理想の施設が見つかる有料老人ホーム検索サイト
ケアスル 介護
更新日:

サービス付き高齢者向け住宅の利用にかかる費用を徹底解説

サービス付き高齢者向け住宅の利用にかかる費用を徹底解説

高齢者向けの住居サービスとして、サービス付き高齢者向け住宅というものがあります。利用するには費用がかかるため、これがどれくらいなのかを知っておくことが大切です。

老後の生活を送るうえでは、資金面の不安を抱えることが多く、将来のコストを把握しておかないと心配になってしまうこともあります。サービス付き高齢者向け住宅の利用にかかる費用や特徴について知り、サービスへの理解を深めていきましょう。

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の費用の目安

まずはサービス付き高齢者向け住宅を利用するにあたって、どれくらいの費用がかかるのか、目安を把握しておきましょう。

サービス付き高齢者向け住宅には2つのタイプがあり、一般型と介護型で特徴が異なります。タイプごとの違いや費用の目安を把握して、基本的な理解を深めていきましょう。

一般型の費用

高齢者向けの賃貸住宅として利用できることが、一般型の特徴です。一般型では入居の際に敷金が必要なケースも多く、場合によっては礼金を支払うこともあります。また、物件によっては保証金を設けていることもあり、これは敷金と同じ扱いです。

入居してからは月額利用料がかかり、これは光熱費や食費、家賃などがあげられます。また、一般型では介護サービスは付属していないため、必要な場合は別途外部のサービス事業者と契約して、医療や介護のケアを受けます。

介護型の費用

高齢者向けの住居として提供されているだけではなく、介護サービスも付属していることが介護型の特徴です。介護型の際も入居の際に初期費用を支払い、その後家賃などのコストが必要です。

また、介護サービスが利用できるため、介護サービス費も別途かかることは覚えておきましょう。介護サービスが付属する分、一般型よりも介護型のほうが費用は高額になることが一般的です。

入居一時金と初期費用

サービス付き高齢者向け住宅に入居する際には、入居一時金などの初期費用がかかります。これはタイプによって異なり、一般型の場合は敷金や保証金が、介護型は入居一時金としてかかることが多いです。

敷金や保証金は、退去時に原状回復の費用を差し引き、残った分が返金されます。入居一時金は物件を運用するために償却されるものであり、物件によって償却率や償却期間が異なります。

もし入居一時金の償却が完了するまでに退去する場合は、残った金額の返金が受けられることは覚えておきましょう。物件によっては入居一時金や敷金、保証金などの初期費用がかからないこともあります。

初期費用が不要であることで、入居の際のコストは減りますが、この場合は家賃が高くなりやすいことは理解しておきましょう。

その他の費用

サービス付き高齢者向け住宅でかかるその他の費用としては、次のものがあげられます。

  • 医療費や薬代
  • 消耗品
  • オプションサービス
  • 介護サービスを利用した場合の費用
  • サークル活動やアクティビティなどの費用

医療サービスを利用した場合は、その分別途支払いが必要です。また、サービス付き高齢者向け住宅で提供されるおむつなどの消耗品も、利用した分実費精算となることは覚えておきましょう。

物件ごとにさまざまなオプションが用意されており、例えば掃除や洗濯、食事の提供などがあります。これらのオプション契約をし、サービスを利用する場合も費用がかかります。

一般型でも介護型でも、介護サービスを利用すると費用がかかることは覚えておきましょう。自己負担割合は所得によって異なり、1~3割の負担となります。また、サービス付き高齢者向け住宅ではサークル活動やレクリエーションなどのアクティビティが実施されることもあり、これに参加する場合もコストがかかります。

その他の費用にはさまざまな種類があるため、利用を検討している場合は、総額いくらかかるのか、事前に計算しておくことが大切です。

サ高住の費用の支払い方法

費用についての理解を深めるには、支払い方法の違いを知っておくことが大切です。支払い方法には月払い方式と前払い方式の2つがあり、それぞれで特徴が異なります。

  月払い方式 前払い方式 入居時負担 少ない まとまった資金が必要 短期間で退去した場合 費用の総額は前払い方式より少ない 費用の総額は月払い方式より多い 長期間入居した場合 費用の総額は前払い方式より多い 費用の総額は月払い方式より多い

方式ごとの違いを知り、どちらのほうが入居者にとってのメリットになるのかを判断しましょう。 

ほとんどの物件は月払い方式を採用

サービス付き高齢者向け住宅は多くの物件がありますが、ほとんどの場合で月払い方式を採用しています。月払い方式は、家賃などの費用を毎月支払うものであり、入居の際には一時金などの支払いが不要な場合も多いです。

家賃などの利用料を前払いしないため、前払い方式よりは月額のコストが高くなりやすいです。ただし、短期間での入居の場合はコストはそれほど高くないため、一定期間でサービス付き高齢者向け住宅を利用する人は、月払い方式の物件がおすすめでしょう。

