理想の施設が見つかる有料老人ホーム検索サイト
ケアスル 介護
更新日:

ケアマネージャーの主な役割とは|上手な付き合い方も紹介

ケアマネージャーの主な役割とは|上手な付き合い方も紹介

介護の専門職の1つにケアマネージャーというものがあり、介護サービスを利用する際にはお世話になることが多いです。しかし、ケアマネージャーという存在自体は知っていても、どのような役割を担っているのかまでは知らない人も少なくありません。

介護のサービスを利用する際にはケアマネージャーは重要なパートナーとなるため、その役割を知っておくことは大切です。ケアマネージャーの役割やどのような人がなっている職業なのかを知り、介護を受ける際のパートナーとなる存在についての理解を深めておきましょう。

ケアマネージャーとは?

そもそもケアマネージャーとはどのような存在なのか、まずは基本的な理解から深めていきましょう。ケアマネージャーは通称であり、正式名称を「介護支援専門員」です。

介護保険法で規定された専門職がケアマネージャーであり、介護保険サービスを利用する際には、いなくてはいけない存在といえるでしょう。介護における専門職であり、知識が豊富なため、安心して利用できる点も魅力です。

ケアマネージャーの主な役割

介護の専門職であるケアマネージャーが、どのような役割を担っているのかを知っておくことも大切です。ケアマネージャーの役割としては、次の5つがあげられます。

  • ケアプランの作成と管理
  • 利用者とサービス事業者のマッチング
  • 利用者と利用者の家族からの相談業務
  • 要介護かどうかを判断する業務
  • 利用者の給付管理

これらの業務によって、ケアマネージャーは介護が必要な人をサポートしています。

ケアプランの作成と管理

介護が必要な人のケアプランの作成と管理を行うことが、ケアマネージャーの重要な役割です。ケアプランは介護サービスを実施するためのスケジュール表であり、利用者に合わせたプランを作成します。

個人によってどのようなケア、サポートが必要なのかは異なるため、利用者に合わせたプランの作成は、ケアマネージャーの重要な役割といえるでしょう。また、ケアプランは単に介護のスケジュールを考えるだけではなく、心身機能の回復などの目標を設定し、それを達成するためにプランを作成します。

ケアプランは作成して終わりではなく、実際に介護サービスを受ける中で目標をきちんと達成できているかを管理し、必要に応じてプランの変更を考えることも、ケアマネージャーの役割の1つです。

利用者とサービス事業者のマッチング

ケアマネージャーは利用者とサービス事業者のマッチングをする役割もあり、介護サービスを扱う事業者、事業所の紹介を行っています。ただ紹介をしてもらうだけではなく、高齢者とサービス事業者の調整役も担っているため、その人に合った事業者とのマッチングを図る点も大きな特徴です。

介護のサービスを提供している事業者はさまざまあり、利用者の状態によって何が適しているのかは異なります。そのため、より良いサービス事業者を見つけるためにも、ケアマネージャーは重要な存在といえるでしょう。

利用者と利用者の家族からの相談業務

サービスを紹介して終わりではなく、その後の相談業務もケアマネージャーの役割です。利用者本人はもちろん、利用者の家族からの相談にも対応しており、サービス事業者への意見やクレームなどを受け付けることもあります。

介護サービスは実際に利用してみると、不満や疑問が出てくることも少なくありません。これらに対処し、より良い状態で介護を受けてもらうためのつなぎ役としても、ケアマネージャーは機能しています。

要介護かどうかを判断する業務

要支援や要介護かどうかの判断をする業務も、ケアマネージャーが行うことがあります。ただし、これは市区町村から委託されて行うことがあるだけで、ケアマネージャーの必須の業務ではありません。

市区町村の担当者が聞き取り調査をし、医師からの意見書などを参考にして要介護の認定が必要かどうかの判定を行います。聞き取り調査では対象者の体の状態や住んでいる環境などの話を聞きます。

