理想の施設が見つかる有料老人ホーム検索サイト
ケアスル 介護
更新日:

住宅型老人ホームってどんなところ?特徴〜入居の方法までをご紹介

住宅型老人ホームってどんなところ?特徴〜入居の方法までをご紹介

少子高齢化社会が進む日本では、高齢者やその家族にとって、本人が過ごしやすく居心地のいい老人ホームを見つけることはとても大切な課題となっています。

有料老人ホームの検討を始めた際、最初に気になるのが、どのような施設が本人やそのご家族に合っているのか、という点ではないでしょうか。一口に「老人ホーム」といってもその種類は多岐に渡り、またサービス内容もそれぞれの施設によって変わってきます。

特に施設数が多く、違いが分かりづらい「介護付き有料老人ホーム」と「住宅型有料老人ホーム」で迷われる方はとても多いです。

介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームがそれぞれどのような特徴を持っているのか、サービス内容や費用について、違いを理解しておく必要があります。現在の利用希望者の状態やご家族に合った老人ホームを選ぶために、施設について詳しく見ていきましょう。

住宅型有料老人ホームとは

住宅型有料老人ホームとは、要介護・要支援の認定を受けた60歳以上の高齢者や、介護ケアを必要としていない自立した高齢者が利用できる共同生活用の施設です。基本的に民間企業が運営していることが多いため、サービス内容は施設によって様々で、サービス内容・設備の種類共にバリエーションが豊かなのが特徴です。

提供サービス

住宅型有料老人ホームで提供されるサービスは、見守り・生活支援サービス、食事のサービスだけではなく、外部の事業所を利用した場合には介護ケアやリハビリテーションなども受けられます。医療施設や介護事業所との連携などについては、施設によって充実度が変わってきますので、事前の確認が必要です。

見守り・生活支援サービス

住宅型有料老人ホームでは、施設内にスタッフが24時間常駐しており、施設によっては、日中に看護師が常駐しているところもあります

。施設のスタッフから、日々の見守り、掃除や洗濯、買い物といった日常生活を支える生活援助が受けられるだけではなく、突発的なことが起きたときの対応や、体調に変化があったときの家族への緊急連絡などもしてくれます。

介護サービス・リハビリ

住宅型有料老人ホームは、基本的に介護サービスやリハビリテーションの提供はありません。介護サービスの利用を希望する場合は、施設外の訪問介護事業所や通所介護(デイサービス)を利用する必要があります。

自宅にいたときから介護サービスを利用していたという方にとっては、今までの介護サービスを継続して利用できるので、慣れ親しんだヘルパーさんや介護サービスの内容を変更する必要がなく、環境の変化を最小限に抑えられるという点で大きなメリットと言えるでしょう。

注意点としては費用です。外部サービスを利用する費用が今まで通りかかってくることが挙げられます。もう一つの注意点は、24時間体制の介護サービスを利用していた場合です。その場合、夜間も常駐スタッフのいる住宅型有料老人ホームに入居したことによって今まで通りのサービスが受けられない可能性があります。

夜間にもスタッフがいるとはいえ介護ケアは受けられませんので、住宅型有料老人ホームに入居しながら外部の介護ケアサービスの利用を検討している場合は、双方の施設とケアマネージャーさんに連絡を取り、スムーズに連携が取れるように相談しておきましょう。

リハビリなどを含めた医療ケアについても同様で、住宅型有料老人ホームでは、基本的に医療ケアの提供はありません。医療ケアが必要な場合も外部のサービスを利用することになります。しかし、施設によっては外部の医療施設と連携している場合もありますので、医療ケアのことが気になる場合には、直接施設に問い合わせてみるとよいでしょう。

食事サービス

施設では、食事は栄養士の管理のもと、栄養バランスに配慮された食事が1日3食+おやつの提供があります。多くの施設は、入居者それぞれの状態に合わせて個別にアレンジしてくれるので、どんな状態の方でも安心して利用することができます。

飲み込む力や噛む力が弱くなっている方には食材を茹でたり煮込んだりして柔らかくしたソフト食の提供、食材を細かく刻んで噛みやすくしたきざみ食の提供、食材をミキサーにかけて飲み込みやすい状態にしたミキサー食などの対応が可能です。

また、持病のために塩分や糖分の摂取量の調整が必要な方、アレルギーを持っている方などにも対応してくれますので、入居前にどのような食事が食べやすいのか、気をつける点などについて十分に施設側に伝えましょう。

日々の食事は心身の健康を保つために大切ですので、試食が可能な場合は実際に食べて確認するのもおすすめです。

レクリエーションやイベントが充実している

多くの施設では、入居者が楽しんで生活が送れることを目的としてレクリエーションやイベントを充実させており、入居者同士が楽しんでコミュニケーションを取れるよう配慮がされています。