前払い方式のルール

先に家賃の一部をまとめて支払うことが、前払い方式の特徴です。前払い方式は入居時にまとまった資金が必要であり、初期費用は大きくなりやすいです。しかし、家賃は月払い方式よりも安いことが多く、長期利用するならコスト負担は抑えられます。

短期間の入居の場合は、初期費用の高さからコストは高額になりやすいですが、長期間住む場合は、月払い方式よりも安価で住める点がメリットです。

夫婦で入居できるサ高住について

単身での入居だけではなく、夫婦で入居できるサービス付き高齢者向け住宅もあります。夫婦での老後の生活を考えているなら、揃ってサービス付き高齢者向け住宅に入居することも、選択肢の1つです。

ただし、夫婦で入居する際にはさまざまな注意点があるため、これを把握して入居するかどうかを決めましょう。

夫婦での入居は可能だが2人部屋は少ない

サービス付き高齢者向け住宅は夫婦で入居することも可能ですが、2人部屋がある物件は少ないです。そのため、2人部屋の物件が見つからない場合は、同じ物件に入居しても別々の部屋に住むことになります。この場合は、コストが高くなるため注意しなければなりません。

ただし、一時金を倍額支払う必要はなく、夫婦で折半して支払うことが可能です。2人で入居できる物件なら月額利用料も折半できるため、より経済的に住める点が魅力です。コストを抑えたいなら、夫婦で入居できる物件を探してみると良いでしょう。

夫婦の身体状況が違う場合は入居できないことも

仮に2人部屋で入居する、あるいは夫婦別々で契約することを考えていても、お互いの身体状況次第では、どちらか一方が入居できないこともあります。例えば夫が自立可能な健康な状態でも、妻が重度の要介護者の場合は、妻はサービス付き高齢者向け住宅には入居できません。

もちろん、介護型を選ぶなら妻の入居は可能ですが、この場合は自立している夫が入居できなくなる点には注意しましょう。

一方が自立、もう一方が軽度の要介護度などの場合は、外部の介護サービスを利用することで入居は可能ですが、それぞれの身体状況に大きな違いがあると、同じ物件での同居は難しくなります。

有料老人ホームとシニア向け分譲マンションとの違い

高齢者が住める住宅や利用できる施設としては、サービス付き高齢者向け住宅だけではなく、「有料老人ホーム」や「シニア向け分譲マンション」があります。それぞれの違いを把握しておきましょう。

  一般型(サ高住) 介護型(サ高住) 介護付き有料老人ホーム 住宅型有料老人ホーム シニア向け分譲マンション 入居条件 自立~軽度の要介護度 要支援1~要介護5 施設により異なる 自立~軽度の要介護度 自立 介護 △ 〇 〇 △ △ 医療 △ 〇 〇 △ △ 月額利用料 13万~25万円 15万~35万円 15万~35万円 15万~35万円 5万~20万円 認知症の受け入れ △ 〇 △ 〇 × 終の棲家になるか △ 〇 〇 〇 △ 契約方式 賃貸借契約 賃貸借契約 利用権方式 利用権方式 所有権方式

入居の条件や利用できるサービス、月額利用料などは施設によって異なります。また、サービス付き高齢者向け住宅の一般型とシニア向け分譲マンションは、月額利用料は食費を除いたものです。他にも認知症の受け入れが施設によって異なるなど、△に該当するものは施設ごとに確認しておきましょう。

契約方式の違いも確認が必要であり、賃貸借契約のものは一般的な賃貸住宅と同じです。利用権方式は施設を利用する権利を得るものとなります。所有権方式は、分譲マンションの所有権を得るものであり、いわばマンションの購入と考えるとイメージしやすいでしょう。

サービス付き高齢者向け住宅の費用面でのメリット・デメリット

費用についての理解を深めるには、メリットとデメリットを把握しておくことが大切です。サービス付き高齢者向け住宅の費用面では、どのようなメリットとデメリットがあるのかを知っておくことで、サービスの詳細まで把握することができます。

メリットはもちろん、デメリットも正しく理解して、利用者に適したサービスかを判断する際に役立てましょう。

サ高住のメリット

サービス付き高齢者向け住宅を利用するメリットとしては、次の3つがあげられます。

  • 物件数が多く選択肢が豊富
  • 初期費用が少なく住み替え時のリスクが低い
  • 身体状況に合わせた住み替えができる

これら3点を詳細まで知り、サービス付き高齢者向け住宅ならではの魅力を知っていきましょう。

物件数が多く選択肢が豊富

高齢者向けの施設やサービスはさまざまありますが、その中でもサービス付き高齢者向け住宅は、物件数が多いことがメリットです。利用できる物件数が多いことで、豊富な選択肢から入居先を選べます。

通常の賃貸住宅とほぼ同じであるサービス付き高齢者向け住宅は、全国幅広いエリアに物件があり、需要が高まっていることから物件数が増えています。物件ごとの違いを比較しながら入居先を選べるため、より利用者に合った住宅を見つけられるでしょう。

