理想の施設が見つかる有料老人ホーム検索サイト
ケアスル 介護
更新日:

有料老人ホームの種類はどんなものがある?特徴や選び方など徹底解説

有料老人ホームの種類はどんなものがある?特徴や選び方など徹底解説

「有料老人ホームという言葉は聞くけど、いまいちよくわかっていない」という方も多いのではないでしょうか。また、「介護付き」や「サービス付き」など似ていて区別がつかない人もいるかと思います。

本記事では、有料老人ホームの種類と自分に合った施設の選び方のコツについて解説しています。

有料老人ホームの種類

まずは、4つの有料老人ホームの特徴をそれぞれ解説します。

介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームは、運営・設備・人員の基準を合格し、介護保険制度上の「特定施設(特定施設入居者生活介護)」の指定(認定)を都道府県または各市区町村から受けている高齢者施設を指します。

24時間体制で介護スタッフを常駐させること、日中は看護師・准看護師を配置しなければいけないなど義務づけられており、介護サービスはその施設のスタッフが行うので質の高い介護が受けられます。

特徴 特定施設の指定を受けている高齢者施設 メリット

24時間体制で介護スタッフが常駐

日中は看護師・准看護師を配置

デメリット 訪問介護やデイサービスなどの介護サービスは利用できない

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームは、食事や掃除などの生活サポートサービスを受けることができる高齢者施設です。

レクリエーションやイベントなどが充実しており、生活の中に楽しみを見つけやすいのが魅力です。施設内には介護スタッフが常駐していないため、介護を必要とした際には外部の介護サービスと契約し利用します。

特徴 食事や掃除などの生活サポートサービスを受けられる高齢者施設 メリット 介護サービスは外部と契約のため、必要な介護サービスを必要な分だけ受けられる デメリット 介護度が高くなると、退去しなければいけないケースが多い

健康型有料老人ホーム

健康型有料老人ホームは、主に自立して生活ができる方が利用できる高齢者施設です。

比較的元気でも家事のサポートなどがあると嬉しい人などに向いています。サービス面では食事や掃除、洗濯などの生活サポートサービスを受けることができます。

特徴 自立して生活できる人が利用できる高齢者施設 メリット サークル活動やイベントなどが豊富 デメリット 介護度が高くなると、退去しなければいけないケースが多い

サービス付き高齢者住宅

サービス付き高齢者住宅は、安否確認と生活相談サービスが提供されている高齢者住宅です。

施設設備は国の基準によりバリアフリー構造になっていて、レストランやシアタールームなどを設置している住宅もあります。

特徴 安否確認と生活相談サービスが提供される高齢者住宅 メリット 家を借りる際、高齢者という理由で断られる心配がない デメリット 看護師が常駐していないところもある

有料老人ホームの暮らし

有料老人ホームは、食事介助・入浴介助・排泄介助・部屋の清掃・衣服の洗濯など介助を必要とする、要支援・要介護認定が下りた方が介護サービスを受けられる施設です。それでは、有料老人ホームの特徴について、深堀していきましょう。

有料老人ホームの居室の広さと設備

有料老人ホームはプライベートスペースと共用スペースがあり、床面積や廊下幅、入居者のサポートをするための各部屋が設けられ基準が決まっています。

居室スペースの床面積(個室) 13平方メートル以上(一人当たり) 廊下幅 1.8m以上 共用設備 トイレ、浴室、食堂、洗面所、介護・看護職員室、汚物処理室、健康管理室、娯楽施設、応接室など

原則、バリアフリー構造で、スプリンクラーや緊急通報装置などの設置義務もあります。上記の基準以外にも各施設の特色によって様々な設備を整えています。

例えば、介護付き有料老人ホームは特定施設の指定を受けていることもあり、健康管理室や機能訓練室など医療と介護の設備にも注力しています。

住宅型有料老人ホームや健康型有料老人ホームでは、費用にもよりますが広々とした居室スペースや共用スペースに大浴場やゲストルームなどを設けている施設もあります。

サービス付き高齢者向け住宅に関していうと、居室スペースの床面積は原則25平方メートル以上と決められており、共用スペースにはレストランやカラオケルームなどを設置している施設もあります。

有料老人ホームの1日の流れ

サービス付き高齢者向け住宅では、利用するサービスは本人が決めるため、時間割も自分で決めやすく、外出や外泊の制限もあまりないため自由度は高くなっています。

一方、介護付き有料老人ホームや住宅型有料老人ホームなどはほとんどの場合、入居者ごとに作成されたケアプランに沿って1日のスケジュールが決まっています。

起床~就寝までに、入居者は食事や入浴、リハビリなどを行い過ごしています。

食事

食事は1日3回朝・昼・晩とあり、おやつを楽しむ人もいます。

老人ホームなどの食事について「味が薄くてまずそう」というイメージを持っている人も中にはいるかと思いますが、最近では、食事の質についても重要視している施設が多くあります。

