それほど容体が悪くない場合は、コストが低いⅡ型の介護医療院を選ぶことがおすすめです。

介護医療院と介護老人保健施設(老健)の違い

介護施設には介護医療院にも多数あり、その1つとして「介護老人保健施設」、通称老健と呼ばれるものがあります。入居サービスを必要とする場合は、利用者の状態に合わせて施設を選ぶことが大切です。そのため、介護医療院と老健では、どのような点で異なるのかを知っておきましょう。

老健は入院後のリハビリ専門

介護医療院と老健の大きな違いは、施設の目的にあります。介護医療院は、医療と介護両方のケアを行い、利用者の長期療養を目的としています。対して老健はリハビリ専門の施設であり、退院してから自宅での生活や自宅介護への復帰を目指していることが特徴です。

介護医療院でもリハビリは受けられますが、より特化しているものが老健と考えましょう。また、老健はリハビリ専門であるため、医療ケアの提供はありません。あくまでリハビリに重きを置いているため、医療ケアが必要な容体が悪い人には適さない施設であることも理解しておきましょう。

入居期間にも違いがあり、老健の場合はリハビリが完了し自宅復帰が可能と判断されると退去となります。利用者の状態によって期間は異なるものの、目安の入居期間は3~6ヶ月程度です。

対して介護医療院は長期療養を前提としているため、より長期間の入居が可能です。また、看取りやターミナルケアにも対応しているため、介護医療院で最期を迎えるというケースもあります。

介護医療院のメリット・デメリット

介護と医療の両方のケアを受けることができ、さまざまな特徴がある介護医療院ですが、利用の際にはメリットとデメリットの両方があることは覚えておきましょう。それぞれの特徴を把握して、利用者に合った施設であるかを判断することが大切です。

介護医療院の3つのメリット

他の介護施設ではなく、介護医療院を利用するメリットは、次の3つがあげられます。

  • 医療面の安心度が高い
  • 長期療養に対応している
  • 終末ケア・看取りも可能

これらのポイントを把握して、介護医療院ならではの魅力を知っていきましょう。

医療面の安心度が高い

医療ケアも実施している介護医療院では、医療面での安心度が高いことがメリットです。医療体制が万全に整っており、医師が常駐している施設もあります。そのため、容体が急変しても素早く対応してもらうことができ、より早く医療ケアを受けられることで容体の悪化を防ぎやすいです。

また、少しでも不調があると、すぐに医師による診断を受けることができ、問題の早期発見が期待できることも魅力でしょう。特にⅠ型の場合は医療ケアが手厚いため、充実した医療サポートが素早く受けられます。

長期療養に対応している

介護と医療の両方に対応している介護医療院は、長期療養を前提としています。そのため、他の入居サービスよりも長期間の利用が可能であり、この点は利用者とその家族両方にとってのメリットです。

長期間療養できることで、ゆっくりと体を休めることができ、必要に応じて医療ケアも受けられるため、利用者は穏やかに過ごしやすいでしょう。また、長期間預けられることで、家族の介護や看護の負担が減り、共倒れになるリスクを回避できます。

他の介護施設では、3ヶ月から半年程度で退去しなければならないということもありますが、介護医療院ならその心配がなく、長期間利用できる点は大きなメリットでしょう。

終末ケア・看取りも可能

ターミナルケアなどの終末ケアや看取りなどにも対応していることは、介護医療院のメリットです。施設によっては終末ケアには対応しておらず、容体が悪化していると入居すらできないこともあります。

介護医療院では医療ケアが必要な人でも入居でき、かつ利用者は穏やかに最期の瞬間を迎えられます。医師による判断が必要な痛みの鎮静や薬の処方などもスムーズにでき、利用者は最期まで生活の質を安定させながら過ごすことが可能です。

介護医療院の2つのデメリット

さまざまなメリットがある介護医療院ですが、デメリットもあることは忘れてはいけません。

  • プライバシーの確保に不安がある
  • 入居が長引くと費用が高額になることも

デメリットも正しく把握して、介護医療院ならではの問題点も知っておきましょう。

プライバシーの確保に不安がある

介護医療院は1床あたり8平方メートル以上という個人の居住スペースの制限はありますが、完全に個室でなければならないわけではありません。既定の広さを確保できているなら、パーティションなどで簡易的に個人スペースを区分けすることも可能です。

もし個室ではない場合は、プライバシーの確保に不安が残ることもあるため、この点には注意が必要です。老人ホームなど、他の施設では完全個室ということもありますが、介護医療院では個室が用意されていないこともあります。

そのため、実際に利用するなら、施設に見学に行き、プライバシーが十分に確保できるかは事前にチェックしておくことが大切です。

入居が長引くと費用が高額になることも

長期療養できることは介護医療院の魅力ですが、反面入居期間が長くなることで、費用が高額になりやすい点はデメリットです。介護医療院を利用する場合は、次の3つのコストがかかります。

  • 介護保険サービスの自己負担額
  • 居住費・滞在費
  • 食費

これら3つのコストは、入居期間が長いほど、高額になることは理解しておきましょう。介護保険が適用できても、総額コストは高額になることもあるため、資金面での不安が出やすいことは理解しておかなければなりません。

介護医療院の費用と入居条件について

施設の利用を検討しているなら、利用にかかる費用や入居の条件を知っておく必要があります。コストがあまりにも高すぎると判断した場合は、資金に無理のない範囲で別の施設の利用を検討したほうが良いでしょう。また、利用者の状態次第では、そもそも入居できないケースもあるため、この点には注意が必要です。