要介護度の認定はデイケアやデイサービス、その他介護サービスを利用するために必要なため、認定業務も重要な役割の1つといえるでしょう。

利用者の給付管理

介護保険の給付管理をすることも、ケアマネージャーの役割です。介護保険によるサービスを利用する際には、介護保険の給付費が発生します。

この管理はケアマネージャーが行い、サービスの利用者の金銭的な負担を抑える役割も担っていることは覚えておきましょう。

ケアマネージャーになるためには

ケアマネージャーについての理解を深めるには、どのような人がこの職に就いているのか、そこまでの道のりを知っておくこともおすすめです。ケアマネージャーになるために必要なことを知っておくと、専門のサービスを提供している人が、どのような知識を持っているかがわかります。

ケアマネージャーを目指す人はもちろん、サービスを利用する人も、いかにしてケアマネージャーになっているのかは把握しておきましょう。

「介護支援専門員」 の資格が必須

ケアマネージャーは介護支援専門員の資格が必須であり、これを取得している人が現役のケアマネージャーとして活躍しています。介護支援専門員の資格は国家資格ではないものの、難関資格であることに変わりはありません。

つまり、難しい試験をクリアして資格を取得した人がケアマネージャーになっているため、介護に関する知識は非常に豊富といえ、このことから信頼度は高いです。

介護支援専門員資格に合格後研修を受ける

ケアマネージャーになるには、介護支援専門員の資格を取得するだけではなく、研修を受けなければなりません。研修ではケアプランの作成といった内容であり、実践的な勉強を経てから現場でケアマネージャーとして活躍しています。

ただ知識を詰め込んだ人が現場でサービスを提供しているわけではなく、きちんと実践的な経験を積んでいることも、信頼できる証拠です。そのため、新人のケアマネージャーだとしても、実践的な経験は積んでいるため、安心してケアプランの作成などを任せられます。

研修を終えたら介護支援専門員資格登録簿への登録申請をする

研修が終了した後に、介護支援専門員資格の登録簿に登録申請を行います。研修が完了し、正式な登録簿に登録している人が実務を行っている点も、ケアマネージャーの安心感につながっています。

また、実務研修終了後、3ヶ月以内に登録申請を行う必要があり、研修を受けてから間を開けずに登録しているという点も特徴の1つです。

介護支援専門員証の交付申請をする

登録申請を行った後に、介護支援専門員証の交付申請を行います。交付申請の際には証明写真と手数料が必要であり、申請を終えて専門員証が交付されることで、正式にケアマネージャーになることができます。

ケアマネージャーになるには難関の資格試験を突破するだけではなく、さまざまな登録申請などの手続きを経て、晴れてケアマネージャーになれます。

ケアマネージャーとして業務をする

介護支援専門員証が交付された後に、ケアマネージャーとしての業務を行います。ケアマネージャーが働く場所はさまざまですが、この役割を担えるのは登録申請が完了した人のみです。

就職先がさまざまであることに加えて、転職先の選択肢も豊富であり、幅広い領域でケアマネージャーが活躍していることも覚えておきましょう。

ケアマネージャーの役割が発揮できる場所とは

豊富な就職先があるケアマネージャーは、どのような場所で役割を発揮しているのかも知っておきましょう。ケアマネージャーが活躍している場所としては、次の3つがあげられます。

  • 居宅介護支援事業所
  • 老人ホーム
  • 地域包括支援センター

これらの場所でケアマネージャーは役割を発揮しています。

居宅介護支援事業所

自宅で暮らす要介護度1以上の高齢者のために、ケアプランを作ることが、居宅介護支援事業所で働くケアマネージャーの仕事です。居宅介護支事業所では、高齢者の自宅に最低月に1度は訪問して、心身の状態のヒアリングや困っていることについての相談を受けます。

自宅に住んでいる高齢者のためにケアプランを作成することが主な役割であり、自宅での介護のやり方や今後の方針を提案したり、デイケアなどの介護サービス事業者の紹介を行うことも仕事のうちです。

老人ホーム

老人ホームなどの施設で働くケアマネージャーもいて、これは「施設ケアマネージャー」と呼ばれています。ケアマネージャーが担当するのは要介護度1以上の人であり、仕事内容自体は居宅介護支援事業所の場合と似ています。

ケアプランの作成や管理、老人ホーム利用者の相談に乗るなどが、主な業務です。居宅介護支援事業所と異なるのは、老人ホームという施設内におけるケアプランの作成です。

地域包括支援センター

地域住民の心身の健康を守るために、援助を行う機関が地域包括支援センターです。地域包括支援センターでもケアマネージャーは働いており、利用者からの相談を受けたり、ケアプランの作成をしたりすることが主な仕事です。