かみ砕く力や飲み込む力が弱くなると、食欲の低下につながる可能性があるため、利用者の状態に合わせた食事の工夫、彩りや香りなどを大切にすることで食欲増進させる目的もあります。

老人ホームの食事は主に「高齢者食」と「介護食」があります。

高齢者食は、かむ力が衰えるなどの身体的変化にも対応できるように一口サイズに切ったり、包丁で繊維を切り柔らかさを出すなど工夫された食事です。

高齢者食を食べることが難しい場合は、介護食になります。食材を細かく刻んだり、ミキサーにかけたり、食材を舌などで潰せる程度まで柔らかく煮込んだ食事があります。

かむことが難しい場合や飲み込みの力が弱くなり、誤えんの可能性がある場合など、入居者それぞれの状態を踏まえて食事提供をしています。

他にも、毎日の食事以外にも季節ごとの行事食や外食、入居者本人が献立の中から食事を選べるセレクト食を取り入れてバリエーションを豊富にしたり、飽きずに食生活を送れるよう工夫している施設もあります。

サービス付き高齢者向け住宅の場合、基本自炊をするため食事提供などのサービスは別途契約の必要があります。

入浴

入浴の回数は国が定めた基準で最低週2回と決まっています。設備基準などがクリアしたうえで施設ごとで回数も決まっており、週3回~の施設もあります。

入浴するうえでほとんどの施設が行っていることは、その日の体調確認です。自立した人でも、入浴中の怪我や事故などが多く、確認することで事故を未然に防ぐ目的があります。

また、入浴方法は介護が必要かどうかで決められています。自立して生活ができる人は、1人で自由に入浴できる施設もあれば、体調を確認し、安全確認を行っている施設もあります。

要支援・要介護の人の入浴には必ず介護スタッフが付き添い、入居者が難しい部分のサポートをします。

浴槽の種類も色々とあり、介護を必要とする人でも安心して入浴できるようなつくりになっています。車いすからリフトに移動して入浴するリフト槽や、寝たままで利用できる機械槽も導入されています。

大浴場などを設置している施設もあり、自由に入浴を楽しみたいという方は施設に確認してみましょう。

リハビリ

介護付き有料老人ホームでは、理学療法士や作業療法士などの施設スタッフが直接リハビリサービスを行います。場合によっては、巡回している専門員のときもあります。

住宅型有料老人ホームや一般型のサービス付き有料老人ホームで専門員によるリハビリを受けるには、訪問リハビリなどを個別で利用する必要があります。

レクリエーション

有料老人ホームでは、日々レクリエーションや体操などに取り組んでいます。回数などは各施設ごとに異なるので参加できるか確認が必要です。

レクリエーションや体操を行うことによって、身体機能の向上または維持、脳の活性化、コミュニケーションの場を設ける役割など様々な意味合いがあります。

レクリエーションでは、スタッフが企画したゲーム大会など、楽しめる企画やリラクゼーション企画、季節を感じられる企画など1年を通して行われます。

有料老人ホームの種類ごとの入居条件と費用

入居条件と費用は施設ごとに、年齢や介護の度合いで異なる場合があります。

介護の度合いは自立・要支援・要介護と表記されます。介護サービスを利用するためには要介護認定に申請し、要支援か要介護の判定結果が出ると介護サービスが利用できます。

要介護認定の区分は要支援1,2と要介護1~5です。この数字が高いほど介護の必要性が高いと判断されたことになります。つまり、要介護5だと寝たきりなどの状態であり、手厚い介護が必要になるということです。

介護は必要ないと判断された場合は非該当(自立)と表記されます。

前置きが長くなってしまいましたが、次にそれぞれの入居条件と費用を見てみましょう。

入居条件

まずは、有料老人ホームの種類別に入居条件を見てみましょう。

介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームは「介護専用型」「混合型」に分類されており、要介護度によって異なります。

介護専用型の場合、原則65歳以上で要介護1~5の人が対象で、混合型は、原則65歳以上で自立~要介護5の人が対象です。

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームの入居対象は原則65歳以上で自立~要介護(軽度)の人です。

また入居する際に、施設によって基準が様々で、伝染病の有無や身元引受人がいるかなど聞かれる場合もあります。

健康型有料老人ホーム

健康型有料老人ホームの入居対象は原則60歳以上の自立~要介護(軽度)の人です。

基本は自立した人が入居できる施設なので、要介護状態になった場合は退去しなければいけないケースが多いです。

サービス付き高齢者住宅

60歳以上、または要介護認定を受けた60歳未満の人が入居対象です。

「一般型」と「介護型」で分けられており、一般型は自立~要介護(軽度)の人までで、介護型は自立~要介護5まで入居できます。基本、介護型であれば認知症の人も受け入れ可能です。

