理想の施設が見つかる有料老人ホーム検索サイト
ケアスル 介護
更新日:

サービス付き高齢者向け住宅と有料老人ホームの違いを比較しよう

サービス付き高齢者向け住宅と有料老人ホームの違いを比較しよう

健康な高齢者が利用できる施設として、サービス付き高齢者向けや住宅型有料老人ホームなどがあります。これは似ている部分もありますが、詳細な部分は異なるため、この違いを把握しておくことが大切です。

施設ごとの違いを正しく知っておくことで、利用者に合わせたサービスを見つけられます。高齢者にとってはどの施設を利用するかは重要であり、違いは正しく理解しておかなければなりません。それぞれの違いを知り、利用者に合わせた最適なサービスを見つけましょう。

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)と住宅型有料老人ホームの違い

まずはサービス付き高齢者向け住宅と住宅型有料老人ホームの違いを知っていきましょう。高齢者向けの住宅サービスという点は共通していますが、細かい点には違いがあります。

それぞれの違いを把握して、サービス付き高齢者向け住宅と住宅型有料老人ホームへの理解を深めていきましょう。

サービス付き高齢者向け住宅とは

自立した健康な高齢者が入居するものが、サービス付き高齢者住宅です。基本的には要介護認定を受けておらず、自立した人が入居するものと考えましょう。ただし、軽度の要介護度なら、外部のサービス事業者と契約することで、入居は可能です。

また、サービス付き高齢者向け住宅には一般型と介護型があり、介護型では介護サービスがついていることが特徴です。基本的には、住宅サービスとして提供されていることがサービス付き高齢者向け住宅の特徴であり、介護施設とは別物であることは理解しておきましょう。

住宅型有料老人ホームとは

有料老人ホームにはさまざまなタイプがあり、その1つが住宅型有料老人ホームです。住宅型有料老人ホームは、自立から軽度の介護度の人が入居する介護施設であり、外部のサービス事業者を利用することで、介護や医療のサービスを受けられます。

住宅型は、健康的なシニアライフを送ることを目的としており、利用者に合わせた柔軟なサービスの組み合わせができることが特徴です。サービス付き高齢者向け住宅とは違って介護施設であることが特徴であり、住宅として提供されたものではないことは覚えておきましょう。

契約方式の違いについて

サービスを利用する際の契約方式が、それぞれで異なります。住宅型有料老人ホームは施設の利用権の契約であることに対して、サービス付き高齢者向け住宅は賃貸借契約であることが特徴です。

サービス付き高齢者向け住宅は、通常の賃貸物件と同じですが、年齢を理由に入居を断られない点が大きな魅力といえます。通常の賃貸物件では孤独死や認知症による近隣住民とのトラブルなどを考慮し、特に1人の場合は入居審査が行われることも少なくありません。

しかし、サービス付き高齢者向け住宅なら、1人で入居する場合でも年齢を理由に断られることはないため、住居を確保しやすいです。契約方式による違いは他にもあり、詳細なポイント把握して、どのような点が異なるのかを把握しておきましょう。

サ高住は契約を相続できることも

サービス付き高齢者向け住宅の契約方式は、「建物賃貸借方式」と「終身建物賃貸借方式」があります。建物貸借方式の場合は、契約の更新によって住み続けることができ、利用者が死亡した後も、家族が契約を引き継ぐことで相続ができる場合もあります。

対して終身建物賃貸借方式は、利用者が死亡したときに自動的に契約が終了し、その後家族が相続することはできないため、注意しなければなりません。もし入居の権利を引き継ぎたい場合は、入居時に建物賃貸借方式で契約しておくことがおすすめです。

有料老人ホームは住居もサービスも一体

細かく契約方式がわけられているサービス付き高齢者向け住宅に対して、住宅型有料老人ホームは住居サービスが一体となっている点が特徴です。有料老人ホームでは、施設を利用する権利に食事などのサービスが含まれているため、別途契約が必要ありません。

しかし、サービス付き高齢者向け住宅の場合は、住居の賃貸借契約のみを結ぶため、その後必要に応じて食事などの住居サービスを自身で選択し、契約すると考えましょう。

自分で契約する内容を選ぶ必要がなく、包括的な住居サービスを最初の契約時点から受けられる点が、有料老人ホームの特徴です。

費用の違いについて

それぞれのサービスについての違いを知るには、費用面がどのように異なるのかを把握しておくことも大切です。どちらのサービスも利用するには費用がかかり、場合によっては高額になることもあります。

