理想の施設が見つかる有料老人ホーム検索サイト
ケアスル 介護
更新日:

介護タクシーの概要を知ろう|利用方法や料金についても解説

介護タクシーの概要を知ろう|利用方法や料金についても解説

介護生活を送るうえでは、高齢者の移動が問題になることも少なくありません。この問題を解決する手段として、介護タクシーというものがあげられます。介護タクシーの利用を検討するなら、どのようなサービスなのか、料金の仕組みなども含めて知っておくことが大切です。

移動手段を確保することで、介護生活はスムーズに送りやすくなり、サービスの利用者だけではなく、その家族の介護負担も軽減できます。介護タクシーの特徴を知り、利用者に合ったサービスかどうかを判断しましょう。

介護タクシーの概要

介護タクシーとはどのようなサービスなのか、まずは基本的な概要から知っておきましょう。サービスの概要を知ることで、介護タクシーへの理解を深めることができます。また、どのようなサービスが受けられるのかも把握できるため、利用を検討している人は詳細な部分まで情報を把握しておくことが大切です。

介護タクシーとは

そもそも介護タクシーは訪問介護サービスの一環ですが、「介護タクシー」という名称のサービスがあるわけではありません。正式には「通院等のための乗車、または降車の介助」と呼ばれるサービスであり、この通称が介護タクシーであると考えましょう。

つまり、利用者の通院の際に利用できる車両サービスが介護タクシーであり、通常のタクシーで介護タクシーという種類の車両があるわけではありません。通院が必要で、かつ自分1人では病院までの移動が難しい人が利用するサービスが介護タクシーです。

介護タクシーの車両とは

高齢者の通院をサポートする介護タクシーは、一般的な車両とは違って、乗車や降車をサポートするための設備が多数搭載されています。例えば車いすの人が乗り降りしやすいように、専用のリフトやスロープが付属したものや、寝たきりの人でも利用できる寝台車型のものもあります。

また、乗り降りがしやすいように、シートが回転するものもあり、車両の種類はさまざまであると考えましょう。車種も豊富であり、基本的には乗り降りがしやすいボックスタイプのものが多いですが、中にはセダン型で、通常のタクシーと同じ車種を使っていることもあります。

介護タクシードライバーの資格とは

介護タクシーでは通常のタクシードライバーと同じで普通自動車二種免許が必要なだけではなく、「介護職員初任者研修の修了者」という資格を取得しておかなければなりません。

必要な資格の違いからも、通常のタクシーと介護タクシーが別物であることがわかります。必要な資格が違うことから、介護タクシーのドライバーとなるには、運転技術だけではなく、介護に関する専門知識が必要であることも理解できるでしょう。

介護タクシーを利用できる人は

訪問介護の一環である介護タクシーは、利用できる人の条件が定められています。利用可能なのは訪問介護を利用している要介護者であり、これ以外の人は介護タクシーは利用できません。そのため、要介護1以下の要支援1~2の人が利用できないことも覚えておきましょう。

また、要介護1以上の人全員が利用できるわけではなく、あくまでも訪問介護を利用していて、外出が難しい、あるいは1人では通院ができない人が対象となります。

要介護1以上でも施設を利用している人や、交通機関を利用して通院が可能な人は、介護タクシーの利用対象外となるため、この点も頭に入れておくことが大切です。

介護タクシーと福祉タクシーの違い

高齢者が利用できる移動サービスとして、介護タクシー以外には福祉タクシーというものがあります。介護タクシーと福祉タクシーは別物であるため、この違いを把握しておくことも大切です。それぞれどのような違いがあるのかを知り、介護タクシーへの理解を深めていきましょう。

福祉タクシーとは

介護タクシーとは違い、「介護職員初任者研修の修了者」の資格が不要な点が、福祉タクシーの特徴です。福祉タクシーは身体に傷害のある人を対象にしたサービスであり、単に高齢者に向けた車両による移動が目的であると考えましょう。

「介護職員初任者研修の修了者」の資格が不要な点はこの点にあり、提供されているサービスの内容に違いがあるといえます。また、福祉タクシーは介護目的の移動サービスではないため、介護保険は適用外となります。

