理想の施設が見つかる有料老人ホーム検索サイト
ケアスル 介護
更新日:

グループホームと老人ホームの違いとは|サービスや費用を徹底比較

グループホームと老人ホームの違いとは|サービスや費用を徹底比較

高齢者が利用できる施設サービスは数多くありますが、施設によって特徴は異なります。そのため、適切なサービスを受けるには、施設ごとの違いを正しく把握しておくことが大切です。

施設サービスには、グループホームや老人ホームなどがありますが、それぞれで特徴はもちろん、利用するメリットとデメリットは異なります。グループホームと老人ホームの違いについて理解し、どのサービスを利用すると良いのかを正しく判断しましょう。

グループホームの特徴

まずはグループホームがどのような施設なのか、基本的な特徴を把握しておきましょう。施設の特徴や役割はもちろん、入居資格や条件を知っておくことも大切です。どのような人がグループホームを利用しているのか、また利用可能なのかを把握しておくことで、適切なサービスを選択しやすくなります。

グループホームとは

小規模な施設で、認知症の高齢者向けの介護サービスが提供されていることがグループホームの特徴です。グループホームは5人から9人以下と少ない人数で共同生活を送ることも特徴であり、認知症ケアの専門知識を持ったスタッフが常駐しています。

入居資格と条件

グループホームの入居資格や施設利用の条件は、次の通りです。

  • 要支援2以上の認知症の高齢者
  • グループホームと同一自治体に住民票がある

介護認定は要支援2、あるいは要介護1~5と判定されている必要があり、この中でも65歳以上で認知症の人が入居資格を有します。

また、グループホームのある自治体と同じ自治体に住民票を持っていることも条件であり、現住所とは別の自治体にある施設が利用できないことも覚えておきましょう。

老人ホームの特徴

高齢者が入居できる施設という点は老人ホームも同じですが、グループホームとは特徴が大きく異なります。また、施設の特徴だけではなく、入居資格や条件も異なるため、この点を把握して、それぞれの違いを理解していきましょう。

老人ホームとは

高齢者が共同で生活できる施設という点はグループホームと同じですが、自立可能な人から要介護者まで、幅広い人が入居している点が老人ホームの特徴です。利用者の状態に合わせた生活を送ることが老人ホームの目的であり、入居者によって要介護度や状況は異なります。

入居資格と条件

老人ホームには次の3つのタイプがあり、それぞれで入居資格や利用できる条件は異なります。

  • 自立型
  • 介護専用型
  • 混在型

自立型は、要支援や要介護の認定を受けていない人が対象であり、比較的元気な高齢者が利用する老人ホームです。対して介護専用型は要支援1~2、あるいは要介護1~5の人が利用できます。介護専用型は要介護認定を受けている必要があり、自立した生活を送れる人は対象外となるため注意しましょう。

また、混在型は自立している人から、要支援や要介護の人まで幅広く入居できます。施設ごとに詳細な条件は異なるため、入居時に確認しておくことが大切です。

グループホームと老人ホームのサービスの違い

施設の特徴だけではなく、グループホームと老人ホームでは受けられるサービスにも違いがあります。特に介護体制や医療体制の違いは、把握しておくことが大切です。それぞれの施設でどのようなサービスを受けられるのかを知っておくことで、入居先を選ぶ際に役立ちます。

介護体制の違い

施設ごとの介護体制としては、次のような違いがあります。

施設 介護体制 グループホーム

入居者3人に対して介護スタッフ1人以上

看護師の配置義務なし

老人ホーム 介護専用型の場合は介護スタッフと看護師が配置

大きな違いとしては、看護師がいるかどうか、認知症ケアの専門スタッフがいるかどうかです。グループホームは看護師の配置義務はありませんが、認知症ケアの専門スタッフが常駐しています。

対して老人ホームは、介護専用型だと看護師の配置義務があり、常駐していることが特徴です。しかし、認知症ケアの専門スタッフは常駐が義務付けられていないため、通常の介護スタッフのみ常駐ということも少なくありません。

