理想の施設が見つかる有料老人ホーム検索サイト
ケアスル 介護
更新日:

介護で高齢者を入浴させるときの注意点とは?ステップ別に徹底解説

介護で高齢者を入浴させるときの注意点とは?ステップ別に徹底解説

自宅で介護をする際には、家族や配偶者が入浴のサポートをしなければならないこともあります。入浴は介護において非常に重要なものであり、これを行う際にはさまざまな注意点があります。

介助を必要としない人にとって、入浴は当たり前のもので特に気をつける点もありませんが、サポートが必要な高齢者にとってはそうではないことは理解しておかなければなりません。入浴介護のステップや注意点などを把握して、自宅での介護をスムーズに行いましょう。

入浴する目的とは

そもそもなぜ入浴が必要なのか、この目的から知っておきましょう。健康な人にとっては入浴は当たり前のものであり、その目的を考えたことがないという人も少なくありません。

介護を必要とする人にとっても入浴は当たり前のものですが、心身の健康を保つためにも重要な役割を果たします。どのような目的があるのかを知ることで、入浴の重要性や効果を知ることができ、介護の際にも役立つでしょう。

清潔に保つことで病気から身を守る

入浴の大きな目的は体を清潔に保つことであり、これによって病気から身を守ることができます。体をきれいにして身だしなみを整えるという目的はもちろん、介護される人にとっては感染症のリスクを回避するためにも、入浴が重要であることは理解しておきましょう。

入浴には体についた汚れや細菌を落とす効果があり、これによって感染症や炎症などを防ぎます。もし切り傷や擦り傷など、小さな傷があって体に汚れや細菌が残っていると、これが原因で感染症などになってしまうことも少なくありません。

体の動きが制限されることが多い高齢者だからこそ、介護者のサポートによって清潔な状態を保つことは重要であり、入浴は健康に過ごすための第一歩といえます。

心身向上とメンタルケアにつながる

心身機能の向上やメンタルケアにつながることも、入浴を行う大きな目的です。ゆっくりと湯船に浸かってリラックスすることで、ストレスの解消につながり、メンタルケアに役立ちます。

体を温めることで血行が良くなり、血液の循環を促進することで、心身機能の向上も目指しやすいです。リラックスして入浴することで副交感神経が刺激され、ストレス解消だけではなく、睡眠不足の解消につながることも少なくありません。

自宅でできる行為の中で、入浴は特にリラックス効果が高く、健康な日常を過ごすために一役買ってくれることも多いでしょう。

介護入浴時の注意点

通常の入浴とは違って、介護入浴をする際にはさまざまな注意点があります。これを怠ると感染症の予防やリラックス効果が得られないだけではなく、介護される人にストレスを与えてしまうことがあります。

また、間違った入浴方法だと、健康被害を及ぼしてしまう可能性もあるため、注意しなければなりません。介護入浴は入浴前と入浴中、入浴後の3つのポイントで注意点があるため、これらを把握しておくことが大切です。

入浴前のチェックポイント

介護の際には、入浴前に次のポイントを確認しておきましょう。

  • 身体に異変がないかを確認する
  • 体調不良の場合には入浴をやめる
  • 脱衣所や浴槽内の状態を確認する
  • 自分でできる部分は任せる

これらのポイントをチェックしてから、入浴の準備を進めることが大切です。

身体に異変がないかを確認する

まずは入浴前に身体に異変がないかを確認しておきましょう。入浴の際には頭からつま先までくまなく確認でき、日常でここまで全身をチェックできるタイミングはありません。

そのため、ケガや傷がないか、体が乾燥していないかなどは、細かくチェックしておきましょう。傷がある場合はガーゼやばんそうこうを貼るなどで対処し、水がしみないように配慮しておくことも大切です。

体調不良の場合には入浴をやめる

入浴は毎日行い、体を清潔にしたり、心身のケアをしたりすることは大切ですが、必ずしも行う必要はありません。体調が悪い場合に無理に入浴をする必要はなく、無理をすることで体に負担をかけてしまうこともあります。

傷がひどかったり、熱が出ていたりする場合は入浴は控えて、体を拭くなどで対処したほうが良いでしょう。健康を維持するには入浴は重要ですが、無理をして体調を悪化させると元も子もないため、難しい場合は体調が整ってからにすることがおすすめです。

