理想の施設が見つかる有料老人ホーム検索サイト
ケアスル 介護
更新日:

デイケアとは?デイサービスとの違いや利用方法についても徹底解説

デイケアとは?デイサービスとの違いや利用方法についても徹底解説

介護や日常生活のサポートが必要になった際には、公的な見守りサービスを利用することがおすすめです。見守りサービスはさまざまあり、その1つとしてデイケアがあります。

デイケアは高齢者が利用するサービスという認識はあっても、実際にどのようなものなのか、詳細まで理解している人は少ないです。デイケアとはどのようなサービスなのかを正しく把握して、賢く活用しましょう。

デイケアとはどのようもの?

まずはデイケアがどのようなものなのか、基本的な理解から深めておきましょう。デイケアとは「通所リハビリテーション」のことであり、施設に通いながらリハビリを受けるサービスです。これは介護保険のサービスであり、デイケアを実施する施設としては、次のものがあげられます。

  • 医療機関
  • 介護老人保健施設
  • 介護医療院

デイケアはこれらの施設で利用でき、幅広い場所で提供されているサービスです。

デイケアで受けられるサービスとは

デイケアについての理解を深めるには、ここでどのようなサービスを受けられるのかを知っておくことが大切です。デイケアで受けられるサービスは、大まかにわけると次の2つがあげられます。

  • マンツーマンでのリハビリテーション
  • 健康上問題がないかを確認

サービスの詳細を知ることで、デイケアについてさらに詳しくなりましょう。

マンツーマンでのリハビリテーション

デイケアではさまざまな分野の専門家による、リハビリテーションを受けることができます。リハビリの種類は多数あり、利用者とマンツーマンで行うことが特徴です。

マンツーマンでリハビリができることによって、日常生活に必要な筋力の機能回復や動作の訓練をスムーズに行えます。画一的なリハビリサービスではなく、利用者1人1人に合わせた内容で訓練を実施してもらえる点も、デイケアの魅力です。

健康上問題がないかを確認

ただリハビリを行うだけではなく、健康上の問題がないかを確認することも、デイケアのサービスの一環です。利用者の健康をチェックして、もし健康上に問題があると判断すれば、医師による診断や診療所などでの治療を受けられます。

日常生活を問題なく送るための訓練に加えて、体調不良にもスムーズに対応できる点は、デイケアの魅力です。健康管理は医療のプロである医師が行うため、デイケアのサービスは安心して利用できます。

デイケアを担当しているスタッフとは

デイケアではリハビリから健康チェックまでさまざまなサービスを提供しており、担当しているスタッフは多いです。デイケアを担当しているスタッフは、次の通りです。

  • 医師
  • 理学療法士
  • 言語聴覚士
  • 作業療法士
  • 看護師
  • 介護職員

さまざまな人が介入することで、デイケアはより安心して利用できるサービスになっていることは理解しておきましょう。

常に「医師」が待機している

デイケアを行う通所では、常に医師が待機しています。医師が常駐していることもあれば、隣接する診療所などで待機していることもあります。どちらの場合でもすぐに医師による医療サービスを受けることができる点は、デイケアならではの特徴です。

医師は利用者の健康チェックを行うだけではなく、医療的なケアやリハビリの指示なども行います。つまり、医療の立場から利用者をサポートすることが医師の大きな役割であり、心身ともにサポートを行います。

「理学療法士(PT)」は日常動作を支援

日常生活を送るために必要な身体機能の回復を図ることが、理学療法士の役割です。基本的な立つ、歩く、座るなどの動作のリハビリを行うことで利用者の身体機能を回復させ、日常生活を送りやすくしてくれます。

筋力や関節、その他運動などに関するプロフェッショナルであり、主に身体的なサポートを理学療法士は行います。

「言語聴覚士(ST)」はコミュニケーションのサポートを行う

コミュニケーションについてのサポート役を担うことが、言語聴覚士の役割です。言語聴覚士は話す、発音する、言葉を聞くといった機能回復のためのリハビリを行います。

第三者とコミュニケーションを取ることは高齢者にとっては重要であり、これが不足すると脳の認知機能が低下して、一気に老化が進むことも少なくありません。機能回復はもちろん、言語聴覚士との訓練を通してコミュニケーションを取り、刺激を受けられることも大きな特徴です。