医療体制の違い

看護師が常駐している老人ホームでは、医療知識を持つ看護師による健康管理や服薬管理といった、医療的なケアが受けられます。グループホームは看護師が常勤していないため、近隣の医療機関と提携することで、医療体制を整えています。

そのため、グループホームで医療ケアを受けるには、医師による往診や訪問看護などのサービスを、別途利用することになると考えましょう。

施設の種類で異なるレクリエーションの目的

グループホームでも老人ホームでもレクリエーションは実施されていますが、施設によって目的が異なります。仮に実施されている内容が同じ、あるいは似ている場合でも、最終的な目的に違いがあることは覚えておきましょう。

グループホームの目的

認知症ケアに特化しているグループホームでは、レクリエーションは認知症の進行を防止する目的があります。利用者同士のコミュニケーションを促進し、刺激を受けることで認知機能の低下を予防していると考えましょう。

また、日ごろの運動不足を解消するためにレクリエーションが行われることもあり、身体機能の低下を防ぐといった目的もあります。

老人ホームの目的

タイプによってレクリエーションの目的は異なりますが、老人ホームでは基本的に身体機能の維持や向上を狙って、レクリエーションが実施されています。

施設によっては幅広い状態の利用者がいることもあるため、本人の要介護度や身体的な状況に合わせたレクリエーションが行われていることも老人ホームの特徴です。

グループホームと老人ホームのメリット・デメリット

施設ごとの違いについてさらに詳しく理解するには、それぞれのメリットとデメリットを把握しておくことが大切です。グループホームも老人ホームもさまざまな魅力のある施設ですが、反面デメリットもあります。

デメリットまで知ったうえで、グループホームと老人ホームのどちらが利用者に適したサービスなのかを考えていきましょう。

グループホームの3つのメリット

施設サービスとしてグループホームを選ぶメリットは、次の3つがあげられます。

  • 認知症ケアの専門知識を持ったスタッフがいる
  • 小規模施設でアットホーム
  • 老人ホームより費用が安価

グループホームならではの魅力的なポイントを把握して、いかなる点が利用者のメリットになるかを知っていきましょう。

認知症ケアの専門知識を持ったスタッフがいる

認知症ケアに対応しているグループホームでは、専門知識を持ったスタッフがいることが大きなメリットです。認知症高齢者への対応方法や介護予防などについての知識が豊富であり、認知症でも安心して利用できる点は魅力といえます。

介護施設によっては認知症の人は非対応となっていることもあり、そもそも施設サービスが利用できないこともあります。また、認知症でも受け入れてもらえる場合でも、専門的なケアには対応しておらず、入居してから状態が悪化するということも少なくありません。

グループホームなら認知症の人が利用できるだけではなく、適切なケアを受けながら認知機能の低下を防止できる点がメリットです。

小規模施設でアットホーム

5人から9人以下が1グループとなり、小さい生活単位で暮らしていくこともグループホームのメリットです。小規模なグループ、施設で暮らすことにより、利用者同士の距離は近くなり、コミュニケーションを図りやすくなります。

利用者同士で協力しながら生活することで、アットホームな環境で暮らすことができ、これが精神的な癒しやストレスの解消につながることも少なくありません。また、人と近い距離でコミュニケーションを取れることが刺激となって、認知機能の低下予防につながることもメリットの1つです。

老人ホームより費用が安価

施設を利用した際の費用が、老人ホームよりも安価であることは、グループホームのメリットです。老後の生活を考えた際には費用面での不安を抱えることは多く、実際に介護費用が捻出できずに困る人は少なくありません。

グループホームの利用にもコストはかかるものの、老人ホームと比較すると安価であるため、費用負担は少なく、金銭面での不安を覚えづらい点はメリットといえるでしょう。

グループホームの4つデメリット

さまざまなメリットがあるグループホームですが、デメリットもあるため注意が必要です。

  • 要支援1や認知症でない人は入居できない
  • 入居条件は施設と同自治体に住民票があること
  • 看護師の配置が義務化されていない
  • 待機者数が多い

これら4つのデメリットについても知り、グループホームについての理解をさらに深めておきましょう。

要支援1や認知症でない人は入居できない

グループホームの入居条件は、要支援1以上であることや認知症を患っている65歳以上の高齢者であることがあげられます。そのため、要支援1の人や認知症ではない高齢者はグループホームを利用できない点はデメリットです。