脱衣所や浴槽内の状態を確認する

本人の状態だけではなく、脱衣所や浴槽内の状態を確認しておくことも大切です。脱衣所や浴室が寒くないか、水で滑りやすくないかなどは必ず確認しておきましょう。

脱衣所と浴室の温度が低いと、リビングなどとの室温の違いによって、ヒートショックを引き起こしてしまうことがあります。そのため、ヒートショックを防ぐためにも、脱衣所や浴室は事前に温めておき、リビングなどとの温度の差ができないようにしておきましょう。

また、脱衣所や浴室が滑りやすくなっている場合は、床を拭いておき転倒のリスクを回避することも重要です。床の材質によっては滑りやすいこともあるため、この場合はリフォームで滑り止めをつけたり、滑りづらい材質に変更したりすることがおすすめです。

自分でできる部分は任せる

入浴の介護と考えると、全部を介護者が行わなければならないと思う人もいますが、自分でできる部分は本人に任せることが大切です。本人に任せることで、日常動作の訓練にもなり、身体機能の維持や向上にもつながります。

また、局部など家族であっても洗ってもらうのは恥ずかしい部分は、本人に任せるようにしましょう。どうしても洗えない場合を除いて局部などは本人が洗うようにしたほうが、お互いにストレスを抱えづらいです。

入浴時のチェックポイント

介護の入浴では、入浴時もチェックしておきたいポイントがいくつかあります。

  • ゆっくりと椅子に座る
  • 頭からしっかりと洗い流す
  • 体はスポンジなどで優しく洗う
  • ゆっくりと浴槽につかる

これらのポイントを把握して、入浴時の注意点も理解しておきましょう。

ゆっくりと椅子に座る

転倒のリスクを回避するためにも、椅子にはゆっくりと座ってもらうようにしましょう。足腰が弱っていると、椅子に座るだけでも苦労することが多く、体を支えきれずに転倒してしまうことも少なくありません。

体を支えながら椅子に座ってもらったり、手すりがついているならそれにつかみながら腰を下ろしてもらうことが大切です。きちんと椅子に座り、安定したことを確認してから、ゆっくりと足元からお湯をかけていきます。

頭からしっかりと洗い流す

足元からお湯をかけて体が温まってきたなら、頭からしっかりと洗い流していきましょう。最初に頭からお湯を浴びると、急激な温度変化で体に不調をきたしてしまうこともあります。

頭を洗うときには指の腹を使い、優しくこすりましょう。この際に力を入れすぎたり、爪を立てたりすると、頭皮を傷つけてしまう可能性があるため、注意しなければなりません。

シャンプーを使って頭を丁寧に洗い、すすぎは念入りに行いましょう。シャンプーが残っていると頭皮の荒れにつながってしまうこともあるため、洗い流しがないように丁寧に行うことが大切です。

体はスポンジなどで優しく洗う

体を洗う際にも優しくすることを心がけ、柔らかいスポンジを使いましょう。硬いスポンジを使ったり、強くこすったりすると、皮膚に傷をつけてしまう可能性があります。

傷ができると、そこから細菌が入ってしまうこともあるため、注意しなければなりません。できるだけ優しく洗うことを意識して、体を傷つけないようにしましょう。

ゆっくりと浴槽につかる

体を洗い終えたら、浴槽につかります。浴槽につかる際もゆっくりと動いてもらうように体を支えておきましょう。勢いよくつかると浴槽の中で溺れてしまったり、その際に転倒して頭を打ってしまったりする危険性があります。

浴槽に入る前には体にお湯をかけて温度にならしておき、のぼせないようにつかる時間は短めにしておきましょう。お湯の温度にもよりますが、体への負担を減らすためには、5分程度にしておくことがおすすめです。

入浴後のチェックポイント

介護の入浴では、入浴後にも注意しておきたいポイントがあります。次の点には特に注意して、万全のケアを行いましょう。

  • 体の水分をしっかりと拭き取る
  • 椅子に座りながら着替える
  • 水分補給をしっかりと行う
  • 塗り薬などを塗る
  • 異常がないか確認する

これらの点を確認しておかないと、体調不良につながってしまう可能性もあるため、注意しなければなりません。

体の水分をしっかりと拭き取る

お風呂から上がった後は、体の水分をしっかりと拭き取り、水が残らないようにしましょう。このときに水が残っていると、肌が乾燥してしまうため注意が必要です。また、足の裏がぬれていると、転倒するリスクが高いため、この点も覚えておきましょう。

高齢者は少しバランスを崩しただけでも転倒する可能性があります。また、体がぬれたままだと冷えやすく、急激な温度変化で体調を崩してしまうこともあります。さまざまなリスクを回避するためにも、体は念入りに拭くことを心がけましょう。