また、入居の際に気になる「身元引受人・身元保証人」ですが、ほとんどの老人ホームでは身元引受人・身元保証人が必要です。

しかし、1人暮らしをしていて頼れる人がいないなど様々な理由から入居を諦めてしまう方も、中には少なからずいるかもしれません。

最近では、「保証人の相談可能」としている老人ホームもあるので、実際に相談してみたり、民間の代行サービスを利用するなど対応ができる可能性もあります。

まずは、諦めずに保証人の相談に乗ってくれる施設を探してみましょう。

費用

有料老人ホームの入居にかかる費用は大きく分けて、入居一時金と月額利用料の2種類です。また、施設ごとに費用は変わるので、事前に確認しましょう。

介護付き有料老人ホーム

入居一時金 0~数千万円 月額利用料 15~30万円

月々の支払いには、月額利用料の他におむつ代などの日用品費などもかかります。また、介護サービス費は月額利用料の中に含まれます。

住宅型有料老人ホーム

入居一時金 0~数千万円 月額利用料 12~30万円

月々の支払いには、月額利用料の他におむつ代などの日用品費などもかかります。

介護サービス費は必要な分だけ本人が契約できるので、個々で異なります。

健康型有料老人ホーム

入居一時金 0~数億円 月額利用料 10~40万円

その他にも、理美容費など別途で費用がかかります。他の老人ホームと比べると高額になり、費用面で余裕がないと利用は難しそうです。

また、付属した介護サービスはなく、要介護状態になった際は退去しなければいけないケースが多いので注意が必要です。

サービス付き高齢者住宅

入居一時金 数十~数百万円 月額利用料 5~25万円(一般型の場合)

その他に必要な費用は、一般型の場合、食費や医療費などがかかります。

介護型では他の施設同様、月額利用料に食費も含まれるため少し高くなり、おむつ代などの日用品費といった費用もかかります。

自分に合う有料老人ホームを選ぶ方法

4つの有料老人ホームを紹介しましたが、一体自分に合う老人ホームをどうやって見分ければよいのでしょうか。ここからは、有料老人ホームをどのように選べばよいのかについて解説していきます。

現在の状況・希望条件を整理する

まずは、現状での要介護度や年金の受給額、資産はどれくらいなのか把握しておきましょう。介護の度合いによって入れる施設と入れない施設が出てきます。

また、施設に入居する際の支払方法を事前に考えておくことで「費用が足りなくなってしまった」などのリスクを回避しやすくなります。

他にも、希望条件を整理しておくことでケアマネージャーなどに、どんな施設に入りたいのか本人の気持ちを伝えやすくなります。

施設選びは選択肢も多くなかなか探すことが難しいため、希望条件の中で優先順位をつけておくと選びやすくなります。

情報収集

次に情報収集を始めましょう。

現在の状況・希望条件を整理したことで、なんとなく行けそうな施設が出てきたと思います。例えば、65歳以上で要介護1以上の人なら介護付き有料老人ホームの入居条件に当てはまります。

情報収集の仕方ですが、今は介護関連のサイトが多数あり、地域検索ができたり比較もしやすくておすすめです。

他にもケアマネージャーに希望条件を伝え、条件に合った施設を紹介してもらうこともできます。気になる施設があればパンフレットを取り寄せ、サービス内容や費用なども確認しておきましょう。

見学・体験入居

パンフレットや紹介などで気になるところがあれば見学、または体験入居しましょう。

パンフレット上では希望条件に合っていても、実際に行ってみると施設の雰囲気や施設のスタッフが本人に合わないこともあります。

見学や体験入居して本人が快適に過ごせる施設だと判断できれば、家族も本人も安心して利用しやすくなります。

また、入居前には、重要事項説明書をよく読み、後々トラブルが起きないように必ず細部まで確認しましょう。

有料老人ホームの情報収集は早めにはじめよう

現在は有料老人ホームと一口に言っても、多種多様な施設があり選ぶまでに労力と時間を要することがあります。

将来、老人ホームに入居する可能性があると考えている人は、本人が自立して生活できている段階から少しずつ話し合いをして、情報収集を始めておくことをおすすめします。

もし、気になる施設やいまいちよくわからない事項などがあれば担当のケアマネージャーにも相談してみるといいでしょう。

施設選びには焦らず、ゆっくりと冷静に選ぶ時間が必要です。

こんなお悩みございませんか

  • 何を調べたらいいかわからない!
  • いろいろ見てもどの施設がいいのかわからない!
  • ネットに掲載されている情報だけでなく、施設の実態を知りたい!

相談員にお任せください!

事前相談から入居まで、親身にサポートします。
ご家族含めて納得できる施設に出会えるよう、お手伝いさせて頂きます。

ケアスル 介護