日々の介護を便利にするサポートサービス

株式会社リンクジャパン(本社:東京都港区、代表取締役:河千泰 進一、以下「リンクジャパン」)は国内初のIoT専門企業として設立し、スマートホーム 自社製品・他社製品をOneAppで管理&操作、在宅ヘルスケア オンライン診療・家族の介護、ホームエネルギーマネージメント AI×IoTで住宅エネルギーをスマートにをメッセージとしてHome OS、HomeLinkサービスを提供しています。

質問に答えるだけで
ピッタリの施設をご紹介
step1
step2
step3
step4
step5

サービス概要

サービス名:在宅ヘルスケアサービス「eMamo Home」
URL:https://linkjapan.co.jp/service/emamo/
「eMamo Home」はシニア向けマンション・在宅介護を対象として、1室あたりのスマートホームヘルスケアパッケージとして提供しています。

介護での活用シーン

  • 億劫な行動も容易に
    スマホの遠隔操作や入眠状況でエアコンやカーテンを操作できるため、足腰の負担なく自分の環境に合わせて自由にカーテンの開閉や温度設定・照明設定が可能に
  • 介護者の見守りに
    スマホを通して、遠方のご家族や介護者のお部屋状況・人感・扉の開閉の確認ができ、異常な温度や長期間の無反応状態、外出をしている等が把握可能に
  • 連携サービスの活用で外出が必要だったサービスもおうちで可能に
    配食サービス、遠隔診療サービス、コールセンター安否確認サービス、処方箋の配達など、外出しないと受けれないようなサービスもおうちで利用が可能なので移動時間や交通費の削減にもつながります。
    (サービス準備中含む)

実際に活用することで様々な不安から解消されます。
買い物に行っているときに家に一人でいさせるのが不安、毎日の親の生活状況が心配、介護従業員の夜間の見回りが負担、といったご自身の心理的負担となることが軽減されます。また、マンション等に導入することにより、家族と暮らさずとも倒れた時の早期発見や自立的行動、高齢者の賃貸リスクも減らせ、最近ではアクティブシニア向けマンションも広がっています。

サービスの特徴

eMamo(イーマモ)はAIとIoT技術を駆使し、高齢者ヘルスケアに必要なあらゆる製品とサービスを一本化する事により、介護効率、見守り、自立支援をサポートするIoTプラットフォームサービスです(PaaS)。
その中でも「eMamo Home」は在宅向けの1室パッケージとして提供します。
利用者はスマートホームでの利用、介護者は利用者の見守りとしての利用、両者にとってメリットのあるサービスです。

アクティブシニア向けマンション「シニアテックマンション」
https://seniortechmansion.com/

IoT介護付有料老人ホーム
https://www.kuraci.co.jp/house/famila/hikarigaokakoen/

今後に向けて

IoTPaas企業としてのノウハウを活かし、各メーカーのIoT化の協力、ユーザビリティの向上、スマートホーム・ヘルスケア領域へのさらなる拡大と将来的にガス・電気・水道を利用したエネルギーマネージメント分野への取り組みを行っていき、これからもIoTで社会課題解決とスマートライフの実現を目指して参ります。

会社情報

社名  :株式会社リンクジャパン
事業概要:IoTプラットフォーム事業に関わる全ての製品・サービスの提供。
アプリケーション・クラウド・IoT通信モジュール・LPWA技術関連製品の開発と提供。
ビッグデータとAI活用を前提としたスマートライフサービス、見守りサービスの開発。
所在地 :東京都港区芝四丁目7番1号 西山ビル6F
URL  :https://linkjapan.co.jp/

【提供サービス】

不動産業界スマートホームサービス「eLife」(https://linkjapan.co.jp/elife/
医療福祉業界ヘルスケアサービス「eMamo」(https://linkjapan.co.jp/service/emamo/
水道検針・請求支払いサービス「eMeter」
スマートホーム化IoTチップ開発

質問に答えてピッタリの施設をご紹介
施設探しスタート