理想の施設が見つかる有料老人ホーム検索サイト
ケアスル 介護
更新日:

老人ホームでイベント|おすすめイベントや目的などを解説

老人ホームでイベント|おすすめイベントや目的などを解説

老人ホームでは日常的な介護サポートが行われているだけでなく、定期的にイベントも開催されています。イベントの開催によって入居者に楽しんでもらい、生きる活力や意欲を高めてもらうことが大きな狙いです。

イベントにはさまざまな種類があり、老人ホームごとに特徴的な催しをしていることも少なくありません。どのようなイベントが実施されているのかだけではなく、イベントを行う目的も知り、老人ホームでの介護について理解を深めていきましょう。

季節を感じられるイベント

老人ホームでのイベントは、季節ごとに行われることが多いです。その季節のイベントを行うことで、季節の移り変わりを体感してもらい、日常の変化を楽しんでもらえます。

また、季節ごとにイベントがあると、春夏秋冬どのシーズンでも楽しみを見つけやすく、次のイベントを心待ちにしているという人も少なくありません。年間を通して楽しみができるという点でも、季節ごとのイベントは魅力的です。

主な年間イベントスケジュール

老人ホームによってどのようなイベントを行うかは異なりますが、主な年間スケジュールとしては、次のものがあげられます。

月 イベント 1月

初詣

新年会

七草がゆ

鏡開き

2月

節分

バレンタインデー

3月

ひな祭り

ホワイトデー

お彼岸

4月 お花見 5月

端午の節句

母の日

6月 父の日 7月 七夕祭り 8月 納涼祭 9月

十五夜敬老の日

10月 運動会 11月 紅葉狩り 12月

冬至

クリスマス会

年越し

毎月何らかのイベントがあるため、これを心待ちにしている人は少なくありません。また、季節に関係なく、年間を通して行われるものとしては、入居者の誕生日会や外食などのイベント、音楽会や芸能を楽しんでもらう落語会などがあげられます。

季節感のあるイベントはもちろん、通年で行われるイベントもあるため、老人ホームではさまざまな行事が楽しめます。

春のひな祭り

春のイベントとして代表的なものが、ひな祭りです。ひな人形を飾ることで季節感を演出でき、春の訪れを実感できる点が魅力です。また、ひなあられを食べたり、お茶や温かい甘酒を飲むなど、食事に結び付けるイベントも人気があります。

他にも近隣に幼稚園などがある場合は、子どもたちを招いて一緒にイベントを楽しむこともあります。ひな祭りとはどのようなものか、子どもたちに教えたり、お礼として歌やダンスなどを披露してもらったりすることもあるでしょう。

ひな祭りは内容次第で男性も参加でき、性別を問わずに楽しめることも特徴です。ひな祭りに関連した食事やゲームなど、誰もが楽しめる内容を選ぶことで、入居者全員が参加できます。

夏の夏祭り

夏はお祭りを楽しみにしている人が多く、施設内や庭などを利用して、夏祭りを実施します。夏祭りでは盆踊りをしたり、ゲームや食事ができる簡単な屋台を出したりして、雰囲気を盛り上げます。

ヨーヨー釣りやスーパーボールすくい、くじ引きや輪投げなど、童心に戻って楽しめる内容がおすすめであり、簡単な動作で取り組めるゲームを屋台に取り入れると、特に盛り上がるでしょう。

また、食事を出す場合は安全性に考慮して、食べやすいものを選ぶことが大切です。暑い時期であれば、かき氷やアイスクリームなどの屋台を出すと入居者にも喜ばれます。

全員参加できる盆踊りは、有名な音頭を流すことで、入居者も楽しみやすいです。寝たきりの人でもお祭りの様子を見ながら楽しむことができ、知っている音頭がかかっているなら、踊れずとも口ずさむことで、一体感を味わえます。

秋の運動会

運動の秋には運動会のイベントを実施する老人ホームが多く、高齢者でも安全に取り組めるように内容は配慮して考えられています。種目は学校で行われるものと似ていますが、玉入れ競争のかごを低くしたり、安全性を考えて玉を風船に替えたりするなど、さまざまな点に留意して行います。

また、入居者の身体状況に合わせて種目は選ぶ必要があり、身体機能が低下した人も参加できる内容を考えることが大切です。運動会はテントを立てて日よけを作ったり、見ているだけでも楽しいように装飾を作ったりするなど、さまざまな配慮のもとに開催されます。

冬のお正月

お正月は年末から年始にかけて行われる一大イベントであり、何日もかけて楽しめる点が魅力です。年末には年越しイベントを行い、入居者全員で紅白歌合戦を見たり、年越しそばを食べたりしてゆったりとした時間を過ごします。