グループホームを利用するには要支援2、または要介護1~5以上で認知症の人が対象となるため、この点は覚えておきましょう。

また、認知症といっても自身で身の回りの世話が一通りできることも条件となっており、日常生活を他人の介護なしで送ることが難しい場合や、集団生活ができない場合も対象外となることは理解しておく必要があります。

入居条件は施設と同自治体に住民票があること

地域密着型サービスに該当するグループホームは、施設がある自治体と同一のエリアに住民票を持っていることも利用の条件です。そのため、住んでいる地域とは別の自治体のグループホームには、基本的には入居できない点も覚えておきましょう。

住民票のある地域にグループホームが少ないと、入居先の選択肢が限定されてしまうことは、グループホームのデメリットです。

看護師の配置が義務化されていない

認知症ケアの専門知識を持ったスタッフが在籍しているものの、グループホームでは看護師の配置は義務化されていません。そのため、医療ケアを受けることは難しく、もし医療ケアが必要な場合は、別途医療機関や外部の介護サービスを利用する必要があります。

また、日常的に医療ケアを必要とする人は、グループホームに入居できないこともあるため、この点も理解しておきましょう。もちろん、施設によっては看護師が配置されていることもありますが、基本的には看護師の配置がないことが多いため、入居時にはスタッフの人員体制を確認しておくことが大切です。

待機者数が多い

高齢化が進行している日本社会では、認知症の高齢者は多く、グループホームのニーズは高まっています。そのため、入居希望者は増えており、待機者数が多い点もデメリットです。その地域の待機者数が多いと、申し込みをしてもすぐに入居できないこともあります。

また、グループホームは小規模で暮らす施設であるため、1施設ごとの受け入れ人数が少ないことも待機者数が多い理由です。グループホームを利用したい場合でも、実際に入居できるまでに時間がかかったり、場合によっては別の地域に引越して、違う自治体で利用するケースもあることは理解しておきましょう。

老人ホームの2つのメリット

グループホームと比較した際の老人ホームならではのメリットとしては、次の2つがあげられます。

  • 看護師が常駐しており医療体制が安心
  • 比較的空きが多いため早く入居できる

魅力を把握して、老人ホームについての知識を深めていきましょう。

看護師が常駐しており医療体制が安心

グループホームとは異なり、看護師が常駐している点は、老人ホームならではのメリットです。看護師が常駐していることで、健康管理や服薬の管理などをしてもらうことができ、医療体制には安心感があります。

医療的なケアを必要とする人も利用できるため、グループホームが利用できない人でも、老人ホームなら入居できるケースもあります。

比較的空きが多いため早く入居できる

施設数が多く、受け入れ人数もグループホームよりも多い老人ホームは、比較的空きが多いため、素早く入居できる点もメリットです。施設サービスが必要となった際にすぐに入居しやすいため、利用者はもちろん、家族の介護負担も減らしやすいでしょう。

もちろん、高齢者の増加によって老人ホームのニーズも高まっているため、一部入居待ちが出ていることもあります。しかし、絶対数の多さからグループホームよりは入居がしやすく、待機者がいても短期間で入居できるケースは多いです。

老人ホームの3つのデメリット

さまざまな魅力がある老人ホームですが、グループホームと同様にデメリットもあることは覚えておきましょう。

  • グループホームより費用が高額
  • 認知症ケアに不慣れなスタッフが対応
  • 住宅型老人ホームは要介護になれば退去

メリットだけではなく、これら3つのデメリットも把握して、利用するかどうかを決めることが大切です。

グループホームより費用が高額

老人ホームは、入居時の費用から月額利用費までグループホームよりも高額であることが多く、金銭的な負担は増えやすいです。

施設や受けるサービスによって実際にかかる金額は異なりますが、平均的に見ると老人ホームのほうがグループホームよりも高額なコストがかかりやすいことは理解しておきましょう。