また、地域包括支援センターのケアマネージャーは、介護予防のためのケアマネジメントを行うことも重要な役割であることも覚えておきましょう。地域包括支援センターでは、保健師や社会福祉士、主任介護支援専門員などさまざまな人が働いており、それぞれの役割を担うことで機関が円滑に運営されています。

ケアマネージャーと上手く付き合うために必要なこととは

ケアマネージャーは介護に関するさまざまなサポートをしてくれますが、すべてを任せるのはよくありません。利用者にとって最適な介護の形を見つけるには、いかにケアマネージャーと上手く付き合っていくかが重要です。

つまり、ケアマネージャーをパートナーとして、一緒にケアプランを考えていくことが大切といえます。より良い介護プランを見つけるためにも、ケアマネージャーと上手に付き合っていくための方法を知っておきましょう。

コミュニケーションを積極的に取る

ケアマネージャーとは積極的にコミュニケーションを取ることが大切であり、受け身にならないように注意しましょう。ケアプランの作成や今後利用するサービスなど、すべてをケアマネージャーに任せてしまうと、良好な関係を築けない可能性が高いです。

わからないことは積極的に質問したり、こちらの要望はきちんと伝えたりすることが、良好な関係を築くためには重要といえます。ケアマネージャーと話していて問題なくコミュニケーションが取れるか、連絡が取りやすいかなどは確認しておくことが大切です。

ケアマネージャーとは長期的な付き合いになることも多いため、コミュニケーションがストレスなく取れるかはきちんとチェックしておきましょう。

希望があればしっかりと伝える

介護に関する希望はしっかりと伝えることが大切であり、要望は明確に伝えておきましょう。希望をきちんと伝えていないと、最適な介護サービスが受けられないことも少なくありません。

ケアマネージャーは介護に関する豊富な知識を持ったプロですが、希望を正しく伝えないと利用者の状態を正確に判断できないことも多いです。つまり、より正確な状態を知ってもらい、適切なサービスを受けるには、こちらから希望を詳細まで伝えることが重要です。

疑問点やわからないことがあるなら、遠慮せずに意見を伝え、どのような形で介護をしていくのが理想なのかは、ケアマネージャーと意識を共有しておきましょう。

合わない場合は変更も考える

ケアマネージャーと綿密にコミュニケーションを取ることは重要ですが、どうしても相性が悪いこともあります。コミュニケーションにストレスを感じる、あるいは理想とするプランを提示してもらえないと感じるなら、別のケアマネージャーに担当変更を申し出ることもおすすめです。

ケアマネージャーによってどのようなプランを提案するか、いかなる方針で介護サービスを紹介してくれるかは異なります。そのため、担当を変えてもらうことで問題を解消し、理想とする介護サービスが受けられることもあります。

また、ケアマネージャーが所属している事業所自体の方針が合わない場合は、別の事業所に変更することもおすすめです。別の事業所に変更するなら、ネットで情報を検索するだけではなく、地域包括支援センターに相談するという方法もあります。

その地域全体の介護サービスなどに精通している地域包括支援センターなら、より良い事業所を紹介してくれたり、今後どのように介護を考えていくべきかなども提案してくれるでしょう。

ケアマネージャーの役割を正しく理解しよう

介護に関するさまざまな専門知識を持ったケアマネージャーは、多数の役割を担っています。主にケアプランの作成や管理などを行うケアマネージャーは、今後の介護の方針を考えるうえでの重要な存在といえるでしょう。

そのため、より最適な介護サービスを見つけるには、きちんとコミュニケーションを取り、明確に希望を伝えることが大切です。ケアマネージャーは多数いるため、合わないと感じるなら別の人に担当を変えてもらい、自分と利用者に合った人材を見つけて、最適なケアプランを考えてもらいましょう。

こんなお悩みございませんか

  • 何を調べたらいいかわからない!
  • いろいろ見てもどの施設がいいのかわからない!
  • ネットに掲載されている情報だけでなく、施設の実態を知りたい!

相談員にお任せください!

事前相談から入居まで、親身にサポートします。
ご家族含めて納得できる施設に出会えるよう、お手伝いさせて頂きます。

ケアスル 介護