お正月には、外出ができるなら初詣をしたり、書初めや新年会の余興などイベントは盛りだくさんです。おせち料理など食事の楽しみもあり、イベントが満載の年末年始は1年でも特に盛り上がるタイミングといえるでしょう。

行事食を楽しめる施設もある

老人ホームのイベントは、ただ季節ごとの行事に取り組むだけではなく、その季節ならではの行事食を楽しめることもあります。例えば、春にはひな祭りでのちらし寿司、夏祭りなら屋台の食べ物やかき氷、秋には栗や柿など季節の果物、冬はクリスマスケーキや年末の年越しそば、年始のおせちなどがあげられます。

行事食は美味しく食べられるだけではなく、普段とは違う特別な料理が出ることで刺激にもつながる点が特徴です。見た目も華やかな行事食なら、食べる楽しみも得やすく、次の行事食が待ち遠しいと感じる人も少なくありません。

食事が楽しみになることで、日々生きる活力の元となり、心身ともの健康を目指せるでしょう。また、高齢者は食が細くなることも多いですが、行事食で季節感を味わえることにより、食欲増進効果が見込めることもあります。

食べることは生活の基盤となり、単に栄養を摂取するだけではなく、生きがいとしても重要な役割を果たします。

地域の方も参加できるイベント

老人ホームのイベントは施設内で完結するものだけではなく、地域の方も参加できる内容で実施されることもあります。地域の人が参加することで、さまざまな世代と交流でき、これが刺激となって良い影響を及ぼすことも少なくありません。

特に地域密着型の老人ホームでは、地域交流のイベント開催に力を入れていることも多く、施設内だけでは味わえないさまざまな楽しみを提供しています。

バザーを行って地域交流

地域で行われるバザーは、老人ホームで行われることもあります。地域の人がバザーを開いて、売っているものを購入できるだけではなく、老人ホーム側でも商品を用意して、販売することもあります。

特にレクリエーションに力を入れている施設では、バザー用の商品を作ることも多いです。簡単にできる編み物やアイロンビーズなど、レクリエーションで作ったものを販売できることで、誰かの役に立てている、社会の一員であるといったことを再認識できる効果があります。

また、バザーで売り買いをするかは別にして、商品を見ながら地域の人と交流することで、コミュニケーション能力の維持や向上効果も期待できます。施設内にいるだけでは社会とのつながりが薄れやすいですが、地域の人との交流できることで、社会性が保たれる点も大きな特徴です。

ひな祭りや夏祭りなどで異世代と交流

お祭り形式で行われるイベントなら、近くの幼稚園や小学校の子どもたちを招いて、異世代交流ができます。ひな祭りや夏祭りなら、子どもたちも楽しみやすく、子どもと触れ合うことで高齢者も楽しむことができます。

また、お祭りに招いてもらったお礼に、子どもたちから感謝の手紙をもらったり、歌やダンスを披露してもらったりするなど、地域交流が図れることも魅力の1つです。

異世代交流は刺激にもつながり、小さな子どもたちと触れ合うことが癒しになり、ストレスが解消できることもあるでしょう。

イベントやレクリエーションを行う理由

そもそもなぜ老人ホームではイベントやレクリエーションを行うのかですが、これにはさまざまな理由があります。イベントやレクリエーションを実施する理由としては、主に次の3つがあげられます。

  • コミュニケーション能力の向上
  • 脳を刺激し活性化を図る
  • 身体機能の維持や向上

これらを目的としてイベントやレクリエーションが行われており、心身の健康を促進するために役立つことは覚えておきましょう。

イベントとレクリエーションの違い

まずは、イベントとレクリエーションはどのような点で異なるのかを知っておきましょう。それぞれ行う目的は上記3つで共通していますが、実施されるタイミングや頻度が異なります。イベントは季節ごとに行われるものであり、いわば年間行事としての位置づけです。

対してレクリエーションは日常的に行われているものであり、老人ホームによっては週に複数回など積極的に実施することもあります。イベントもレクリエーションも楽しみながら心身機能の向上や維持、ストレス解消などの目指すことが目的であり、取り組みを通じて高齢者の生活を豊かにします。

コミュニケーション能力の向上

イベントやレクリエーションでは、コミュニケーション能力の向上を目的として行われるものが多いです。イベントでは地域の人や異世代との交流を通じて、さまざまな人とコミュニケーションが取れます。

また、老人ホームのスタッフや入居者同士とも接する機会が増え、これが能力の向上に役立ちます。老人ホームに入居していると、家族や住み慣れた地域から離れることで、孤独を感じることも少なくありません。