認知症ケアに不慣れなスタッフが対応

老人ホームでも認知症の人を受け入れている施設はありますが、スタッフが専門的な知識を持っているとは限りません。そのため、認知症の受け入れが可能な場合でも、認知症ケアには不慣れなスタッフが対応することも多く、適切なサービスが提供されない可能性があることは覚えておく必要があります。

また、場合によっては老人ホームに入居してから、認知症の症状が進行してしまうリスクもあります。そもそも認知症の人を受け入れていない施設もあり、認知症の高齢者ならグループホームのほうが安心して利用しやすいです。

住宅型老人ホームは要介護になれば退去

老人ホームのなかでも、住宅型のタイプを選ぶ場合は、要介護になると退去を求められます。老人ホームのタイプによっては要介護となる、あるいは要介護度が上がっても施設を利用し続けられることもありますが、施設の受け入れ条件次第では、退去が必要となるケースがあることは覚えておきましょう。

グループホームと老人ホームの入居にかかる費用

施設の利用には費用がかかり、これもグループホームと老人ホームでは異なります。それぞれどれくらいの費用がかかるのかを把握しておくことで、将来必要な資金の目安が持てます。詳細な金額は施設や利用者の状態によって異なりますが、大まかなコストは知っておきましょう。

費用の種類

施設を利用する際の費用は、大きく入居一時金と月額利用費にわけられます。

施設 入居一時金 月額利用費 グループホーム 0~数百万円 15~30万円 老人ホーム 0~1億円以上 12~40万円

それぞれの費用がどのようなものか詳細まで知り、コストについての理解を深めておくことが大切です。

入居時に支払う入居一時金

施設に入居する際には、入居時に一時金を支払うことがあります。最初にまとまった費用を支払う必要があり、場合によっては高額になることもあるため注意しましょう。

グループホームは0~数百万円程度、老人ホームは0~1億円以上となっており、施設によっては一時金が不要なケースもあります。ただし、一時金が安い場合は、月額利用費が高額になることもあるため、この点には注意が必要です。

相場としては、老人ホームのほうが入居一時金は高額ですが、施設によってはグループホームのほうが高くなることもあります。

月々に支払う月額利用費

施設を利用するにはさまざまなコストを支払う必要があり、これを合計したものが月額利用費です。

  • 居住費
  • 管理費
  • 食費
  • 水道光熱費
  • 介護サービス費
  • おむつ代や理美容など実費精算する日常生活費

グループホームは15~30万円程度で、老人ホームは12~40万円程度が相場です。実際にいくらかかるかは、施設や入居者の状態によって異なるため、あくまで平均的な金額であることは理解しておきましょう。

そのため、月額利用費も老人ホームよりグループホームのほうが高くなることもあり、入居の際には施設ごとにかかる費用を比較しておくことが大切です。

介護レベルよってふさわしい施設は異なる

グループホームと老人ホームの違いはさまざまありますが、どちらが良いかは利用者の介護レベルによって異なります。要支援2以上で認知症の人ならグループホームが、要支援1以上、あるいは自立可能で認知症ではない人は老人ホームがおすすめです。

どの施設が良いかは個人ごとに違うため、地域包括支援センターを利用し、ケアマネージャーに相談してみることも1つの方法です。介護の専門知識を持つ人からアドバイスを受け、利用者に合った施設サービスを見つけましょう。

こんなお悩みございませんか

  • 何を調べたらいいかわからない!
  • いろいろ見てもどの施設がいいのかわからない!
  • ネットに掲載されている情報だけでなく、施設の実態を知りたい!

相談員にお任せください!

事前相談から入居まで、親身にサポートします。
ご家族含めて納得できる施設に出会えるよう、お手伝いさせて頂きます。

ケアスル 介護