囲碁、麻雀、将棋などのゲームやコーラス、書道といったサークル活動だけではなく、華道や茶道などの習い事を行っている場合もあります。また、入居者の家族を招いて食事をするイベント、カラオケ大会やクリスマス会、お誕生日会など、楽しいイベントを定期的に行っている施設が多いです。

具体的にその施設でどのようなイベントが行われているかは、パンフレットやホームページで確認できますので、利用希望者の好みに合ったものがあるかどうかを事前にチェックしましょう。

介護付き有料老人ホーム同等のサービスを提供する施設も増加中

介護付き有料老人ホームと比較されることが多い住宅型有料老人ホームですが、住宅型有料老人ホームは介護保険サービスを提供するために必要な「特定施設入居者生活介護」の指定を受けていないため、介護保険サービスの提供ができないことになっています。

入居した後に介護サービスが必要になった場合はデイサービスへの「通所介護」やホームヘルパーさんの「訪問介護」などを併用することが基本です。

最近ではデイサービスや訪問介護事業所が同じ施設内に併設されている住宅型有料老人ホームも増えてきており、そういった施設を選べば住宅型有料老人ホームと同じレベルの介護ケアを受けることができます。

現在介護が必要でなくても、今後必要になったときに安心して暮らし続けられるよう、入居の段階から介護ケアの利用をどうするかについて、ご家族と施設側とケアマネージャーさんとしっかり話し合っていく必要があります。

住宅型有料老人ホームと介護付有料老人ホームの違い

住宅型有料老人ホームと介護付き有料老人ホームの違いを、以下の観点から見ていきます。

  • 介護サービスの充実度
  • レクリエーションの充実度
  • 入居条件
  • 費用

介護サービスの充実度

住宅型有料老人ホームと介護付有料老人ホームの一番の違いは、国から「特定施設入居者生活介護」の指定を受けているかいないか、という点です。

介護付き有料老人ホームは国から指定を受けている施設になりますので、日常生活の補助や生活支援サービスだけではなく、かなり充実した介護ケアが受けられます。また、多くの施設では、レクリエーションなどを通じて、リハビリテーションも行っていますので、機能訓練も受けることができます。

そのため、要介護度の高い方、寝たきりな状態な方など、一人で生活を送るのが困難な状態にある方でも安定した生活を送ることができます。さらに、介護付き有料老人ホームでは看護師または准看護師が職員として働いていることが義務付けられていますので、医療のプロフェッショナルによる、信頼できる健康管理サービスも行われています。

しかし、医療スタッフの24時間の常駐は義務ではないので、24時間の看護体制が整っているかどうかは、個別に確認する必要があります。

住宅型有料老人ホームの方は、国からの「特定施設入居者生活介護」を受けていないため、基本的には介護サービスは受けられません。また、医療従事者の常駐も義務付けられてはいないので、高度な医療ケアは受けられません。

しかし、外部の介護や医療サービスの利用に制限はないので、訪問介護やデイサービスの利用が可能です。ケアマネージャーさんプランを組み、必要な分の介護サービスのみを別途で利用することで、自由度の高い介護ケアを実現することができます。

ただし、要介護度が上がり外部の介護サービスだけではサポートが困難な状況に陥ってしまった場合は、施設の変更を余儀なくされてしまうこともあります。

レクリエーションの充実度  

住宅型有料老人ホームの方が、介護付き有料老人ホームに比べ、イベントやレクリエーションの充実度に関しては高いと言えるでしょう。

基本的には、自立している方や介護度が低い方など、元気な高齢者の入居が多い施設ですので、趣味サークルから習い事、季節ごとのイベントや毎月のお誕生日会など、老後を楽しく充実させて過ごすための工夫がなされています。

そういったレクリエーションやイベントが参加者同士でコミュニケーションを取るきっかけとなり、その後は気の合う者同士でコミュニティを作ったり、入居者同士で仲を深めて楽しく過ごしている利用者はとても多いです。

体を動かしたり、脳を使ったりすることは、高齢者が心身の健康を保つためにとても重要なことですし、また社会や他の人と関わりを持つことで、孤立の防止にもつながっています。元気な高齢者がこれからも元気でいられるように積極的に工夫をしているのが、住宅型有料老人ホームの特徴といえるでしょう。

一方、介護付有料老人ホームで行われるレクリエーションやイベントは、リハビリ目的のものが多いといった特徴があります。

利用者への楽しい時間の提供という側面よりも、医療的なケアやトレーニングという機能面の改善にフォーカスがおかれていることが多く、精神的な充実やイベントのバリエーションといった点ではやや物足りなさを感じることもあるでしょう。