また、発話に関するトレーニングだけではなく、物をかんだり、飲み込んだりするなど、食べるための機能を回復させることも、言語聴覚士の役割です。

「作業療法士(OT)」は動作のサポートを行う

日常生活における動作のサポートを行うことが、作業療法士の仕事です。手先を使えるように、手工芸や園芸などをサポートし、利用者の動作機能の回復を目指します。これらによって学習の意欲や能力を高めることにもつながり、作業療法士はQOLの向上にも一役買っているでしょう。

手先を使った作業のサポートをすることで脳の認知機能の低下を防ぎ、認知症の予防などに役立つこともあります。

「看護師」による健康管理

デイケアでは医師だけではなく、看護師も常勤しています。医師による健康管理や服薬の管理のサポートを行うことが、看護師の重要な役割です。日常的な健康管理としては、血圧の測定や医師の指示を受けて医療的なケアやリハビリのサポートなどがあげられます。

医師と看護師はセットであり、サポート役がいることでよりスムーズな健康管理のサポートを提供できています。

「介護職員」が介護を行う

デイケアでは通所でのリハビリだけではなく、そこでの介助や介護などのサービスもあります。これを行うことが介護職員の仕事であり、次の介護全般についてのサービスを提供しています。

  • 入浴介助
  • 排せつ介助
  • 食事介助
  • レクリエーションの提供

日常動作の介助を行うことはもちろん、レクリエーションの提供によって利用者を楽しませることも、介護職員の仕事です。レクリエーションの種類は施設によって異なりますが、カラオケをしたり、簡単なスポーツやゲームをしたりして、利用者同士の交流を図ります。

利用者同士やスタッフとの交流によって刺激を受け、生活の喜びを感じることはもちろん、認知機能の低下の予防にもつながります。

デイケアとデイサービスの違いとは

高齢者が利用できるサービスはさまざまあり、デイケアだけではなくデイサービスというものもあります。デイケアとデイサービスは言葉が似ていますが、これらは同じものではありません。それぞれに違いがあるため、どのような点で異なるのかを知り、デイケアについての理解をさらに深めましょう。

そもそもの目的が異なる

デイケアとデイサービスではそもそもの目的が異なり、提供しているサービスは大きく違います。デイケアの大きな目的は、リハビリによって身体機能を向上、回復させたり、維持したりすることです。また、認知機能の改善によって、判断力や注意力を高めることも、デイケアの目的です。

対してデイサービスは身体的なサポートというよりも、精神的なサポートに重きを置いています。利用者同士や施設のスタッフと交流を持つことで、社会的な孤立を防ぎ、これによって心身機能の向上を目指します。

主に精神面でのサポートを行うことがデイサービスであり、医療行為を含む肉体的なサポートを行う場合は、デイケアになると考えましょう。

医師が待機しているかどうか

サービスを行う施設、あるいは隣接する施設に医師が待機しているかどうかも、デイケアとデイサービスの違いです。デイケアでは医師が常駐しており、素早く医療サービスを受けられます。施設にはいない場合でも、隣接した診療所には医師がいるため、素早く医療サービスを受けられることが特徴です。

しかし、デイサービスは医師の常駐がなく、医療的なサポートはサービスに含まれません。医師が待機しているのはデイケア、待機していないのはデイサービスであるという違いも、頭に入れておきましょう。

デイケアとデイサービスで迷ったらどちらを選ぶべき?

デイケアとデイサービスではサービスの目的が違うため、利用者に合ったサービスを選ぶことが重要です。しかし、それぞれのサービスではある程度共通している部分もあり、どちらを選ぶべきかで悩む人は少なくありません。

より適切なサービスを選ぶためにも、それぞれどのような人におすすめなのかを把握しておきましょう。

「デイケア」は医学的なリハビリテーションが必要な方におすすめ

デイケアがおすすめなのは、医学的なリハビリテーションが必要な人です。退院したばかりの人や、通院を繰り返している人、病院でリハビリを受けていて、それを継続して受けたい人などは、デイケアが向いています。