老後の生活を送るうえでは費用面での心配を抱える人が多いため、事前にどれくらいのコストが必要なのかは知っておくことが大切です。費用面での違いを把握することで、経済状況に合わせたサービスを利用できるようになりましょう。

サ高住の入居一時金と月額利用料の平均

サービス付き高齢者向け住宅を利用するには、入居の際に入居一時金と、月々の月額利用料がかかります。賃貸借契約であるサービス付き高齢者向け住宅では、入居の際の一時金は敷金や礼金という扱いになる場合もあります。

そのため、途中で解約して退去する場合は、原状回復費などを差し引いて敷金が残るなら、残金を返金してもらえる点が特徴です。月額利用料はいわば家賃であり、これには居住費だけではなく、管理費がかかる場合もあります。

入居の際にかかる費用は全国で見ると24万円が平均であり、中央値は11万円です。月額利用料は平均が15.9万円であり、中央値は14.6万円です。施設によってばらつきが多いため、費用は平均ではなく中央値を参考にすると良いでしょう。

有料老人ホームの入居一時金と月額利用料の平均

有料老人ホームもサービス付き高齢者向け住宅と同じで、初期費用として入居一時金が、月々の費用として月額利用料がかかります。入居一時金は家賃の前払いの扱いであり、施設の運営のために使用されます。

入居一時金の平均は88.8万円、中央値は7万円であり、大きな差が出ているのは施設によっては不要となることもあるからです。入居一時金が不要だと初期費用は安く済みますが、その分前払いの家賃がないために、月々の利用料が高くなることもあります。

また、入居一時金は償却されるものであり、施設によって償却率や償却期間が異なることは覚えておきましょう。そのため、高額な費用を支払ったとしても、退去までに償却できなかった場合はその残金の払い戻しを受けられます。

月額利用料は全国平均が13.7万円であり、中央値は12.1万円です。月額利用料には家賃に該当する居住費だけではなく、施設の管理費や食費、その他日常生活にかかるおむつ代や理美容の費用などが含まれます。

サービス内容の違いについて

サービスの内容は、サービス付き高齢者向け住宅と住宅型有料老人ホームで異なります。違いを知るうえでチェックしておきたいポイントとしては、次の3つがあげられます。

  • 提供される介護サービス
  • レクリエーションやイベントの豊富さ
  • 生活の自由度

これらのポイントも把握して、それぞれの違いについての理解をさらに深めていきましょう。

提供される介護サービス

基本的にはサービス付き高齢者向け住宅も、住宅型有料老人ホームも介護サービスは提供しておらず、必要に応じて外部のサービス事業者を利用することになります。ただし、サービス付き高齢者向け住宅でも、介護型の場合はサービスを受けられるため、この点が住宅型有料老人ホームとは異なります。

有料老人ホームにはさまざまなタイプがあり、介護付き有料老人ホームの場合は介護サービスを受けることができ、要介護度が高い人でも利用できる点が特徴です。

自立した人や軽度の要介護度の人が利用できることがそれぞれのサービスの特徴ですが、施設によって内容には差があることは理解しておきましょう。

レクリエーションやイベントの豊富さ

サービスとして提供されるレクリエーションやイベントは、有料老人ホームのほうが豊富です。サービス付き高齢者向け住宅でもレクリエーションなどがないわけではありませんが、有料老人ホームよりは少ないと考えましょう。

そのため、施設内での交流や楽しみを見つけたい人は、有料老人ホームを利用することがおすすめです。サービス付き高齢者向け住宅はあくまで住居として利用するものであるため、施設側が提供する娯楽は少なくなりやすいといえます。

生活の自由度

日常生活における自由度は、サービス付き高齢者向け住宅のほうが高いです。賃貸借契約であるサービス付き高齢者向け住宅は、通常の賃貸住宅と同じ扱いであるため、自由に外出できます。また、外泊などにも許可は不要であり、日常生活における選択は、すべて個人の自由で行える点が特徴です。

住宅型有料老人ホームでも外出はできますが、その都度届け出が必要であることは覚えておきましょう。個人の健康状態によっては高頻度で外出もできますが、届け出が必要であることから、サービス付き高齢者向け住宅に比べると、自由度はやや低いといえます。