入居条件

介護付有料老人ホームの中には「介護専用型」「混合型」「入居時自立型」の3種類があります。

「介護専用型」に入居できるのは、基本的には要介護1以上の認定を受けている方で、自立している方や要支援の方は対象には入りません。

「混合型」であれば、自立している方、要支援の方、要介護の方、誰でも入居の対象となるため、間口はかなり広くなります。

「入居時自立型」というタイプでは、入居時に要支援でも要介護でもなく、自立していることが条件となっています。しかし、入居後に要支援や要介護になった場合でも転居の必要はなく、そのままケアを受けながら住み続けられるという大きなメリットがあります。

また、介護付き有料老人ホームの場合は認知症でも受け入れ可能な場合が多いところも特徴の一つです。しかし、認知症のケアがどこまで受けられるのかは施設ごとに違いますので、利用者の認知症の進行具合と比べながら、どの施設なら適切なケアが受けられるのかを判断することが大切です。

一方、住宅型有料老人ホームは入居の際の条件が明確に一律で決まっているのではなく、施設によって入居条件が大幅に変わってきます。それぞれの施設によって設備の充実度や外部の医療・介護施設との連携体制、費用などに幅があるため、受け入れ可能な対象者についても幅が出てくるのです。

言い換えれば、様々なタイプの入居者に対応している施設と言えますので、事前に自分の利用条件やニーズと照らし合わせて、それを受け入れてくれそうな施設を探すことが重要です。

費用

住宅型有料老人ホーム、介護付き有料老人ホーム、どちらを利用する場合でも、入居前に支払う「入居一時金」と毎月かかってくる「月額利用料」の支払いが発生します。その内訳としては、家賃、管理費、食費、水道光熱費、雑費、介護保険の自己負担分などが含まれています。

入居一時金と月額利用料に関しては、どちらの施設でもあまり大きな差は見受けられないのですが、介護付き有料老人ホームの場合はさらに、「介護サービス費」が定額でかかってきます。その点から見ると、総合的に施設自体に支払う金額は介護付き有料老人ホームのほうが、住宅型有料老人ホームよりも割高となっています。

しかし、介護付き有料老人ホームでかかってくる介護サービス費は定額であるため、今後どれだけ介護サービスを受ける量が増えても値上がりすることはありません。

住宅型有料老人ホームの場合は、介護サービス費用は利用者が必要に応じて外部のサービスを利用する形のため、自立していて全くかかってこない場合はメリットが大きいですが、利用が増えた場合は金額の負担も大きくなります。

住宅型有料老人ホームの費用 

住宅型有料老人ホームにかかってくる費用は、変動する場合が多く、注意が必要なので詳しく見ていきましょう。

入居一時金・月額利用料

住宅型有料老人ホームはそれぞれの施設によって料金設定が変わるため、初期費用や月額費用にも大きな幅があるのが特徴です。

施設の場所、規模や設備の充実度によって、初期費用が数千万にのぼる高級な施設から、0円の施設までさまざまです。月額費用も、だいたい12万〜30万円と、こちらも差が見られます。

最近の傾向としては、入居一時金を無料という入居しやすい値段設定にし、月額利用料を平均よりも引き上げる施設が増えてきています。

介護サービス費

住宅型有料老人ホームの場合、介護サービスに関しては外部の事業所を利用することが基本姿勢となりますので、介護保険を利用する場合も自宅で利用するケースと同様に、介護度と地域によって上限額が決まっており、利用者は原則1割負担です。

そして、その上限額を超えた場合、その後の介護サービス費用は全額自己負担(10割負担)となります。要介護度の高い利用者は、利用頻度が高くなり、上限額を超えやすくなってしまうので注意が必要です。

要介護度別自己負担額(1割の場合)の一覧(出典:厚生労働省 2019年6月25日時点)

介護度 要支援1 要支援2 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5 利用限度額(30日) 5万30円 10万4,730円 16万6,920円 19万6,160円 26万9,310円 30万8,060円 36万650円 自己負担額(30日) 5,003円 1万473円 1万6,692円 1万9,616円 2万6,931円 3万806円 3万6,065円

住宅型有料老人ホームの設備と入居について  

設備

ほとんどの施設は高齢者が利用しやすいよう、バリアフリーで作られています。手すりやスロープなどが備え付けられており、高齢者が安全に生活できるよう配慮がされています。

しかし、それ以外の設備状態はそれぞれの施設によって異なり、充実度にも差があります。居室は基本的には個室ですが、まれに複数名で同室という場合もありますので、個室にこだわりのある方は注意が必要です。また、お部屋の広さ、トイレやキッチンや浴室がついているのかといった点についても確認の必要があります。