訪問介護の一環である介護タクシーでは介護保険の適用が可能ですが、福祉タクシーにはこれがなく、費用は全額自己負担となる点には注意しましょう。

介護タクシーのメリットと注意点

介護目的での移動サービスである介護タクシーには、利用するメリットが多数あります。そのため、どのようなメリットがあるのかを知り、サービスの魅力を深掘りしていきましょう。

また、利用時には注意点もあるため、これも理解しておく必要があります。メリットと注意点の両方を知ることで、サービスへの理解を深めていきましょう。

メリット

介護タクシーを利用するメリットとしては、次のものがあげられます。

  • 要介護者が自由に外出できる
  • 家族の介護負担が軽減できる
  • 引きこもりの防止など社会とのつながりも確保できる

介護タクシーを利用することで、1人では外出が難しい要介護者も、自由に外出が可能です。介護タクシーは通院時に利用することはもちろん、介護保険を適用せず自費で利用することもできます。

そのため、自費利用ができる場合は、要介護者がスムーズに乗降可能な設備が整った車両で、外出がしやすくなる点が大きなメリットです。

通院時の家族による送迎が不要になることから、介護にかかる家族の負担を軽減できることも、介護タクシーのメリットです。自家用車でも病院への送迎は可能ですが、時間的なコストがかかったり、乗り降りの際の介助など、身体的な負担も多くかかります。

そのため、これらのコストや労力が解消できる点も、介護タクシーならではのメリットといえるでしょう。他にも自費利用なら制限なしで乗車できるため、高齢者の引きこもり防止にも役立つ点は魅力です。

要介護者でも自由に外出ができることで、社会とのつながりを持ちやすくなり、社会的な孤独感を覚えずに済むでしょう。

利用時の注意点

サービスの利用を検討しているなら、注意点も把握しておきましょう。介護タクシーを利用する際の注意点としては、次の3つがあげられます。

  • 家族の同乗は原則できない
  • 料金が高額になることもある
  • 提供されるサービスは送迎と乗降の介助のみ

訪問介護の一環である介護タクシーは、原則利用者のみ乗車が可能です。そのため、家族の同乗はできず、利用者が1人で通院しなければならないことは覚えておきましょう。

また、介護タクシーでは利用する車両の設備や器具によって、料金が変動します。単純に乗車距離が長くなることで料金が高くなることはもちろん、ストレッチャーなどの介護器具の利用が増えるほど、コストは上がると考えましょう。

そのため、利用内容次第では、費用が高額になってしまうこともあるため注意しなければなりません。介護タクシーで提供されるサービスは、送迎と乗降の介助のみであり、病院内での付き添いなどはないため注意しましょう。

そのため、病院についてからのケアが受けられないこともあるため、利用を考えているならどこまでのサービスが受けられるかは確認しておくことが大切です。

介護タクシーの料金について

サービスの利用にはコストがかかるため、どれくらいの費用が発生するのかも知っておくことが大切です。資金的な余裕があるなら費用を気にせず介護タクシーを利用できますが、介護をしているとコストがかさみ、金銭的な不安を抱えてしまうことも少なくありません。

そのため、料金の仕組みを知り、実際にどの程度のコストがかかるのかは細かく把握してから、利用するかどうかを決めることが大切です。

料金の仕組み

介護タクシーの料金は、運賃と介護運賃の2つで構成されています。運賃は通常のタクシーと同じで、乗車した距離や時間に応じて、料金が加算されます。そのため、遠方まで乗車した場合は、費用が高くなると考えましょう。

介護運賃は介護サービスの利用にかかった費用であり、例えばストレッチャーや車いすなど、別途器具の利用があった場合には費用が加算されます。要介護者が利用する介護タクシーでは、運賃に加えて、介護運賃や介助料といった名目で、料金が加算されることは覚えておきましょう。

また、料金の総額は介護保険の適用の有無によっても異なります。保険を適用する場合は自己負担割合に応じた料金となりますが、適用しない場合は全額自己負担となるため、この点も理解しておく必要があります。

介護保険を利用する場合

要介護1以上で訪問介護のサービスを受けている人なら、介護保険を適用して介護タクシーの利用が可能です。この場合にかかる費用は、介護保険の自己負担割合によって異なります。自己負担割合は所得によって1~3割に変動し、低所得者だと1割に、現役並みの所得者だと3割負担となります。