イベントによって多くの人と交流することで孤独感を取り除き、かつコミュニケーション能力の向上により生きる意欲を高めるといった効果も期待できます。

効果が期待できるレクリエーション

コミュニケーション能力の向上が期待できるレクリエーションとしては、風船バレーや豆リレーなどがあげられます。風船バレーはチーム対抗戦で、風船をうちわであおぎ、相手のコートに落としたほうが勝ちです。1チーム2人以上で行うため、チーム内での声掛けが必要となり、勝負形式にすることで積極的なコミュニケーションも見込みやすくなります。

豆リレーはお箸で豆をつまみ、それを次の人のお皿に移していくゲームです。豆をつまむ人はもちろん、受け取るほうも落ちないようにお皿を用意する必要があり、相手を思いやって動くことがコミュニケーションにつながります。

脳を刺激し活性化を図る

脳の認知機能の維持や向上もレクリエーションの目的であり、さまざまなゲームに取り組むことで脳を刺激し、活性化を図ります。レクリエーションでは考えたり、手や指などを使ったりするものが多く、これらの行動によって脳に刺激を与えます。

高齢になると認知機能が低下して、判断力や注意力などが下がってしまうことも多いです。また、認知機能の低下が認知症を進行させてしまうこともあるため、これを予防するためにも脳の活性化は重要といえます。

効果が期待できるレクリエーション

脳の活性化を期待できるレクリエーションとしては、しりとりや折り紙などがあげられます。しりとりは最後の文字から次の言葉を考える必要があり、また「ん」がつかない言葉を考えるなどで脳を刺激できます。

単純なしりとりではなく、文字数の制限や使用できる単語を限定するなど、追加ルールをつけることで、さらに脳の活性化が期待できるでしょう。

折り紙は指先の細かい動きが必要となり、手先を動かすことで脳の活性化を図ります。昔折ったことがあるものを思い出しながら折ることで、脳をさらに刺激することができます。

身体機能の維持や向上

簡単な運動を行うレクリエーションも多く、これによって身体機能の維持や向上を目指します。老化が進むと体が動かしづらくなり、少し歩いただけでも疲れてしまうことは多いです。

身体機能の低下によって、運動の意欲が下がり、動かなくなることでさらに機能が低下するという負のサイクルに陥ることは少なくありません。

これを回避するためにも運動系の取り組みは重要であり、無理のない範囲で楽しみながら取り組むことが、運動不足の解消や身体機能の維持・向上につながります。

効果が期待できるレクリエーション

身体機能の維持や向上効果が期待できるレクリエーションとしては、ラジオ体操やパターゴルフなどがあげられます。ラジオ体操は音楽に合わせて体操をし、誰もが知っている動きであるため、取り組みやすいでしょう。

パターゴルフはパターでボールを打ち、転がしながらホールに入れるゲームです。通常のゴルフのように大振りしたり、筋力を必要としたりしないため、高齢者でも取り組みやすいです。

また、施設の外に出て、広い公園などで行うことも多いため、外出による気分の向上や開放的な場所でゲームをすることにより、ストレス解消効果も期待できます。

イベント開催の注意点

老人ホームでイベントを開催する際には、利用者の健康状況や気温などに注意が必要です。体調不良の場合は無理に参加させず、大事を取って休んでもらったほうが良いでしょう。

運動会など外で行うイベントも、気温次第では室内イベントに変更するといった対応が必要です。寒い時期も同様で、外で行うイベントは控え、温かい室内で取り組めるものを選びましょう。

ただし、室内で行う場合は新型コロナウイルスの対策が必須であり、利用者同士の距離を取ったり、こまめにアルコール除菌をしたりするなど、感染症対策は念入りに行いましょう。

老人ホームでのイベントは様々な考慮や配慮を経て行われる

老人ホームで開催されているイベントは多数ありますが、高齢者が安全に楽しめるよう、さまざまな考慮や配慮のもと実現しています。参加者全員が楽しめること、生きがいを感じられることなどが重要なポイントであり、イベントの実施には労力がかかっています。

単にイベントを開催しているなら、入居者にとってのメリットになるわけではありません。どのようなイベントがあるのか、配慮されているポイントも確認して、魅力的な老人ホームを見つけましょう。

こんなお悩みございませんか

  • 何を調べたらいいかわからない!
  • いろいろ見てもどの施設がいいのかわからない!
  • ネットに掲載されている情報だけでなく、施設の実態を知りたい!

相談員にお任せください!

事前相談から入居まで、親身にサポートします。
ご家族含めて納得できる施設に出会えるよう、お手伝いさせて頂きます。

ケアスル 介護