居室と設備の違いについて

サービスの違いを知るうえでは、実際に暮らすことになる居室の違いも把握しておくことが大切です。また、どのような設備が採用されているのか、この点も知っておきましょう。居室の広さや設備の違いを把握して、それぞれの生活環境を知っておくことがおすすめです。

居室の広さ

サービス付き高齢者向け住宅は、居室の広さが規定されており、基本的には25平方メートル以上となります。ただし、キッチンやリビングといったスペースが併設されている場合は、18平方メートル以上となり、居室の要件は変動します。

また、サービス付き高齢者向け住宅は1人暮らしだけではなく、夫婦など世帯で入居することも可能であり、世帯での利用の場合は、規定よりもさらに居室は広くなることが一般的です。

住宅型有料老人ホームでは、個室だけではなく、相部屋となることもあります。個室の場合は床面積が13平方メートル以上、相部屋の場合は1人あたり9平方メートル以上と規定されています。

設備は費用とともにグレードアップ

サービス付き高齢者向け住宅や住宅型有料老人ホームの設備は、月額利用料などの費用によってグレードアップします。設備は施設によって異なり、例えば浴室が広かったり、内装が充実していたりするなどがあげられます。

サービス付き高齢者向け住宅の場合は、居室内の設備が充実しており、エアコンがついていたり、お風呂の設備が充実していたりする場合などが多いです。住宅型有料老人ホームでは居室はもちろん、入居者全員で利用できる共用設備が充実していることも多く、この点もそれぞれの違いといえます。

目的別で見るサ高住と有料老人ホームの違いについて

どのサービスを利用するかは、目的の違いをチェックしておくことも大切です。サービス付き高齢者向け住宅と有料老人ホームではサービスの目的が異なり、何を重要視したいかによって、利用先を選ぶ必要があります。

入居する際のチェックポイントとして目的の違いは重要であるため、この点は特に確認しておきましょう。

施設の設備を十分に満喫したいなら

入居先の設備を満喫したいなら、有料老人ホームを選ぶと良いでしょう。月額利用料が高い場合は、サービス付き高齢者向け住宅でも設備は優れていますが、共用部の設備は有料老人ホームのほうが充実していることが多いです。

有料老人ホームの場合は、施設によっては共用部にジムがあったり、カラオケなどが併設されていたりすることもあります。施設の入居者同士で楽しめる設備も多いため、さまざまな人と交流を図り、日々の楽しみを施設内で見つけたいなら、有料老人ホームの利用が向いています。

医療・介護サービスを受けたいなら

施設内で医療や介護のサービスを受けたいなら、有料老人ホームがおすすめです。有料老人ホームの中でも、介護付きのものなら、施設で医療や介護のサービスを受けられます。サービス付き高齢者向け住宅でも介護型なら介護サービスは受けられるため、この点は覚えておきましょう。

通常のサービス付き高齢者向け住宅と住宅型有料老人ホームでは、外部サービスを利用しなければ各種サービスは受けられず、生活援助のみとなることも理解しておく必要があります。

アクティブに生活そのものを楽しみたいなら

シニアライフを存分に楽しみたいなら、サービス付き高齢者向け住宅がおすすめです。これは外出や外泊などが自由にでき、自宅以外での生活をアクティブに楽しみやすいことが理由です。住宅型有料老人ホームでも外出は可能ですが、その都度届け出が必要であり、健康状態などによっては許可が下りないこともあります。

生活の様式が一般の賃貸住宅と変わらないため、サービス付き高齢者向け住宅なら自宅内外で自由に楽しみを持つことができます。

介護度や目的に応じて施設を選ぼう

サービス付き高齢者向け住宅と住宅型有料老人ホームにはさまざまな違いがあり、介護度や目的に応じて使いわけることが大切です。どのような違いがあるのかを把握しておくことで、どちらを利用すると良いのかが判断しやすくなります。

高齢者にとって自立した生活を送ることや、豊かなシニアライフを送ることは人生を楽しむために重要です。老後の生活を存分に楽しむためにも、それぞれの違いを正しく把握して、最適なサービスを選びましょう。

こんなお悩みございませんか

  • 何を調べたらいいかわからない!
  • いろいろ見てもどの施設がいいのかわからない!
  • ネットに掲載されている情報だけでなく、施設の実態を知りたい!

相談員にお任せください!

事前相談から入居まで、親身にサポートします。
ご家族含めて納得できる施設に出会えるよう、お手伝いさせて頂きます。

ケアスル 介護