食堂やレクリエーションスペース、リビングスペースなどの共同生活室についても、広さや充実度の確認だけではなく、清潔感があるかどうかについても注意したい部分です。

他にも、図書室や、園芸用のお部屋、アトリエや麻雀卓といった趣味に利用できるお部屋、ジムやプールなどのフィットネス施設、リハビリのためのお部屋、売店や、家族が泊まりに来られるゲストルームの有無、駐車場の広さなど、施設によって充実度に差が出るところは見学の際にぜひチェックしておきたい点です。

居室 個室(一部多床室) 食堂・リビング あり 浴室 一部施設は機械浴室 機能訓練室 あり 健康管理・相談室 あり 洗濯室 一部あり 居室内トイレ・キッチン あり 理美容室 あり

入居条件

住宅型有料老人ホームの入居条件は、法律などによって基準が定められているものではないため、受け入れ条件は各施設がそれぞれ個別に設定しています。受け入れ条件は施設の設備の充実度や連携している関連施設などによっても変わってきますが、かなり幅広い層を受け入れていると言えるでしょう。

「老人ホーム」という観点から、高齢者を対象としているため、原則60歳以上という年齢制限を設けている施設が一般的ですが、入居希望者の身体状況や介護状況によっては60歳以下でも入居を可能としている施設もあります。

また、どこまでの要介護者を受け入れるのか、医療ケアが必要な希望者を受け入れられるのか、といった点も施設によります。外部の医療機関とのつながりが深く、連携もスムーズで、持病のケアなど高度な医療ケアでも対応可能な施設もありますし、同じ敷地内に介護サービスの事業所が併設されており手厚い介護ケアが可能な施設もあります。またその逆で、医療ケアや介護ケアを行う体制が充分に整っていない施設も見られます。

入居手続き

住宅型有料老人ホームへの申し込みは、基本的には自分で、またはケアマネージャーさんと一緒に、各施設へ直接行います。

大まかな流れは下記の通りです。

  1. 施設見学や体験入居を行い、気に入った施設を選ぶ
  2. 入居申込書の他に、住民票、健康診断書、所得証明書、要支援・介護認定書などの必要書類を提出
  3.  施設側のスタッフと本人、ご家族で面談をし、利用希望者の現在の状況や家族の状況などに関してヒアリングを行う
  4. その後、施設スタッフが介護者の状況や資産などを審査し、その施設で受け入れ可能かを総合的に判断する
  5. 数日〜1週間後に入居の可否が決まる
  6. 正式な契約書締結、入居一時金など費用の支払い
  7. 引越しをして、入居開始

入居難易度

住宅型有料老人ホームは、施設数も多く、種類も様々なので、利用者の条件やニーズに合った施設を見つけやすいのが大きな特徴です。

費用面からみても、受け入れられる利用者の条件からみても、施設によってかなり幅が広く設定されている住宅型有料老人ホームは、他の有料施設と比べてかなり入所しやすい施設と言えるでしょう。また、近年施設数が年々増え続けており、現在は有料老人ホーム全体の約3割が「住宅型有料老人ホーム」となっていることからも、入居のしやすさが伺えます。

一方で、厚生労働省の調査結果(2017年度)によると、住宅型有料老人ホームの入居率は88%となっており、この数字は介護付き有料老人ホーム(87%)やサービス付き高齢者向け住宅(84.8%)などよりも大きな数字となっています。

利用者もかなり増えている老人ホーム施設サービスのため、人気の施設はすぐに満室になる傾向にあります。譲れない条件や、希望している施設がある場合は、早めに動き出して準備を行うことが大切です。

住宅型有料老人ホームは元気な人におすすめの施設

住宅型有料老人ホームは、レクリエーションや設備などが充実しており、費用面からいっても利用しやすい施設と言えます。外部サービスを上手に利用すれば、介護ケアや医療ケアを受けながらの利用も可能です。

しかし、要介護度が重度になったり、専門的な医療ケアが必要となった場合には、在宅型有料老人ホームではケアができなくなってしまう可能性が高いです。また、外部サービスの利用頻度が高くなる場合にも、費用面でメリットがあるとは言えないでしょう。

総合的に考えると、住宅型有料老人ホームは、元気で、自立度が高い高齢者にオススメの施設です。

こんなお悩みございませんか

  • 何を調べたらいいかわからない!
  • いろいろ見てもどの施設がいいのかわからない!
  • ネットに掲載されている情報だけでなく、施設の実態を知りたい!

相談員にお任せください!

事前相談から入居まで、親身にサポートします。
ご家族含めて納得できる施設に出会えるよう、お手伝いさせて頂きます。

ケアスル 介護