介護医療院の費用

介護保険の自己負担割合を1割とした場合の、介護医療院の保険利用分のコストは次の通りです。

要介護度 従来型個室(1日) 多床室(1日) ユニット型個室(1日) ユニット型個室的多床室(1日) 要介護1 698円 808円 825円 825円 要介護2 807円 916円 933円 933円 要介護3 1,041円 1,151円 1,168円 1,168円 要介護4 1,141円 1,250円 1,267円 1,267円 要介護5 1,230円 1,340円 1,357円 1,357円

実際には市区町村や利用する施設によって詳細な金額が異なるため、あくまで目安として考えましょう。他にも居住費や滞在費、食費なども必要であり、これも施設によって金額は変わります。

また、長期入居の場合は、おむつ代など日常生活に必要な備品の費用や、理美容に関する費用なども、実費で精算が必要です。詳細な費用については、施設のケアマネージャーに相談して、コストを確認しておくことが大切です。

入居条件・対象者

介護医療院の入居対象者は、要介護認定を受けている65歳の高齢者です。65歳以上で要介護1~5までの人が対象となっており、要支援1~2は対象とならないため注意が必要です。

また、40歳から64歳までの人でも、特定の疾病によって要介護1~5と認定された人は、入居の対象となります。

  • 末期がん
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 後縦靭帯骨化症
  • 骨折を伴う骨粗しょう症
  • 多系統萎縮症
  • アルツハイマー病
  • 脳血管性認知症
  • 脊髄小脳変性症
  • 脊柱管狭さく症
  • ウェルナー症候群など
  • 糖尿病性神経障害
  • 糖尿病性腎症
  • 糖尿病性網膜症
  • 脳出血
  • 脳梗塞
  • 進行性核上性麻ひ
  • 大脳皮質基底核変性症
  • パーキンソン病
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 関節リウマチ
  • 肺気腫
  • 慢性気管支炎
  • 両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

入居の条件は必ず確認しておき、利用者が対象となっているかはチェックしておかなければなりません。

介護医療院の入居方法

実際に介護医療院に入居するためには、どのような方法で手続きを進めるのかを知っておきましょう。入居方法を把握しておくことで、よりスムーズに介護医療院が利用できます。

利用手続きの流れ

介護医療院を利用するまでの大まかな手続きの流れは、次の通りです。

  1. 介護認定を受ける
  2. 情報収集
  3. 施設見学
  4. 申し込む
  5. 入所判定会議
  6. 面談
  7. 入所決定・契約

これら7つのステップで手続きを行うことで、介護医療院に入居できます。

介護認定を受ける

まずは市区町村の役場で介護認定の申請を行い、要介護1~5までのいずれかの認定を受ける必要があります。どの段階で認定を受けられるかは、申請者の状態によって異なります。申請から認定までは、大体30日程度かかることが多いため、早めに申請を済ませておきましょう。

情報収集

認定を受けた後は、情報収集を行い、どの介護医療院が利用者に合っているかを調べておきます。インターネットで検索するほか、地域包括支援センターでケアマネージャーと相談しながら、どの施設が合っているのか、アドバイスを受けても良いでしょう。

施設見学

情報を調べた後は、実際に施設の見学に行きましょう。見学は利用者本人とその家族で行うことがおすすめです。介護医療院は長期間入居することも多いため、利用者自身にも施設を見てもらい、そこで長く過ごすことになっても問題はないかを、確認しておく必要があります。

申し込む

施設に問題がなければ、入居の申し込みを行います。申し込みは施設の担当者と連絡を取り、申し込み用紙などを記載して提出しましょう。この際に別途必要な書類が出てくることもあるため、何が必要なのかは聞いておくことが大切です。

入所判定会議

申し込み後は、施設で入所の判定会議が行われます。施設利用が妥当な状態か、また他にも入居待ちの人がいないかなど、さまざまな要素を考慮して話し合いが行われ、結果次第では入所が先送りになる場合もあるため注意が必要です。入所判定会議の結果、入所可能となると施設から通知が届きます。

面談

入所前には施設の担当者と面談を行い、今後の医療や介護の方針などについて話し合います。面談は施設で行うだけではなく、担当者が自宅に訪問するケースもあります。

入所決定・契約

面談を経て入所が決定すると、施設利用の契約を締結します。契約書には入所のタイミングやその際にかかる費用などが記載されているため、内容を細かく確認して、サインしましょう。

介護医療院は長期療養できる施設を探している人におすすめ

医療と介護の両方のケアが受けられる介護医療院は、長期療養できる施設を探している人におすすめです。長期間利用する場合は、高額なコストがかかることもあるため、資金計画は念入りに練っておきましょう。

また、施設ごとに特徴が異なるため、複数施設で比較して、より利用者に合ったものを選ぶことが大切です。他の介護施設とも比較しておき、介護医療院の特徴を踏まえたうえで、利用するかどうかを選びましょう。

こんなお悩みございませんか

  • 何を調べたらいいかわからない!
  • いろいろ見てもどの施設がいいのかわからない!
  • ネットに掲載されている情報だけでなく、施設の実態を知りたい!

相談員にお任せください!

事前相談から入居まで、親身にサポートします。
ご家族含めて納得できる施設に出会えるよう、お手伝いさせて頂きます。

ケアスル 介護