理想の施設が見つかる有料老人ホーム検索サイト
ケアスル 介護
更新日:

地域包括支援センターはこんな人におすすめ!役割や利用法を解説

地域包括支援センターはこんな人におすすめ!役割や利用法を解説

介護サービスを利用するなら、地域包括支援センターを利用することがおすすめです。地域包括支援センターはどのような役割を担っているのか、いかにして利用するのかなどを知っておくことが大切です。

より良い介護のサービスを受けるには、地域包括支援センターを利用しながら最適な形を見つけていく必要があります。地域包括支援センターがどのようなものなのかを知り、賢く活用しましょう。

地域包括支援センターとは

地域包括支援センターは、簡単にいえば高齢者を支えるための総合相談窓口です。対応している範囲はさまざまであり、介護や医療、保健や福祉などがあります。

介護はもちろん、医療などのサービスについての相談も可能であり、高齢者にとっては重要な存在といえるでしょう。また、高齢者の家族にとっても大切な役割を担っているため、身近に高齢者がいる場合は、利用する機会も多いです。

地域包括支援センターの主な役割

賢く地域包括支援センターを活用するには、ここがどのような役割を担っているのかを把握しておくことが大切です。主な役割としては、次のものがあげられます。

  • 健康増進や介護予防
  • 総合相談支援業務
  • 権利を守るための活動
  • 包括的・継続的ケアマネジメント支援業務

役割を知ることで、地域包括支援センターがどのような存在なのかが詳細まで理解できます。

健康増進や介護予防

要支援や要介護と認定された人を対象に、健康増進の取り組みを行うことが地域包括支援センターの役割です。その地域にいる高齢者が健康な暮らしができるようにサポートすることが、地域包括支援センターの仕事と考えて良いでしょう。

また、介護予防も役割の1つであり、支援や介護が必要にならないように、サポートをすることも仕事です。その地域にいる住民の健康を守ることが、重要な存在意義といえます。

総合相談支援業務

相談支援窓口としての存在である地域包括支援センターは、高齢者に向けての相談業務も行っています。介護はもちろん、医療や福祉などに関する幅広い相談を受け付けており、高齢者が抱える悩みや問題の解決に努めます。

ただ相談に乗るだけではなく、相談者の状況に合ったサービスや制度を紹介し、問題解決を目指すことも、地域包括支援センターの役割の1つです。

権利を守るための活動

高齢者の権利を守るための活動も、地域包括支援センターが担っている役割です。認知機能の低下によって判断能力や注意力が下がった高齢者は、金銭管理が難しくなることも少なくありません。

そのため、高齢者を狙った詐欺や金銭的な搾取が起きることも多く、この権利を守ることが地域包括支援センターの役割です。権利を守るための活動としては、成年後見制度の活用や、虐待被害の対応、防止などがあげられます。

また、高齢者の権利を奪うものを早期に発見するなどの役割も担っており、権利を守るための活動は重要な業務といえるでしょう。高齢者を狙った犯罪や搾取などによって起きるトラブルは多く、これを未然に防いだり、起きた後に素早く対処したりすることが、地域包括支援センターの仕事です。

包括的・継続的ケアマネジメント支援業務

高齢者が暮らしやすい地域づくりも、地域包括支援センターが担っている業務の1つです。対象となる地域全体の介護や医療、保健などの分野を充実させ、暮らしやすい地域を作ることは、重要な仕事といえます。

各分野の専門家と地域住民をつなぐネットワークを作ることが大きな役割であり、介護などのサービスの利用者と専門の事業者をつなぐ架け橋になると考えましょう。

専門家と地域住民をつなぐことで、よりスムーズにサービスの提供を図り、高齢者やその家族が安心して暮らせる環境づくりを行っています。

地域包括支援センターの利用はこんな人におすすめ

さまざまな業務を担っている地域包括支援センターだからこそ、どのような人に向いているのかがわからなくなってしまうことも少なくありません。そのため、上手に活用するには自分に向いているのかを把握しておくことが大切です。地域包括支援センターは、次の悩みや問題に該当する人に向いています。

  • 介護や健康のことで悩みごとがある
  • 権利や財産を守りたい
  • さまざまな相談ごとがある

これらのうちいずれかに該当するなら、地域包括支援センターを利用することがおすすめです。

介護や健康のことで悩みごとがある

高齢者が身近にいて、介護や健康のことで悩みごとがある人は、地域包括支援センターの利用がおすすめです。地域包括支援センターでは健康増進や介護予防などの取り組みをしており、これらの悩みごともスムーズに解決してくれます。

健康や介護の問題は1人で悩んでいても解決しないことが多く、悩みばかりが大きくなってしまうことも少なくありません。

また、1人で悩むことがストレスになり、身近にいる人に迷惑をかけたり、介護疲れで共倒れになってしまうこともあります。これらの問題を解決するためにも、地域包括支援センターを利用することがおすすめです。