エリアや間取りはもちろん、料金の比較などもしやすく、物件ごとの費用の違いを比べやすいこともメリットの1つです。

初期費用が少なく住み替え時のリスクが低い

敷金や礼金の支払いで入居できるサービス付き高齢者向けは、初期費用が少ない点が魅力です。有料老人ホームだと、入居の際に保証金や一時金が必要となり、これが高額になることも少なくありません。

施設によって違いはあるものの、まったく不要というケースから、数千万円や場合によっては1億円以上かかることもあります。サービス付き高齢者向け住宅は初期費用が少ないことから、入居がしやすいだけではなく、住み替えがしやすいこともメリットです。

最初にかける費用が少ないことで、住み替えの際のコストリスクが低く、金銭的なデメリットは生じづらいでしょう。リスクが低いことで住み替えがしやすく、身体状況の変化によって入居先の変更を検討しやすい点も、サービス付き高齢者向け住宅のメリットです。

費用を自分の状況に合わせてカスタマイズできる

基本的には、住居を利用する権利のみの契約となるサービス付き高齢者向け住宅は、必要に応じて別途契約を結ぶことで、食事の提供や介護サービスなども受けられます。そのため、自身でどこまでの契約をするかによって費用はコントロールでき、利用者の状況に合った柔軟な対応ができる点はメリットです。

例えば、自立していて介護サービスや食事の提供なども必要ない場合は、賃貸契約のみで利用でき、コストを削減できます。

反対に、資金面での心配がないなら、各種サービスの契約をして費用をかけて充実した生活を送ることも1つの方法です。個人の状況次第で利用できるサービスのカスタマイズができ、これによってコストのコントロールができる点は大きな魅力です。

サ高住のデメリット

多数のメリットがあるサービス付き高齢者向け住宅ですが、一部デメリットもあるため注意しなければなりません。

デメリットとしてあげられるのはコスト面の問題であり、利用先や契約内容次第では、損をすることもあります。メリットだけ見て利用するかを決めると失敗しやすいため、デメリットも正しく理解しておきましょう。

月額利用料の計算が複雑・高額になることも

入居する物件や契約内容次第では、月額利用料の計算が複雑になったり、費用自体が高額になったりすることが費用面でのデメリットです。利用したいサービスを自身で選び、カスタマイズできる点はサービス付き高齢者向け住宅の魅力ですが、契約数が増えるほど、費用の管理が難しくなります。

利用するサービスが多くなると、どれにいくらかかっているのかが判断しづらくなり、月額利用料の計算が複雑になってコストが正しく把握できないこともあるでしょう。

また、多数のサービスを利用することで、コスト自体は高額になってしまい、場合によっては他の介護施設などを利用したほうが、安価で済むこともあります。

費用面の計算が複雑になりやすいからこそ、サービス付き高齢者向け住宅を利用するなら、事前にコスト計算をしておき、費用面の問題は解決しておくことが大切です。

サービス付き高齢者住宅を退去する理由

一度入居したサービス付き高齢者向け住宅は、個人の事情によって退去することがあります。退去する理由は人によって異なりますが、介護や医療の必要性が高くなったり、認知症の進行、他には経済的な理由などがあげられるでしょう。

自分の意思で退去する人もいれば、身体的、経済的な事情によって退去を余儀なくされることもあります。そのため、退去後のことを考えておくことも大切です。

サ高住を退去した後の行き先

もしサービス付き高齢者向け住宅を退去した場合は、次の行き先が選択肢としてあげられます。

  • 介護保険施設
  • 医療機関
  • 自宅
  • 家族や親族と同居

介護の必要性が高い場合は、介護保険施設に入居することが多いです。医療ケアを必要とする場合は、病院への入院が選択肢として考えられます。

介護や医療ケアの必要性が低く、持ち家がある場合は自宅に戻ることも可能です。自宅がない場合は、家族や親族と同居するというケースもあるでしょう。

住み替えも視野に入れて余裕のある資金計画を立てよう

よりよいシニアライフを送るためには、サービス付き高齢者向け住宅への住み替えも検討して、資金計画を立てることが大切です。老後の生活では資金面での不安を抱える人は多いため、将来かかる費用を試算したり、現役時代に貯蓄を作っておいたりする必要があります。

人によってサービス付き高齢者向け住宅が向いているのか、他の施設が適しているのかは異なります。経済的な事情や身体状況などを考慮し、高齢者にもっとも適した選択肢を見つけましょう。

こんなお悩みございませんか

  • 何を調べたらいいかわからない!
  • いろいろ見てもどの施設がいいのかわからない!
  • ネットに掲載されている情報だけでなく、施設の実態を知りたい!

相談員にお任せください!

事前相談から入居まで、親身にサポートします。
ご家族含めて納得できる施設に出会えるよう、お手伝いさせて頂きます。

ケアスル 介護