医療的なケアを受けられることはデイケアならではの特徴であるため、医師によるサポートを受けたい場合は、デイケアを選びましょう。

「デイサービス」は医学的なサポートが不要な方がおすすめ

医師が常駐していないことがデイサービスの特徴であるため、医学的なサポートが不要な人に向いています。精神的な癒しを求める人や社会的な孤立を防ぎたい人などは、デイケアよりもデイサービスのほうがおすすめです。

もちろん、デイサービスでもリハビリは受けられます。そのため、医学的なサポートは不要でも、リハビリを受けたいという人は、デイサービスを利用すると良いでしょう。

デイケアを利用する方法とは

医学的なサポートが必要な人はデイケアを利用することがおすすめですが、サービスを利用するにはいくつか条件を満たす必要があります。そのため、どのような方法でデイケアが利用できるのか、これを知っておくことも大切です。スムーズにデイケアを利用するためにも、条件や選び方などは把握しておきましょう。

要支援・要介護認定を受けている必要がある

デイケアを利用できるのは、要支援や要介護の認定を受けている人です。これらの認定を受けていない人はデイケアは利用できないため、注意しなければなりません。

要支援や要介護度の決まりはなく、要支援なら1~2の人が、要介護なら1~5までのすべての人が利用可能です。デイケアの利用を考えているなら、まずは要支援や要介護の認定を受けましょう。

認定を受けるには、市区町村の担当者による聞き取り調査を受ける必要があり、主治医の意見書をもとにして、コンピュータによって要支援や要介護度の審査を受けます。その後判定の結果をもとに介護認定審査会がさらなる審査を行い、これによって要支援や要介護度の判定を受けます。

また、要支援や要介護の認定が必要なのは、デイサービスも同じです。どちらを利用する場合でもまずは認定を受ける必要があるため、この申請は事前に済ませておきましょう。

通いたいデイケアを選定する

ひとくちにデイケアといっても、さまざまなサービスがあります。そのため、通いたいデイケアを選定して、どのサービスを利用するかを決めましょう。デイケアの選定はネットで調べるだけではなく、居宅介護支援事業所やケアマネージャーに相談することがおすすめです。

専門家に相談することで、利用者の状態に合ったサービスを紹介してもらうことができ、最適なデイケアを見つけやすくなります。

自分で情報を収集する場合も、専門家によるアドバイスを受ける場合も、口コミなどの評判を調べておくことがおすすめです。口コミなどの意見を参考にすることで、そのサービスが本当に良いかどうかを判断しやすくなります。

デイケアのサービスは多数あるため、より良いサービスを選ぶためにも、事前の情報収集は念入りに行いましょう。

必要書類の準備をする

デイケアを利用するには、利用したいサービスに提出する書類を用意しなければなりません。必要な書類は診療情報提供書や健康診断書であり、これは主治医に作成してもらいます。

いずれかの書類をデイケアに提出することで、利用判定会議が行われ、これによって利用の可否が判定されます。要支援や要介護度の要件を満たしていても、利用判定会議によってサービスの利用ができないということもあるため、注意しなければなりません。

医学的なサポートが必要な状態であり、かつ健康状態などもデイケアを利用する必要があると認められると、認定はおりやすくなります。もし判定の結果、医学的なサポートが不要と判断されたなら、デイケアではなく、デイサービスの利用を考えてみることもおすすめです。

デイケアとはなにかを知って利用先を見つけよう

肉体的なサポートから心身のケアまで、デイケアが担う役割は数多くあります。似たサービスとしてデイサービスがありますが、これとの大きな違いは医学的なサポートがあるかどうかです。

デイケアでは医師が常駐しており、医学的なサポートが受けられることが特徴であるため、これが必要ならデイサービスではなく、デイケアを選ぶことがおすすめです。

利用者の状態によって、どのようなサービスが必要かは異なります。利用予定者の状態を正しく判断し、デイケアとデイサービスのどちらが良いのか、また他の介護サービスが必要かなどを比較検討して、適切なサポートを受けられるようにしましょう。

こんなお悩みございませんか

  • 何を調べたらいいかわからない!
  • いろいろ見てもどの施設がいいのかわからない!
  • ネットに掲載されている情報だけでなく、施設の実態を知りたい!

相談員にお任せください!

事前相談から入居まで、親身にサポートします。
ご家族含めて納得できる施設に出会えるよう、お手伝いさせて頂きます。

ケアスル 介護