権利や財産を守りたい

高齢者の権利や財産を守りたい場合も、地域包括支援センターを利用することがおすすめです。高齢者の権利を守る活動をしているため、これによって問題を解決できます。

判断能力が低下した高齢者では、権利や財産を搾取されることも少なくありません。これらの事態を未然に防ぐためにも、早めに地域包括支援センターに相談しておくと良いでしょう。

さまざまな相談ごとがある

介護や医療についてのさまざまな相談ごとがある場合は、地域包括支援センターを利用してみると良いでしょう。地域包括支援センターでは、総合相談支援業務を行っており、介護や医療などのさまざまな悩みを相談できます。

介護や医療についてわからないことがあるなら、地域包括支援センターで相談してみると抱えている問題を解決しやすいです。

地域包括支援センターではどんな人が働いている?

さまざまなサービスを提供している地域包括支援センターは、数多くの人が働いています。地域包括支援センターで働いているのは、次の人たちです。

  • 保健師
  • 社会福祉士
  • 主任ケアマネージャー

これらの人の働きによって、運営されている機関であることを覚えておきましょう。

保健師

保健師や看護師は、地域包括支援センターで働いています。保健師や看護師などの資格を持っており、医療や看護の分野の専門家です。

介護予防のための支援

保健師が担うのは介護予防のための事業プランの作成や、その際に生じる給付の管理などがあげられます。基本的には要介護にならないための予防のプランを考えており、身体機能の向上や状態の悪化防止に努めることが役割です。

社会福祉士

社会福祉の立場から利用者のサポートを行うことが、社会福祉士の役割です。地域包括支援センターでは福祉の分野の専門家も在籍しています。

総合相談の受付

社会福祉士は総合相談の受付業務を担っています。住民の相談に対応することが社会福祉士の役割であり、高齢者の悩みを解決することはもちろん、高齢者の家族の相談に乗ることも、社会福祉士の仕事です。

権利を守ったり虐待を防止する

高齢者の権利や財産を守ったり、虐待の防止をしたりすることも、社会福祉士の役割です。また、高齢者に関する権利や財産の搾取を未然に防ぐこと、トラブルの早期発見をするなどの役割も担っています。

主任ケアマネージャー

地域で働いているケアマネージャーのうち、地域包括支援センターで働いているのが主任ケアマネージャーです。ケアマネージャーは居宅介護支援事業所で働いている人や、老人ホームで働いている施設ケアマネージャーなどがあげられます。

全体の管理を行う

ケアマネージャーは高齢者やその家族からの相談を受けたり、ケアプランの作成や管理を行うことが仕事です。ただし、主任ケアマネージャーは地域ケア全体の会議を行い、ケアマネージャーを統括することが主な仕事です。

そのため、ケアマネージャーから相談を受けたり、アドバイスをしたりするなどの業務も含まれており、単に高齢者などからの相談を受けるだけではなく、マネジメントの業務も担っていると考えましょう。

地域包括支援センターを利用するには

どのような方法を取ると地域包括支援センターを利用できるのか、基本的な流れを把握しておきましょう。スムーズに介護や医療などのサービスを受けるためにも、利用方法は知っておくことが大切です。地域包括支援センターを利用するにはどのような手順が必要なのかを把握して、スムーズにサービスを受けましょう。

現住所の自治体へ問い合わせる

まずは現住所を管轄している自治体に問い合わせ、どこが利用できるかを確認しましょう。地域によって管轄のセンターは異なるため、スムーズに利用するには自治体に確認してみることがおすすめです。

直接近くの地域包括支援センターへ問い合わせる

もし自宅の近くに地域包括支援センターがある場合は、そこに直接問い合わせましょう。近くにあるセンターならその地域を管轄しているため、自治体に確認してから連絡するよりも、スムーズに各種相談ができます。

素早く介護や医療などの問題解決を図るためにも、近くに施設がある場合は窓口で直接相談してみることがおすすめです。

老後の不安を抱える方は地域包括支援センターの利用がおすすめ

介護や医療、福祉などの問題で老後の不安を抱えているなら、地域包括支援センターに相談してみることがおすすめです。地域包括支援センターでは、さまざまな分野の問題に対応しており、専門家も多数在籍しています。

保健師や看護師、社会福祉士やケアマネージャーなどに相談できる環境が整っているため、各種問題の早期解決を図りやすいです。高齢者の豊かな生活を守るためにも、老後に関する不安や親の介護などで心配があるなら、早いうちに地域包括支援センターに相談しておきましょう。

こんなお悩みございませんか

  • 何を調べたらいいかわからない!
  • いろいろ見てもどの施設がいいのかわからない!
  • ネットに掲載されている情報だけでなく、施設の実態を知りたい!

相談員にお任せください!

事前相談から入居まで、親身にサポートします。
ご家族含めて納得できる施設に出会えるよう、お手伝いさせて頂きます。

ケアスル 介護