椅子に座りながら着替える

入浴後に着替える際には、椅子に座りながらがおすすめです。お風呂に入って体が温まっていると、血圧が上がっていてふらついてしまうことも多いです。立ったまま着替えをすると、転倒してけがをする可能性があるうため、この点には注意しましょう。

椅子は肘掛や背もたれがあるものがおすすめであり、できるだけ安定するものを選ぶことが大切です。また、万全を期すなら誰かに椅子を押さえてもらいましょう。2人いるなら椅子や体を支える人と、着替えを手伝う人で役割を分担すると、より安全に着替えができます。

水分補給をしっかりと行う

入浴後は汗をかいていて水分不足になっていることも多いため、水分補給はきちんと行いましょう。水分が不足していると頭痛や体調不良などを引き起こしてしまう可能性があります。特に夏場はお風呂に入る前から汗をかきやすく、脱水症状になっていることもあります。

そのため、お茶や水を飲むことはもちろん、汗をかいているようならスポーツドリンクを飲むことがおすすめです。ただし、スポーツドリンクは塩分や糖分が多いため、飲み過ぎには注意しなければなりません。

塩分や糖分は食事からも十分に摂れるため、無理にスポーツドリンクを飲まなくても良いでしょう。もし脱水症状になっている場合は、そのときだけスポーツドリンクや経口補水液などを飲むことがおすすめです。

塗り薬などを塗る

肌荒れなどを防ぐには、入浴後に塗り薬は忘れずに塗りましょう。塗り薬を忘れてしまうと傷が治らなかったり、肌が荒れてそこから傷ついてしまったりすることもあります。また、塗り薬が必要ない場合でも、保湿をしておくことは大切であり、肌の状態を整えておくようにしましょう。

薬を塗ったり、保湿をしたりした後は、爪切りをしておくこともおすすめです。入浴後は爪が柔らかくなっているため、爪切りもスムーズにしやすいです。硬い状態で爪を切ると、力が必要であり、介護するほうにも労力がかかってしまいます。

爪が伸びていると、爪の間に汚れがたまってしまい、そこから感染症のリスクなどが生まれてしまう危険性があります。また、爪が伸びていると服にひっかけてしまい、爪が割れたり折れたりすることも少なくありません。

身だしなみを整える意味もありますが、生活における小さなリスクを回避するためにも、入浴後のタイミングで爪が伸びすぎていないか確認しておくことが大切です。

異常がないか確認する 

入浴後は入浴前と同様で、体に異常がないかを確認しておきましょう。全身をチェックして傷やあざなどがないかは確認しておくことが大切です。入浴中は浴槽に体をぶつけてけがをすることもあるため、着替えの際に全身をくまなく確認しておきましょう。

また、体に傷があるかだけではなく、血圧や体温などを測り、健康管理をしておくことも大切です。血圧や体温が高すぎないか、あるいは低すぎないかはきちんとチェックしておきましょう。

血圧や体温は毎回測定して、記録をつけておくことがおすすめです。日々計測した情報を蓄積しておくことで、数値にぶれがある際には何か異常があるのではないかということがわかります。

入浴は体に負担がかかってしまうことも多いため、健康な状態をキープするためにも、入浴前以上に念入りな状態の確認が必要です。

入浴介護には細かい注意点があることを把握しておこう

入浴の介護をする際には、さまざまな注意点があります。注意点を正しく守れていないと、適切な介護ができないだけではなく、介護される人がけがをしてしまう危険性があります。また、自分自身もけがをするリスクがあるため、ポイントを押さえて介護に臨まなければなりません。

介護はする側もされる側もストレスを感じてしまうことがあり、心身ともに疲れて共倒れになってしまうこともあります。スムーズに介護をするためにも、細かいポイントを押さえておくことが大切です。

入浴は日々の疲れを癒したり、清潔な状態を保って心身ともに健康を目指したりするためには重要です。注意点は正しく把握しておき、入浴介護を安全に行いましょう。

こんなお悩みございませんか

  • 何を調べたらいいかわからない!
  • いろいろ見てもどの施設がいいのかわからない!
  • ネットに掲載されている情報だけでなく、施設の実態を知りたい!

相談員にお任せください!

事前相談から入居まで、親身にサポートします。
ご家族含めて納得できる施設に出会えるよう、お手伝いさせて頂きます。

ケアスル 介護