そのため、介護保険を利用するなら、自己負担割合がどれくらいなのかは把握しておきましょう。仮に利用料金が1万円だった場合は、1割負担なら1,000円、2割なら2,000円、3割なら3,000円での利用が可能です。

また、介護保険を適用するには、介護タクシーの利用用途が限定されるため、この点も覚えておきましょう。病院への通院はもちろん、その他次のような用途でも、介護保険を適用して介護タクシーの利用は可能です。

  • 本人が行かなければ成立しない調整や買い物
  • 預貯金の引き出しなど金銭に関する用事
  • 選挙投票や公共機関における日常生活に必要な申請や届け出など

例えば補装具や補聴器、メガネの調整や買い物などは、本人が行かなければ成立しないため、介護タクシーの利用が可能です。そのほか、本人の金銭にかかわる用事や日常生活に必要な申請、届け出などの用事でも、介護保険を適用して介護タクシーを利用できます。

介護保険適用外の場合

介護タクシーは保険適用外での利用も可能です。通院などの必要性がないケースで乗車する際には、介護保険の適用外となることは覚えておきましょう。

例えば利用者の個人的な用事で外出する場合は、保険の適用外となるため、料金は全額自己負担となります。そのため、乗車料金が5,000円の場合は、全額自己負担で支払う必要があり、介護保険適用時よりもコストが高くなってしまうことは理解しておかなければなりません。

要支援の人や施設サービスを利用している要介護者などでも、介護タクシーは利用できますが、この場合は全額自己負担となるため、利用時にはどれくらいのコストがかかるかを事前に計算しておくことが大切です。

介護タクシーの利用方法

スムーズに介護タクシーを利用するためにも、どのような手順を踏む必要があるのかを知っておきましょう。介護タクシーの探し方や、利用までの流れなどは、細かく把握しておく必要があります。手順を知り、スムーズに介護タクシーを利用して、介護にかかる移動の負担を賢く軽減しましょう。

介護タクシーの探し方

利用する介護タクシーを探す際には、ネットで情報を集めたり、ケアマネージャーに相談したりすることがおすすめです。介護タクシーはネットで検索するほか、「介護タクシー案内所」というサイトを利用しても良いでしょう。

このサイトでは地域を選択し、そこで利用できる介護タクシーの事業者を探すことができます。また、実際にどの程度のサポートが必要なのかは個人の状態によって異なるため、ケアマネージャーに相談しながら利用する訪問介護と介護タクシーのサービスを、セットで決めることもおすすめです。

利用者の状態次第で、介護タクシーの利用が必要かどうかは異なります。また、どのような設備が必要かも変わってくるため、ケアマネージャーに相談して、おすすめの事業者を見つけてもらうと良いでしょう。

介護タクシー利用までの流れ

まずはケアマネージャーに相談して、介護タクシーを利用したい旨を伝えておきましょう。この際には利用する目的や行き先などを伝えておく必要があります。また、利用者の状態によってどのような設備が必要かが異なるため、ケアマネージャーに判断してもらい、タクシーの予約をしておきましょう。

介護タクシーは通常のタクシーのようにその場で利用できるものではないため、事前の予約は必須です。ケアマネージャーを通して予約をした後は、予定した日時でタクシーによる送迎を受けて、サービスの利用開始となります。

介護タクシーは便利なサービス

要介護者が利用できる介護タクシーは、上手に活用すると非常に便利なサービスです。通院はもちろん、利用者の日常生活を快適に維持する目的でなら利用が可能であり、用途はさまざまです。

また、利用者がスムーズに目的地まで移動できるだけではなく、送迎の手間が減ることで家族の介護負担が軽減される点もメリットといえます。介護タクシーは保険適用と全額自己負担のどちらでも利用できます。そのため、シーンに合わせて保険適用の有無を決め、賢く利用して介護の負担を軽減させましょう。

こんなお悩みございませんか

  • 何を調べたらいいかわからない!
  • いろいろ見てもどの施設がいいのかわからない!
  • ネットに掲載されている情報だけでなく、施設の実態を知りたい!

相談員にお任せください!

事前相談から入居まで、親身にサポートします。
ご家族含めて納得できる施設に出会えるよう、お手伝いさせて頂きます。

ケアスル 介護